「女神の見えざる手」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

サスペンス映画

「女神の見えざる手」のあらすじ

「女神の見えざる手」は2016年に公開された映画になります。

ロビイストとは、企業などから依頼を受け、政治家に働きかけて法律などを実現する人です。

エリザベスはロビー会社に勤めているやり手のロビイストで、ある日拳銃業界から銃の所有に有利なロビー活動の依頼を断りました。

エリザベスはライバル社に移籍して、銃を規制する政治活動を行ったことから、拳銃業界や政治家、元の会社と対立することになります。

主な出演者

監督;ジョン・マッデン 出演:ジェシカ・チャステイン(エリザベス・スローン)、マーク・ストロング(ロドルフォ・シュミット)、ググ・ンバータ=ロー(エズメ・マヌチャリアン)、アリソン・ピル(ジェーン・モロイ)、マイケル・スタールバーグ(パット・コナーズ)ほか

エリザベスはロビー活動を拒否した

エリザベス・スローンは天才的な戦略を使い、政治を陰で動かしているやり手のロビイストでした。

ある日、銃会社から銃の購買者の犯罪履歴などの調査を強化して、銃の規制を強める法律を反対するロビー活動を求められました。

エリザベスは銃規制賛成派だったため、その要請を拒否しました。

 

彼らはエリザベスの態度に激怒し、優秀なのは知っているが価値のある顧客に対してそんな態度なら辞めてもらうと言われ、すぐに仕事にかかるように命じられました。

エリザベスは銃の購買への規制を強める法律制定への政治活動を協力させられ、ライバル会社に移籍することを決意しました。

そしてエリザベスの会社の多くのスタッフが、エリザベスについて行きました。

エズメは銃を持った男に襲われエリザベスの元を去る

エリザベスは移籍した会社で、銃の所持規制のロビー活動を開始しました。

エリザベスのスタッフであるエズメはメディア担当で、昔銃犯罪の被害に遭った女性でした。

エズメは過去の銃被害のことは極秘にしてほしいと、エリザベスにお願いしました。

しかし、エリザベスはエズメが過去に銃被害に遭ったことを、テレビで話してしまいます。

 

複雑な心境のエズメは、ある日銃を持った男に襲われてしまいます。

そのエズメを救ったのは、合法的に銃を持っていた男性でした。

エリザベスはエズメを危険にさらしてしまったと謝罪するのですが、彼女はエリザベスの元を去り、別のところで銃規制の活動をして行くと言いました。

エリザベスへのバッシングはさらに強くなっていく一方で、かつてエリザベスを指示してくれていた議員たちも離れていきます。

エリザベスに復讐するため、不正な政治活動を暴こうとするものが現れる

エズメの事件により、世論と政治家の意見が変わり始めました。

銃の所持により、悪人の攻撃から自分を守れるのではないかということで、銃の所持の正当性を支持することに議会の流れが変わっていきます。

エリザベスがかつて在籍していた会社では、エリザベスへの復讐で彼女のキャリアを潰すため、彼女の不正な政治活動を暴こうとしていました。

 

エリザベスの不正な政治行動を暴くことで、彼女を失脚させようと目論んでいたジェーンは、彼女の過去の案件から上院論理規定違反を証明する書類を見つけ出しました。

ロドルフォ・シュミットは、エリザベスをキャンペーンから外すと通告しました。

公聴会に呼び出されたエリザベスは、ピーターソン者のポズナー弁護士と共に出廷します。

公聴会では、睡眠障害を持っていることや興奮剤を飲んでいることなどが挙げられ、仕事に影響しているのではないかと追及されました。

エリザベスは公聴会で私生活まで暴露されてしまう

ポズナー弁護士から、米国憲法修正第五条を盾に何も発言するなと言われていたのですが、エリザベスはいても立ってもいられず、それは仕事には関係ないことだと述べてしまいました。

ポズナー弁護士は自分の言うことを聞かないエリザベスの態度に激怒し、最低でも5年の刑罰が下るだろうと言いました。

 

その後の公聴会では政治献金の流れなどを持ち出したり、挙句の果てにエスコートサービスのフォードまで召喚して、エリザベスの私生活も暴露されてしまいます。

エリザベスはどんどん追い詰められていき、銃規制法案は完全に冷め切ってしまい、状況を変えるには激震が必要だと言われたエリザベスは、深刻な表情を浮かべるのでした。

公聴会の最終日、発言を許可されたエリザベスは銃規制法案は正しいと発言した上で、自分はこのキャンペーンを成功に導くことに魅了されていたと語りました。

 

その後、刑務所に収監されたエリザベスは、面会に訪れた弁護士から銃の規制を強める法律が制定されたことを知らされます。

しかし、それは彼女のロビイストとしての経歴を犠牲にしてのことでした。

面会に訪れた弁護士から、半年後には出所できることを告げられ、自分だけが罪を被り、他の誰も巻き添えにすることなく、エリザベスはすべてを成し遂げました。

映画ライタータイリュウの一言

この映画を見て、初めてロビイストという職業があることを知りましたし、日本では想像できない世界だったので興味深いと思いました。

まだ日本では、女性がキャリアを持ってバリバリ働くことが難しいと言われていますが、海外では当たり前となっていて、エリザベスの姿はとてもカッコよく見えました。

コメント