「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

サスペンス映画

「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」のあらすじ

「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」は2015年に公開された日本映画です。

小野不由美の同名ホラー小説を『白ゆき姫殺人事件』で知られる中村義洋が、監督として映画化した作品です。

ホラー小説家の「私」は小説を書く一方で、読者の体験談をコラムにする仕事をしていました。

そんな私の元へ、ある日読者の女性大生・久保さんから「奇妙な音のする部屋」についての投稿がありました。

私は久保さんの住む部屋を調査し始めますが、これまでその部屋に住んでいた人は皆、その後引っ越した先で自殺や殺人事件を起こしていたのです。

主な出演者

監督 :中村義洋 出演:竹内結子(私)、橋本愛(久保さん)、坂口健太郎(三澤徹夫)、滝藤賢一(直人)、佐々木蔵之介(平岡芳明)、山下容莉枝(担当編集者・田村さん)、成田凌(山本くん)ほか

マンションの和室から帯を擦る音

ホラー小説家の「私」は小説を書く傍ら、読者から投稿された体験談をコラムにする仕事をしています。

そんな私の元に、ある日東京の女子大生・久保さんから投稿がありました。

彼女の住む岡谷マンションの部屋で、畳を擦るような不思議な物音が聞こえるというのです。

その後、久保さんからさらに投稿があり、部屋で帯のようなものを見つけ、着物の女性が首を吊ったのではないかとのことでした。

 

久保さんの投稿を見て、これまで届いた体験談の中にも同様の現象が書かれていたことが分かりました。

しかも、その投稿の主は岡谷マンションに住んでいるのでした。

投稿によれば、和室から音が聞こえるだけでなく小さな娘には何かが見えているようで、ぬいぐるみで首を吊っている動作を再現して「ブランコ」と話したと言います。

私が久保さんに連絡を取ったところ、その一家は既にどこかへ転居していました。

さらに彼女は他の部屋の情報も調べましたが、特に事件や事故が起きているという話は聞きませんでした。

マンションの土地で起きていた怪現象

その後しばらくして、久保さんの前に部屋に住んでいた梶川という男性が、マンションから引っ越した後に首吊り自殺していたことが明らかになりました。

梶川は、マンションに入った後から元気をなくし、ぼんやりするようになったのです。

久保さんは電話で、私に梶川の霊が戻って来たのではないかと話しましたが、日付を考える限りそれは考えられないことでした。

 

しかし、他の部屋では謎のいたずら電話が来るという話を聞き、久保さんはやはり以前にマンションのある場所で自殺した人間がいるのではないかと言いました。

私は久保さんと共に、時間を遡って怪現象の調査を始めます。

昔の地図を見ると、岡谷マンションができる前には家がいくつか建っていました。

 

その中の一軒はごみ屋敷であり、住人は家の隙間をごみで埋め尽くした上に病気で亡くなっていたのです。

別の家では、息子がいたずら電話を掛けたり、家族に暴力を振るっていたことが分かりました。

さらに昔には、娘が結婚した日に母親・トシヱが帯締めで首吊り自殺していました。

トシヱは、娘が赤ん坊を下ろしたという噂に悩み、赤ん坊の鳴き声の幻聴を聞いていたのです。

怪現象の元凶・奥山家の存在を知る

私は、調べた怪現象をコラムにまとめましたが、自殺したトシヱが「赤ん坊が床から湧いてくる」と言っていたことが引っ掛かっていました。

トシヱの表現では、赤ん坊は娘が堕胎した一人ではなく、もっと大勢いるように感じたためでした。

私の知人の小説家・平岡芳明は同様の怪談を知っており、かつて美佐緒という女が床下からの幻聴を聞き、自分の赤ん坊を何人も殺害していたと言います。

美佐緒の家はトシヱの家と同じ土地にあり、美佐緒の家が建つ前には、発狂して暴れ回る息子が地下に閉じ込められていたのです。

 

マンションの建っている土地に住んでいた人間を遡って調べていくと、前の住人の事件や事故が後の住人につながっていることが判明するのでした。

息子を座敷牢に入れていた吉兼家の墓がある寺へ行くと、過去に三喜という女性が顔の変わる絵を持って後妻として嫁いでいたことが分かります。

寺の記録によると、その後吉兼家では息子が暴れたり死産が出たりして、三喜自身も若くしてこの世を去っていました。

次々と伝染する奥山家の穢れ

私は、三喜の実家である奥山家があった北九州へ向かいました。

奥山家は北九州で炭鉱を経営していた名家でしたが、鉱山で火事が起きた際にまだ生きている鉱員を見殺しにしたため、恨まれていました。

その後、突如奥山家の当主が家族や使用人と無理心中を図り、家は途絶えていました。

奥山怪談では、その土地に住むだけでなく話を聞くだけでも穢れが伝染すると言われており、私も原因不明の肩こりに悩まされるようになりました。

 

私や久保さん、平岡たちはまだ残っているという奥山家の跡地に建った家へ行き、住人が神や鬼の力を借りて穢れに抵抗を試みた跡を目にします。

私たちは調査を中断しますが、既に穢れの伝染は始まっていました。

岡谷マンションに住んでいたある家族は無理心中事件を起こしており、マンションを出た久保さんは引っ越し先でも同じ物音が聞こえると言います。

私の肩こりは結局単なる病気で回復したものの、いたずら電話に悩まされるようになりました。

映画ライターもじゃの一言

知らないうちに怪現象が身近にあり、周りの人間が普通でない死に方をする点が、いかにも日本のホラー作品という感じがします。

また単に怖いというだけでなく、調査を進めるうちに深い謎が明らかになっていく過程が面白いです。

ホラー好きはもちろん、ミステリー作品が好きな方にもおすすめです。

コメント