「ジョジョ・ラビット」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

ヒューマンドラマ

「ジョジョ・ラビット」のあらすじ

「ジョジョ・ラビット」は2019年に公開された映画で、第二次世界大戦下のドイツが舞台です。

母のロージーと2人で暮らしていた10歳のジョジョは、空想の友達アドルフ・ヒトラーの助けを借り、青少年集団ヒトラーユーゲントの兵士になろうと奮闘していました。

しかし、訓練でウサギを殺すことが出来なかったジョジョは、教官からジョジョ・ラビットとあだ名を付けられ、隠し部屋にユダヤ人のエルサが匿われていることに気づきます。

主な出演者

監督: タイカ・ワイティティ 出演:ローマン・グリフィン・デイビス(ジョジョ)、トーマシン・マッケンジー(エルサ)、タイカ・ワイティティ(アドルフ)、レベル・ウィルソン(ミス・ラーム)、スティーブン・マーチャント(ディエルツ大尉)、アルフィー・アレン(フィンケル)、サム・ロックウェル(クレンツェンドルフ大尉)、スカーレット・ヨハンソン(ロージー)ほか

ジョジョは青少年集団の合宿に参加する

第二次世界大戦下のドイツで、母のロージーと2人で暮らしていた10歳のジョジョは、青少年集団ヒトラーユーゲントの合宿に参加するため、朝から緊張していました。

僕には無理かもと弱音を吐くジョジョに、空想上の友達であるアドルフが現れ、「お前はひ弱だが、ナチスへの忠誠心はピカイチだ」と励まされました。

 

ジョジョはその言葉に気を取り直し合宿に出かけるのですが、彼を待っていたのは戦争で片目を失ったクレンツェンドルフ大尉でした。

合宿ではミス・ラーム教官の指導の下、ハードな戦闘訓練が行われ、何とか初日を終えてヘトヘトになったジョジョは、実在している友人ヨーキーとテントで眠りにつきました。

姉の部屋の隠し扉でエルサを発見する

合宿2日目を迎え、命令通りにウサギを殺すことが出来なかったジョジョは、教官から臆病者だとバカにされ「ジョジョ・ラビット」というあだ名を付けられてしまいます。

堪えきれなくなったジョジョは、森の奥へと逃げだして泣いていました。

すると空想上の友達アドルフが現れ、「ウサギは勇敢でずる賢くて強い」と激励されたことで元気を取り戻したジョジョは、張り切って訓練に参加するも失敗して大怪我を負ってしまいます。

 

ジョジョのケガを見たロージーは、ユーゲントの事務所に抗議に行くと、ジョジョはしばらくの間クレンツェンドルフ大尉の指導の下で奉仕活動を行うことになりました。

その日、家に帰宅したジョジョは亡くなった姉の部屋で隠し扉を見つけます。

恐る恐る扉を開けると、そこにはユダヤ人の少女が匿われていました。

少女はエルサと言い、ロージーに招かれて来たことなど、これまでの経緯を話してくれました。

エルサは「通報すれば私の協力者だと言うわ。全員死刑よ」と、ジョジョを脅します。

絞首刑にされてしまったロージー

パニックに陥ったジョジョは自分で考えた挙句、エルサにユダヤ人の秘密を全部話すという条件と引き換えに、家にいることを許すと持ちかけます。

ジョジョはエルサから聞いた話をまとめ、本にすると言うアイディアを思いつきました。

 

それ以来、母には内緒でエルサのユダヤ人講義が始まり、ジョジョはエルサの聡明で教養とユーモアがあるところに惹かれていきました。

エルサには婚約者のネイサンがいることを知ったジョジョは、彼のフリをして手紙を書き、隠し部屋に向かって読み上げて彼女を励ましていました。

ジョジョはユダヤ人は下等な悪魔だと教わったヒトラーユーゲントの教えが、真実と異なることに気づき始めます。

 

そんな中、秘密警察のディエルツ大尉が部下を引き連れ、突然ジョジョの家にやってきました。

緊迫した空気の中、エルサが堂々と現れ、ジョジョの亡くなった姉のインゲに成りすまします。

エルサは、何とかその場を切り抜けることが出来ました。

しかし、広場で絞首刑にされていた数人の中にジョジョの母親であるロージーの姿があり、ジョジョは涙が止まりませんでした。

戦争が終わり、ドイツが負けてしまう

ドイツ劣勢の戦火の中を、ジョジョは走って逃げました。

捕虜として捕まっているクレンツェンドルフ大尉を見つけ出し、近寄ると大尉はお別れの言葉もないまま、突然ジョジョの制服のジャケットを脱がし、「ユダヤ人め」と罵ってわざと突き放します。

引き離されてしまったジョジョの背後では銃声が鳴り響き、クレンツェンドルフ大尉は銃殺されてしまいました。

 

ドイツ軍はなすすべもなく、戦争に幕が下ろされました。

しかし、ジョジョはエルサのことが好きだったため、離れたくないという気持ちからドイツが勝ったと嘘をつきます。

再びネイサンからの手紙と言って、ジョジョが書きあげた手紙を読み上げていると、エルサからネイサンが亡くなったことを知らされました。

 

エルサは今まで、ネイサンからの手紙と言って元気づけてくれたジョジョに感謝を伝えました。

ジョジョはエルサに告白したのですが、「弟として愛している」と言われてしまいます。

その後、ジョジョはエルサを外に連れ出し、2人で見つめ合うとゆっくり踊り出しました。

映画ライタータイリュウの一言

ジョジョ・ラビットは戦時下で少年が成長していく物語で、恋をして相手を元気づけたり、婚約者からの手紙と言って偽の手紙を読んでいるところが可愛いと思いました。

クレンツェンドルフ大尉や母のロージーは、最後の最後でジョジョを守ったようにも見えて感動しました。

コメント