「エヴァンゲリオン新劇場版:Q」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「エヴァンゲリオン新劇場版:Q」のあらすじ

エヴァンゲリオン新劇場版の「序」「破」に続き、第三作目となるシリーズ作品です。

いきなり成層圏での戦闘シーンから物語はスタートします。

式波アスカラングレー、真希波マリイラストリアスが何かを攻撃しています。

アスカたちが戦う中で、シンジが目を覚ました世界は、以前からかなりの時間が過ぎていました。

主な出演者

監督:庵野秀明 声優:緒方恵美(碇シンジ)、林原めぐみ(アヤナミレイ(仮称))、宮村優子(式波・アスカ・ラングレー)、坂本真綾(真希波・マリ・イラストリアス)、石田彰(渚カヲル)ほか

サードインパクトから14年後

「破」の最後に起きたサードインパクトから、14年後の世界が舞台です。

ミサトたち旧ネルフ所属職員の一部は、NERV(ネルフ)を脱却し、反NERV組織「ヴィレ」を立ち上げていました。

そしてNERV側のエヴァと戦っています。

物語は、反NERV組織「ヴィレ」はネルフによって衛星軌道上に封印されてしまった初期号を強奪するUS作戦を開始するシーンから始まります。

 

アスカが操縦する改2号機と、マリが乗る8号機で成功に収めます。

2機の連携により撃破に成功し、更に初号機のコンテナに接近したアスカにMark.04の「コード4B」が襲い掛かりました。

回収した初号機をコアにして、ミサトたちは艦艇「AAAヴンダー」を作ります。

そんな中、身体を拘束されたままの状態で目覚めたシンジは、周囲の冷たい態度に戸惑いながら、レイを助けた時から14年の歳月が経っていたことを聞かされるのでした。

 

実は初号機から発見されたのは、シンジだけだったのです。

他にレイの姿はありませんでした。

14年もの歳月が経っているにも関わらず、アスカの姿は何も変わっていません。

レイの所在を問うシンジでしたが、アスカは聞く由もありませんでした。

銀髪の少年カヲルに戸惑いながらも一緒に13号機に乗り込むシンジ

目覚めたシンジは、エヴァに二度と乗るなと言われてしまいます。

もし次に乗り込んでシンジが覚醒した場合に備えて、「DSSチョーカー」という遠隔操作ができる爆弾つきの首輪をはめられてしまうのでした。

シンジがエヴァを操縦して覚醒した時には、爆破させて命を奪うというのです。

 

14年前に助けたはずのレイの姿が、どこにも見当たりません。

そんな中、納得できないシンジの前にMark.09の方から、レイの声が聞こえてきます。

シンジはレイの声がする方へと急ぎます。

シンジは、止めるミサトたちの手を振り切り、エヴァMark.09に連れられてNERVへと向かうのでした。

 

一方の第3新東京市は、壊滅状態にありました。

NERV本部も荒廃し、地面は抉られていました。

そこでシンジは、父・ゲンドウと再会を果たします。

ゲンドウから、エヴァンゲリオン13号機のパイロットとして謎の少年・カヲルを紹介されます。

シンジは銀髪の少年カヲルに警戒しながらも、一緒にピアノを弾くことで距離を縮めていきます。

カヲルの言葉を聞き入れずに槍を抜いてしまうシンジ

シンジは、銀髪少年カヲルと急速に親しくなります。

そしてカヲルはシンジにある秘密を教えてくれました。

それはネルフにいるレイは実は複製体であること、本物のレイはまだ初号機の中に閉じ込められているという事実でした。

 

その事実を知ったシンジは、ますます13号機に乗りたがりません。

カヲルは、シンジの首に付けられたDSSチョーカーを自分の首にはめることで説得します。

そしてシンジとカヲルが乗った13号機とレイが操縦するMark.09は、サードインパクト爆心地であるセントラルドグマ最深部に向かいました。

 

そこには、Mark.06の無残な残骸と使徒リリスの死骸がありました。

世界を元に戻すには、ロンギヌスとカシウスの日本の矢を手に入れる方法以外にありませんでした。

そしてセントラルドグマで目的の槍を見つけたシンジたちでしたが、槍を見つけたシンジは訝し気に見ています。

 

そして「待った」と声をかけると同時に、13号機の軌道を感知していた改2号機と8号機が襲撃してきたのです。

シンジは槍を手に入れ、世界を変えることを譲りません。

2機を撃退し、カヲルの言葉さえ聞き入れずに槍を抜いてしまいます。

フォースインパクトによって地上の街が崩壊し始める

リリスと戦っていたMark.06の残骸が、突如第12使徒として目覚め始めます。

そしてエヴァ13号機を取り込み、ゲンドウの思惑通り、フォースインパクトの儀式が始まろうとしていました。

13号機の頭上に掲げられた光に吸い寄せられ、崩壊している地上の街並み、それを何とかヴィレが食い止めようとヴンダーで必死に特攻を仕掛けます。

 

しかし、Mark.09の制御を奪われ、危機に陥ってしまいます。

改2号機とMark.09が戦いますが、時間がなくなってしまい双方のパイロットが脱出した後、改2号機の自爆により、Mark.09は破壊されてしまうのでした。

シンジは自分が原因でフォースインパクトが起こってしまったと嘆きます。

一方のDSSチョーカーを首につけたカヲルは、シンジに再会を約束する言葉を残し、この現象を止めるため自爆装置を発動させてシンジの目の前で自らの命を絶つのでした。

 

覚醒が止まった13号機でしたが、マリがシンジのエントリープラグを射出させることで、ようやくフォースインパクトは収まりました。

エヴァ13号機は、活動を止めて不時着します。

直後、アスカに引き起こされるシンジは、ショック状態に陥り歩くこともままなりません。

そんな状態のシンジを引っ張り、歩き出すアスカの後ろから、アヤナミレイもついてきて物語は幕を閉じます。

映画ライターMRMの一言

シンジやカヲルの命がけの戦い、そしてゲンドウの真の目的は何なのか、とても気になりました。

そして本物のレイは、まだ初号機に取り残されているという事実に、驚きを隠せませんでした。

最後の4作目でレイの所在が明らかになるのでしょうか?

コメント