「ラスト サムライ」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ラスト サムライ」のあらすじ

「ラスト サムライ」は2003年に公開されたアメリカ映画です。

舞台は西洋化が著しく進む明治時代初めの日本です。

明治維新の後、近代化の波が日本にも押し寄せる中で、時代から取り残された侍たちの存在は危うくなっていました。

一方、かつて南北戦争で活躍したアメリカ軍人のネイサン・オールグレン大尉は、新しい日本の軍隊を訓練する仕事を受け、渡日しました。

彼は軍と共に政府に抵抗する侍を一掃するべく出撃しますが、反対に侍たちに囚われてしまいます。

主な出演者

監督:エドワード・ズウィック 出演:トム・クルーズ(ネイサン・オールグレン大尉)、ティモシー・スポール(サイモン・グレアム)、渡辺謙(勝元盛次)、ビリー・コノリー(ゼブロン・ガント軍曹)、トニー・ゴールドウィン(ベンジャミン・バグリー大佐)、真田広之(氏尾)、小雪(たか)ほか

南北戦争の英雄ネイサンが渡日する

南北戦争で北軍の士官として活躍した英雄ネイサン・オールグレン大尉は、戦争後に逃げるように退役して、酒浸りで自暴自棄な生活を送っていました。

指揮官の命令とは言え、戦いの中で無抵抗なインディアンたちの命を一方的に奪ったことに罪悪感を感じ、毎夜悪夢にうなされていたのでした。

 

ネイサンは、戦争の英雄としてウィンチェスター社の広告塔の仕事を引き受けますが、ある日彼の元に日本から軍隊を訓練してほしいとの依頼が舞い込みました。

彼を招いたのは、日本の実業家で大臣の大村です。
当時の日本は明治維新後で、近代西洋化を目指し

おり、従来の権力を持っていた武士たちの立場は脅かされていました。

 

旧武士たちは時代から取り残されつつあり、新しい日本政府のやり方に強く反発していました。

その中で日本政府の目に留まったのが先の英雄、ネイサン大尉なのでした。

ネイサンは気乗りしないながらも、巨額な報酬がもらえるということで日本行きを決めます。

ネイサンが旧武士たちに囚われる

日本に到着したネイサンは通訳を介して天皇に拝謁し、その後に日本陸軍を近代的な軍隊へと育て上げる仕事に就くのでした。

しかし、当時の日本人にとって武器と言えば武士の使う刀であり、近代的な銃器類は見るのも扱うのも初めてという状態です。

 

しかも隊員は元々農民だった志願者が多く、軍人として育成するのは至難の業でした。

ある時、新しい政府と日本の近代化に反発する旧武士たちの一派が、建設中の鉄道を襲撃しました。

そこで天皇の側近である大村大臣は、反目する武士たちを一掃するようにネイサンたちに命じるのでした。

軍隊はまだ訓練途中であり、とても出撃できるような状態ではありませんでしたが、大村は反対するネイサンを押し切ってしまいます。

 

渋々、侍狩りへ向かったネイサンの隊は、勝元盛次をはじめとした武士たちに壊滅させられ、最後まで奮闘したネイサンも彼らに囚われてしまうのでした。

しかし勝元やその妹・たからは、傷を負ったネイサンを介抱して、よく面倒をみました。

勝元が廃刀令に逆らい東京に拘留される

侍たちに警戒されながらも、敵を知るために生かされたネイサンでしたが、彼は勝元やたか、侍たちのリーダー格である氏尾などとの交わりを通して、次第に侍たちの生き方に魅了されていきました。

ネイサンは日本古来の生活を見て、言葉が通じないながらも勝元らと対話して、見よう見まねで剣術を始めます。

ネイサンが武士道を学ぼうとする一方で、勝元の方も彼に興味を持ち始めるのでした。

 

その中でネイサンは、たかの夫・広太郎が戦場で彼に殺されていたという事実を知り、彼女に詫びました。

それまでネイサンに対してわだかまりを感じていた彼女もネイサンを赦し、徐々に心を開くようになります。

さらにネイサンが勝元を襲う刺客から助けたことで、2人の間には信頼関係が生まれていきました。

村での時が過ぎ、春になると勝元が政府から呼び出され、ネイサンも共に戻りました。

 

廃刀令を無視して元老院に参じた勝元に対し、大村は彼に刀を捨てろと命じ、勝元は拒否します。

政府の他の人間も天皇ですらも、大村の言いなり状態でした。

勝元はそれでも刀を捨てず、東京で拘留処分となります。

最後の侍の生き様とメッセージ

政府の罠にはまり囚われた大将の勝元を救うべく、侍たちが拘留先に乗り込み彼を脱出させますが、この時に勝元の息子・信忠が命を落としてしまいます。

ネイサンは政府の軍隊が最新の銃器をうまく扱えるようになったのを目の当たりにしますが、侍の生き方に魅せられた彼は、勝元たちと共に村へ戻りました。

勝元ら武士たちと、新政府との戦いの始まりでした。

 

数日後に政府の軍が村に来ることを受け、ネイサンと勝元たちは徹底抗戦することを決めます。

いよいよ政府軍が到着すると、武士たちは刀と鎧を身に着けて戦いを挑みます。

しかし、軍隊は最新の銃やガトリング砲など、圧倒的な武力で制圧しようとするのでした。

侍たちの抵抗も空しく、とうとう勝元が重傷を負ってしまいます。

彼は最後まで侍として生きるため、ネイサンに介錯を頼み、ネイサンはこれを聞き入れました。

 

最後の侍として散った勝元の死に様を見て、敵である政府軍ですらも敬意を表し、平伏すのでした。

その後、ネイサンは天皇に拝謁し、勝元の形見となった一振りの刀を献上します。

大村の意向で、アメリカから兵器を買う契約の最中でした。

ネイサンは勝元の死に様と遺言を天皇に伝え、天皇は激怒する大村を諭して、アメリカとの契約を白紙に戻しました。

映画ライターもじゃの一言

本作はアメリカ映画なので、アメリカ人の目で見て感じた日本の近代化や武士たちの生き方を中心に描かれています。

しかし、武士たちの一本筋の通った生き様を感じられ、日本人なら誰でも大きく心を動かされる映画だと思います。

アメリカ人が大好きな「ニンジャ」が出てきて、ツッコミを入れたくなる方もいるとは思いますが、主演のトム・クルーズはもちろん、渡辺謙・真田広之両氏がカッコイイです。

コメント