「コクリコ坂」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アニメ映画

「コクリコ坂」のあらすじ

「コクリコ坂」は2011年に公開された映画で、宮崎吾郎が監督を務めた2作目の作品となっています。

男子文化部の部室棟「カルチェラタン」の取り壊しを巡り、全校生徒を巻き込んだ騒動が起こります。

生徒たちは部室棟であるカルチェラタンを守ることが出来るのか、そして主人公の恋の行方はどうなってしまうのかが見どころとなっています。

主な出演者

監督:宮崎吾郎 声の出演:松崎海(長澤まさみ)、風間俊(岡田准一)、水沼史郎(風間俊介)、松崎良子(風吹ジュン)、徳丸理事長(香川照之)ほか

高校では部室棟を取り壊すことが検討される

戦後の混乱した中、東京五輪を翌年に控えた横浜では開発が進められていました。

高校生の松崎海は父を早くに亡くし、海が見える丘に建つ「コクリコ荘」を切り盛りして学校に通っていました。

ある日、高校の新聞部が発行している学級新聞に、「旗を上げる少女」という詩が匿名で投稿され、海は詩に書かれているのが自分ではないかと思いました。

 

しかし、その詩は誰が書いたのか知ることが出来ませんでした。

高校では男子文化部の部室棟「カルチェラタン」が老朽化のため、学校側はこの部室棟を取り壊そうと検討していました。

この検討に対し、男子生徒たちは部室棟の取り壊しを反対する運動を行うようになります。

海と俊は戸籍上、兄弟であることを知る

ある日、海は学級新聞にカルチェラタン取り壊しに反論する記事を投稿しました。

それをきっけけに新聞部の風間俊と知り合いになり、海は次第に俊に惹かれていきました。

海はカルチェラタン取り壊し反対運動に協力するため、女性生徒に声を掛けカルチェラタンの部室棟内を大掃除することにしました。

 

海はカルチェラタンが見違えるくらいキレイになれば、学校側も取り壊しを辞めてくれると思ったのです。

海と俊が協力し合うことで互いに惹かれ合っていくのですが、ある日、海が亡くなった父の写真を俊に見せた途端、俊の態度がよそよそしくなっていきました。

海が俊を問い詰めると、海の父親と俊の父親が同一人物であると言われました。

戸籍でも2人は兄弟であることが判明し、俊は今まで通り友達でいようと告げ、海は落ち込んでしまいます。

カルチェラタンの大掃除を開始する

カルチェラタンの大掃除を通して、今までは見ていただけだった生徒たちも、次第にカルチェラタンの取り壊しに反対するようになりました。

皆の手助けもあり、カルチェラタンの大掃除が完了します。

部室棟内は見違えるほどキレイになったのですが、学校側は取り壊しを決定しており、それを覆そうとはしませんでした。

 

そこで、生徒会長である水沼は、海と俊に生徒代表として東京にいる理事長に直談判してくるよう命じます。

徳丸理事長のビルに出向いた2人は、アポなしで直撃したため長い時間待たされてしまったのですが、徳丸理事長は2人の話を親身に聞いてくれます。

そして、カルチェラタンの状態を直接見てから判断することを約束してくれました。

 

その帰り道、海は「旗を上げる少女」を投稿したのは俊であることを知ります。

毎朝その旗の下を通る船に乗っていた俊は、その旗への返事の旗を上げていたことを知りました。

2人は兄弟でも好きだと告白しました。

俊の出生の秘密を知っている父の友人が現れる

その日コクリコ荘には、アメリカから帰国した海の母の姿がありました。

そして俊は、海の父親の古い友人の子供であることを話し、亡くなった友人の子供を引き取ったものの貧しくて育てることが出来ず、風間家に養子に出されたことを告げました。

 

海は「本当はお父さんの子だったら?」と尋ねたのですが、「考えもしなかった、会ってみたいわね。お父さんに似ている?」と聞き返されてしまいました。

海は思わず泣き出してしまいました。

 

その翌日、約束通り徳丸理事長がカルチェラタンの視察に訪れ、理事長は生徒たちに共感し、カルチェラタンの保存を約束してくれました。

学校中が喜びに沸く中、海と俊に元に父親の古い友人が訪れた、という知らせが入ります。

2人は学校を飛び出し、港に向かいました。

その友人は2人の姿を見て、それぞれの父親について話してくれました。

 

俊の父親が亡くなり、母親も出産によって亡くなってしまったため、海の父親が戸籍を自分の息子として登録したことを告げられました。

そして友人は大きく成長した2人に良かったと告げ、出向していきました。

真実を知ることが出来た海と俊は、2人でコクリコ荘の旗を見上げました。

映画ライタータイリュウの一言

初めは、スタジオジブリでも宮崎駿さんじゃないのかと思い、少しガッカリしてしまったのですが、テレビのCMで予告が流れていて内容が気になったので、映画館に観に行くことにしました。

ストーリーがとても良かったですし、ジブリらしい作品だと思いました。

海と俊が兄弟だったと知ったときは顔も似ていないし本当なの、と思っていたところ、父親の友人が訪ねてきて俊の出生が分かったことで、兄弟になった理由が分かりました。

戸籍上は兄弟ということですが、本当の兄弟ではないことを知った2人は嬉しそうに見えました。

コメント