「ジョーカーゲーム 脱出(エスケープ)」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ジョーカーゲーム 脱出(エスケープ)」のあらすじ

「ジョーカーゲーム 脱出(エスケープ)」は2013年に公開された映画で、トランプのババ抜きで戦う映画「ジョーカーゲーム」の続編にあたる作品です。

ババ抜きで敗者となった者は「矯正施設」に送られ、新たな死のゲームを強要され7人の女子高生たちが決死のサバイバルを繰り広げます。

監督はテレビドラマ「マメシバ一郎」シリーズでお馴染みの芦塚慎太郎で、主演は人気アイドルグループ「エビ中」こと、私立恵比寿中学の鈴木裕乃や松野莉奈らが出演しています。

主な出演者

監督:芦塚慎太郎 出演者大野真希(鈴木裕乃)、島本紀子(松野莉奈)、小島理恵(宮武美桜)、下川ちひろ(吉田まどか)、林沙織(愛名ミラ)、本多明日香(佐藤優津季)、江川知巳(京佳)、大野香奈(高月彩良)、大島由美教官(原史奈)ほか

矯正施設に送られた女子高生たち

「文科省認可 矯正強化プログラム」では、ババ抜きによって優秀な人間の選別が行われていました。

この合宿で勝者となったものは高等教育が受けられるのですが、敗者となったものは矯正施設に送られることになっていました。

ジョーカーゲームで負けた7人の女子高生は、矯正施設である「関東みらい教育施設」にて、大島教官の指導の下、快適な生活を送っていました。

 

しかし、彼女たちが入所してから3ヶ月が経過したある日、身体測定と称して体に注射を打たれてしまいます。

7人は意識を失い、ふと目を覚ますと廃墟のような部屋にいました。

全員が目を覚ましたとき、突然部屋にあったテレビがついて、サバイバルゲームの説明が始まりました。

ヒントを元に皆で協力するも、次々と仲間が犠牲になっていく

サバイバルゲームの内容は、今から2時間以内に脱出しないと注射器で注入した体に毒が回り、死んでしまうというものでした。

各自1人1人のポケットには、ヒントが書かれたものが入っており、皆のポケットにあるヒントを持ち寄って協力することが大事と言われました。

 

一同はそのヒントを元に計算式を見つけ出し、64を手掛かりに紐を引っ張って壁板を剥がすことに成功しました。

しかし、その瞬間ガスが噴射され、知巳の顔面がただれて死んでしまいます。

 

知巳が亡くなった後、計算式が携帯電話の操作キーで「トムソーヤ」と変換できることを知った一同は、本に隠された封筒のカードを見つけました。

封筒の中には7つの大罪カードがあり、それを見つけた瞬間またVTRが流れ始めました。

グラスのパスワードを元に部屋から脱出する

VTR通りに解釈すると「暴食」=知巳、「色欲」=沙織、「傲慢」=明日香、「強欲」=紀子、「嫉妬」=理恵、「憤怒」=真希となり、「怠惰」のカードはちひろが持たされていました。

怠惰のカードを持っていた者に、ドアを開ける者を指名するように指示が出されました。

 

ドアには罠があると分かっていたこともあり、誰も指名できませんでした。

指名された色欲のカードを持っていた沙織は、明日香にドアの開閉ボタンがある場所に無理やり連れていかれ、揉み合いになってしまいます。

 

その拍子に矢が明日香に刺さってしまい、明日香は亡くなってしまいました。

その後、真希が持っているグラスの足の部分に見合うグラスを見つけ、沙織が死者の血を注ぐとグラスにパスワードが浮かび上がりました。

解毒剤を打ったことで紀子と真希が助かる

そのパスワードを元に部屋を脱出した沙織と真希、紀子と理恵、ちひろは次の部屋に移動しました。

その部屋にはナイフと注射器が置かれていて、注射器の中身を解毒剤だと思った沙織は、その注射器欲しさにナイフを使ってちひろを人質にしました。

 

沙織は真希に注射器を要求したのですが、沙織が油断した隙に人質となっていたちひろは彼女を刺し、逃げようとしたちひろを沙織が刺しました。

沙織とちひろは亡くなってしまい、机に置かれた箱を開くともう1つの解毒剤とトランプが入っていました。

解毒剤は2つになったのですが、生き残っているのは真希と紀子、理恵の3人でした。

カードが入っていたこともあり、勝敗を「ババ抜き」で決めろという意味だと悟った3人は、ババ抜きをすることにしました。

理恵があがり、その次に紀子があがり、すぐに注射を打った理恵が倒れてしまいました。

最初に見つけた注射器は偽物で、憶する紀子に本物の解毒剤を真希が打ったことで、真希と紀子は助かりました。

 

実際は真希には毒が打たれておらず、真希は大島教官に皆をリードする役目を担っていました。

真希がその役目を担ったのは、同じゲームで敗北した妹の香奈を助けるためでした。

それを知った大島教官は、真希の妹である大野香奈のカードに「不可」のスタンプを押しました。

映画ライタータイリュウの一言

ジョーカーゲーム 脱出(エスケープ)は、皆で協力して脱出するように言うのですが、結局皆自分が助かりたいという思いが強くなっていくのを感じました。

人間の欲深い部分が垣間見えた作品でもあったので、ラストに向かうたび面白くなっていきました。

続編ということもあり、矯正施設に送られた人がどうなるのかが見られたので、スッキリしました。

ストーリー性がよくて最終的には主演を務めた鈴木裕乃さんも生き残ったので、やっぱり主演は死なないんだなと思いました。

コメント