「ゴールデンスランバー」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ゴールデンスランバー」のあらすじ

「ゴールデンスランバー」は2019年に公開された、韓国映画です。

この作品は、2010年に日本で大ヒットした堺雅人主演、「ゴールデンスランバー」のリメイク版となっています。

本編は国家の陰謀に巻き込まれた主人公の逃走劇を描いたもので、韓国の人気スターであるカン・ドンウォンが主人公のゴヌを演じて話題になりました。

主な出演者

監督:ノ・ドンソク 原作:伊坂幸太郎 出演:カン・ドンウォン(キム・ゴヌ)、キム・ウィソン(ミン)、キム・ソンギュン(グムチョル)、キム・デミョン(ドンギュ)、ハン・ヒョジュ(ソニョン)、ユン・ゲサン(ムヨル)ほか

目の前で爆弾テロが起こり次期大統領候補が暗殺される

宅配ドライバーをしているゴヌは、配達の途中に人気アイドルのシアに襲い掛かる強盗を撃退し、勇敢な市民に送られる「勇敢な市民賞」を授賞しました。

この功績が模範市民として表彰され、マスコミや周りの人から注目される存在になります。

 

ゴヌは表彰されても浮つくことなく、仕事を誠実にこなしていました。

そんなある日、ずっと会っていなかった高校時代のバンド仲間であるムヨルから連絡が入り、久々に会うことになりました。

2人は再会を喜び楽しい時間を過ごすのですが、目の前で次期大統領候補だったユ・コングクが爆弾テロで暗殺されてしまいます。

 

呆然と立ち尽くすゴヌをよそに、ムヨルは「国民の英雄キム・ゴヌは大統領候補を暗殺して自爆する。それが我々の計画だ」と言います。

携帯番号が書かれたメモを渡して「誰も信じるな」と言い残し、ゴヌに変わって自爆してしまいます。

ゴヌは捕まり、ファン局長と対面する

その後、何者かに追われるようになったゴヌは、訳も分からず逃げ出しました。

ゴヌは恋人のユミの家に隠れさせてもらい、テレビでは模範市民だったゴヌは、爆弾テロの犯人として報道されていました。

どうしてこうなったのか訳が分からないゴヌでしたが、信じていたユミも裏切られ襲われてしまいます。

 

ゴヌはユミを振りきり、窓から抜け出しました。

その頃、国家情報院のファン局長が、爆発テロの犯人はキム・ゴヌだと正式に発表しました。

追手を巻き逃げていたゴヌに、ジュホから連絡が入りました。

ジュホから送られてきた映像を見ると、ジュホは縛られ暴力を受けていました。

 

その映像にはゴヌにそっくりな人物が映っていて、彼はジュホにとどめをさしました。

愕然としたゴヌは国家情報院に捕まり、ファン局長と対面することになります。

ゴヌは捏造だと叫ぶと、ファン局長はそれをあっさり認めました。

 

絶体絶命のピンチとなったゴヌでしたが、そこへ1台の車が並走してきて銃を放ちました。

車は横転し、這い出てきたゴヌを助けたのはミンでした。

ミンは元国家情報院で、ムヨルが渡してくれた携帯番号の男でした。

ミンはかつて失敗した作戦の責任をファン局長に押し付けられ、彼に恨みを持っていました。

ゴヌの顔を持つシリコンが爆発により死亡

次期大統領候補だったユ・コングクを暗殺させたのは国民自由党の幹部で、なかなかゴヌを見つけられない現状に幹部はファン局長を叱咤しました。

するとファン局長は、ゴヌにそっくりなシリコンという男を使って、ゴヌをおびき寄せようと企てました。

 

ゴヌはミンが導いた通り、ゴヌの顔にそっくりなシリコンの居場所を教えてもらい、警察が張り込む中、ゴヌはたくさんの出前に紛れてアジトに辿り着きました。

国家情報院と警察の揉み合いが始まり、爆音と共に駆け付けた警察が目にしたのは、倒れているゴヌと同じ顔を持つシリコンです。

 

ゴヌは窓からその場を逃げ出し、テレビでは「犯人死亡」と伝えられました。

ゴヌがテロを起こすわけがないと思っていた仲間たちやゴヌの元カノのソニョンは、その報道を見てショックを隠し切れません。

ファン局長たちは放流によって水流に流される

シリコンを撃ち殺したのはミンで、警察と国家情報院が揉み合っている間に、シリコンとゴヌの衣装を入れ替えていました。

ミンは国家情報院が仕向けたスナイパーで、格闘の末にミンは命を落としてしまいます。

ミンのおかげで生き延びたゴヌは、ソニョンに連絡を取り彼女のラジオ番組で声を流してもらうよう頼みました。

 

ゴヌは罪を着せられ、死んだとされていることを包み隠さず話しました。

野外ステージの時間が迫り、ステージまで近くの地下道に潜んでいたゴヌは、ついに捕まってしまいます。

追ってきたファン局長に暴行を受けたゴヌは、自身の体にチェーンを取り付け、「水泳は得意ですか?」と言いました。

 

するとゴーという爆音が響き渡り、4時の放流の時間がやってきました。

ファン局長たちは水流に流され、チェーンを腕に取り付けていたゴヌは水流に耐えることが出来ました。

警察に向かったソニョンは監視カメラを見せてもらうと、そこにはマンホールから出てくるゴヌの姿がありました。

そこへ1台の車がやってきて、車の中から以前ゴヌが助けた人気アイドルのスアが出てきました。

ソニョンから電話をもらったスアは、ゴヌにお礼がしたいと思っており、音楽祭のイベントに訪れます。

仲間はスアと一緒にいたゴヌを見て驚き、集まってきた記者たちに対し「私はキム・ゴヌです」と話しました。

映画ライタータイリュウの一言

この作品を見ている中で、どうしてゴヌが犯人にされてしまったのか、イマイチよく分かりませんでした。

結局は、ゴヌになりすましていたシリコンが亡くなり、ゴヌが生き延びたわけですが、何か終わり方があっけなかったです。

コメント