「ファンタスティック・フォー 超能力ユニット」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「ファンタスティック・フォー 超能力ユニット」のあらすじ

「ファンタスティック・フォー 超能力ユニット」は、2005年に公開された映画です。

続編やリメイク版も公開されるほど人気を呼んだ、マーベルコミックのスーパーヒーロー映画です。

栄光だけでなく、「普通に戻りたい」ヒーローの葛藤も描かれています。

主な出演者

監督:ティム・ストーリー 出演:ヨアン・グリフィズ(リード・リチャーズ/Mr.ファンタスティック)、ジェシカ・アルバ(スー・ストーム/インビジブル・ウーマン)、クリス・エヴァンス(ジョニー・ストーム/ヒューマン・トーチ)、マイケル・チクリス(ベン・グリム/ザ・シング)、ジュリアン・マクマホン(ビクター・バン・ドゥーム/Dr.ドゥーム)、ケリー・ワシントン(アリシア・マスターズ)ほか

リードはヴィクターたちと共に宇宙へ飛び立つ

リードは幼い頃から天才的学者で、研究に熱中するあまり、私生活はあまり上手くいっていませんでした。

リードは人間のDNAに何らかの影響を及ぼし、人類を新たなステージにもたらす「宇宙嵐」が地球に接近していることを突き止めました。

その宇宙嵐を元に自らの研究を発展させたいリードだったのですが、生活に困っていたリードには宇宙まで飛び立つ余裕はありません。

 

そこで、かつてのライバルであるヴィクターの元を訪れました。

ヴィクターはリードに対して対抗心を持っていたため、彼は宇宙に連れて行く代わりに、研究が認められた際の特許とその売り上げの半分を要求しました。

リードはその条件を飲み、リードとベン、スーザンとスーザンの弟ジョニー、ヴィクターと共に宇宙に向けて飛び立ちました。

特殊能力で人々の命を救った4人はヒーローとして称された

宇宙嵐の勢いはリードたちが想像していたよりも何倍も強大で、圧倒的な暴風になすすべがありませんでした。

何とか命辛々地球に戻ったリードたちですが、その途中で宇宙嵐が放った磁石の嵐に巻き込まれてしまいます。

ある日、リードの体に不可解な現象が起こり、まるで体がゴムのように伸びました。

 

不可解な現象はリードだけでなく、助手のベンは外見が岩のように大きく頑丈に変わり、とても人間とは思えないほどの怪力が身についていました。

一方のスーザンは透明になれるようになり、ジョニーは炎を操ることが出来るようになりました。

突然身についた特殊能力に困惑する4人でしたが、その時に彼らが居合わせた橋の上で大きな事故が起こってしまいます。

特殊能力を使って人命救助を行った4人は、世間から「ファンタスティック・フォー」と称され、一躍ヒーローになりました。

ヴィクターはダイヤモンドよりも硬い体を手にした

目立つことが好きなジョニーを除き、リードとスーザン、ベンは脚光をあびることに複雑な感情を抱いていました。

特に外見が大きく変化してしまったベンは婚約者にも受け入れてもらえず、婚約破棄となってしまいます。

リードはベンのために能力に対して不安を見せ、密かに思いを寄せていたスーザンのためにも、元の体を取り戻そうと研究を始めました。

 

一方でファンタスティック・フォーとしては活躍していなかったヴィクターも、宇宙嵐の影響で身体に変化が起きていました。

ヴィクターの体はダイヤモンドよりも硬い肉体となり、電気を自由自在に操ることが出来るようになりました。

ヴィクターは実験が失敗してからというもの、世間の評判が落ちていて銀行からも援助を断られていました。

ヴィクターは自分が得た能力を使って、自分を否定してきた銀行員や、その原因を作ったリードに復讐することを誓います。

特殊能力によってヴィクターを氷漬けにした

ヴィクターの企みにいち早く気付いたのはベンでしたが、ヴィクターは強力な力を持つベンをリードが作った装置に入れ、無理やり能力を奪ってしまいました。

望んでいた体になったベンですが、危機が迫っている友人を助けることが出来ない現状に、ベンは悩んでしまいます。

一方のヴィクターはファンタスティック・フォーに対する復讐を本格的に開始して、リードを捕らえることに成功しました。

 

事態を知ったファンタスティック・フォーの残りのメンバーは、ヴィクターの前に立ちはだかります。

ヴィクターの計らいで能力を失ってしまったベンはもう1度装置に入り、能力を取り戻しました。

4人はそれぞれの能力と頭脳を最大限に発揮し、ヴィクターを氷漬けにしました。

ファンタスティック・フォーは再び街を救ったヒーローとして讃えられ、ヴィクターは何もない宇宙に飛ばされ、地球から永遠に追放されることになりました。

超能力を持ってしまったことに吹っ切れたファンタスティック・フォーのメンバーは、改めて地球を救い続けます。

映画ライタータイリュウの一言

ファンタスティック・フォー 超能力ユニットは宇宙嵐によって、それぞれの人が特殊能力を持ってしまう姿が描かれているのが面白いと思いました。

特にベンに関しては岩のような体になってしまい、他のファンタスティック・フォーのメンバーは見た目が変わらなかっただけに、少し可愛そうになりました。

人間は特殊能力を持てば、悪いことに使ったりすることが多いと思うのですが、その力を使って人命救助するところは、さすがマーベルコミックの作品だと思いました。
マーベルコミック作品は大好きで、これからもファンタスティック・フォーの続編や色々な映画が上映されるたびに、映画館に足を運びたいと思っています。

コメント