「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」のあらすじ

「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」は2016年に公開された日本映画で、月刊少年漫画誌『ゲッサン』連載の同名コミックの実写化ドラマの続編に当たる作品です。

普通の高校生・サブローは、ある時川沿いで転んだ際に戦国時代へタイムスリップしてしまい、そこで自分そっくりな姿の織田信長と出会います。

本来の信長は病弱であり、彼に頼まれたサブローは以後織田信長として生きていくことになりました。

陰謀に巻き込まれるなどの困難をいくつもの偶然で潜り抜けたサブローは、いつしか織田信長として天下統一を目指すのでした。

主な出演者

監督:松山博昭 出演:小栗旬(サブロー/織田信長)、柴咲コウ(帰蝶)、向井理(池田恒興)、藤ヶ谷太輔(前田利家)、水原希子(市)、古田新太(松永弾正久秀)、濱田岳(徳川家康)、高嶋政宏(柴田勝家)、山田孝之(羽柴秀吉)ほか

信長になったサブローの死期が近づく

ある日、勉強嫌いな普通の高校生のサブローは、現代からタイムスリップして戦国時代へ来てしまいます。

そこで自分と姿や声が瓜二つの織田信長と出会いました。

信長は生来病弱な体質で、サブローに自分の代わりに織田信長になってほしいと頼み、時代劇の撮影だと勘違いしたサブローは、軽い気持ちで引き受けてしまいます。

 

しかしサブローは、ここが戦国時代だと知り困惑するのでした。

初めは家臣たちや家族からも疑われていた彼でしたが、持ち前の明るさで次第に頭角を現し、家臣たちから支持されるようになりました。

いつしか彼は、戦国時代を平和にしようと考えて天下統一に乗り出し、安土桃山城を建て勢力を拡大していきます。

 

ある時、サブローは彼と同様に現代からタイムスリップして来た松永久秀から、信長の死が迫っていることを告げられます。

勉強嫌いのサブローは信長の死因を知りませんでしたが、図らずも歴史通りに事が運んでいくのでした。

信長の裏切りとサブローの決意

サブローが活躍を見せる一方で、本来の信長は彼に嫉妬心を抱くのでした。

信長の家臣・羽柴秀吉は、かつて子どもの頃に故郷の村を信長に滅ぼされ、恨みを晴らすために織田家に入り込んでいました。

ある時、秀吉はサブローの正体や明智光秀が本来の信長であることに気付き、本物の信長を陥れようと画策します。

 

秀吉は、石山本願寺攻めに乗じてサブローを殺すように光秀を唆しました。

その後、裏切者の光秀を討とう、という腹積もりでした。

光秀こと本来の信長は、出陣したように見せかけてサブローのいる安土城へ向かいましたが、その裏では松永が動いており、光秀の軍勢が絶体絶命に追い込まれます。

しかし、サブローは危険を冒して光秀たちを助けに行くのでした。

 

サブローに助けられた信長は、彼の心意気を感じて自分の裏切りを後悔します。

混乱時に、帰蝶はサブローから彼が現代人だと告げられ、逃げるように説得されましたが、彼のそばにいると言いました。

松永軍を片付けたサブローは何としても生き延びようと決意して、帰蝶に改めてプロポーズをして本能寺で結婚式を挙げようとします。

信長が死に、サブローは光秀として戦う

松永の暴挙に腹を立てた秀吉は、彼を処分しました。

信長はサブローを裏切れないと秀吉に話しますが、秀吉の信長への恨みは募るばかりでした。

その後、結婚式のためにサブローは池田恒興に留守を頼み京都の本能寺へ出発しますが、帰蝶はその前に大阪へ立ち寄りました。

 

帰蝶はそこでウィリアムという現代人と会い、信長が本能寺で死ぬことを聞くことになります。

秀吉は信長に対し、本能寺でサブローを殺すように言い、できなければ家族を殺すと脅しました。

その際に信長は、自分が過去に滅ぼした村の生き残りが秀吉だと知るのでした。

信長は、やむを得ず秀吉の言う通りに進めます。

彼はそれまで隠していた顔を家臣たちに見せ、本能寺の信長は偽物だと告げ、本能寺に乗り込みました。

 

本能寺の奥へと逃げ込んだサブローは信長から逃げるように促され、礼を言ってその場を脱出します。

秀吉は信長を殺しますが、それだけでは飽き足らず家族も皆殺しにする算段でした。

帰蝶は逃げている途中でサブローと再会しますが、秀吉はサブローの命も狙っていました。

サブローは覚悟を決めると、明智軍と共に秀吉軍に抵抗するのでした。

時代は違っても2人はつながっている

サブローと別れた帰蝶は、道行く寺に隠れていました。

本能寺の変を知った池田が帰蝶を訪ね、サブローから預かっていた結婚指輪を渡し「2人はずっと一緒」だと言いました。

明智軍を率いて奮闘するサブローでしたが、とうとう秀吉に捕まってしまいます。

 

サブローは秀吉に首をはねられる前に、平和な世を作ってほしいと託しました。

そして首を斬られたと思った瞬間、サブローは現代に戻っており、タイムスリップした場所に寝ていました。

夢ではない証拠に、サブローは戦国時代の甲冑を身に着けていました。

その後、数年の時が経ったある日、サブローの元へ一通の手紙が届きます。

 

差出人はウィリアム・アダムスという名の外国人ですが、彼は帰蝶に助けられ仕えていたと言います。

さらにサブローの遺体は跡形もなく消えてしまったと書かれており、USBも入っていました。

その中には、帰蝶が話す動画がありました。

帰蝶は、サブローの目指していた平和な世になったと話し、サブローからもらった指輪を見せ「指輪を通じて2人はつながっている」と言うのでした。

映画ライターもじゃの一言

正直に言って、第一印象はタイムスリップした普通の高校生がなぜか戦国武将としてやっていけたり戦える点が、いかにも漫画らしいなと斜めに観ていました。

しかし、出ている俳優さん・女優さんが皆豪華キャストで芸達者なので、割と違和感なく物語に集中することができました。

「実は織田信長が明智光秀で、信長として生きている自分の身代わりを討つ」という発想は面白いと思いました。

コメント