「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」のあらすじ

2015年日本の映画になり、100年の時を経て再び巨人に襲われる集落から始まります。

3枚の壁に閉じ込められて過ごす少年エレンの心の動きや失った家族、友人の仇をとるために調査団に入り、巨人への復讐を誓うエレンでしたが、親友ミカサとはぐれてしまい二年の歳月が流れます。

そこへ再び巨人が現れて、エレンは親友アルミンや他の調査団たちと共に戦うことになるのでした。

主な出演者

監督:樋口真嗣 出演:三浦春馬(エレン)、長谷川博己(シキシマ)、水原希子(ミカサ)、本郷奏多(アルミン)、三浦貴大(ジャン)、桜庭ななみ(サシャ)ほか

100年続いた平和が音をたてて奪われる

主人公であるエレンが生まれるずっと昔、100年以上前に人間たちの多くは巨人によって食べられてしまいました。

そして生き残った者たちが考え出したのが、巨人の侵入を防ぐための3重の壁を作ることでした。

高さ50mにもなる巨大な壁を築くことで巨人の侵入を防ぎ100年間は平和に暮らしていました。

 

エレンは幼い頃に両親を亡くし、生きる意味も見出せず、仕事を転々としながらなんとか生活しています。

そんなエレンには菜種油の精製をしている人の息子・アルミンと、染め物屋の娘であるミカサという2人の親友がいました。

エレンは2人にいつもこの壁の中でしか暮らせない自分たちを嘆き、いつか壁の向こうに言ってみたいと告げます。

 

そして壁の外にある「海」を見てみたいと思ったエレンは、親友2人を連れて壁を乗り越えようとします。

しかし移動途中にミカサがくしゃみをして、結局警備員に見つかってしまいます。

エレンの両親の親友ソウダは、そんなに壁の外に出たければ壁外調査が行われる調査隊に入れと言います。

 

しかしそのとき大きな轟が聞こえ、巨大な壁が崩れ始めます。

壁よりも大きな巨人が、壁を破って侵入してきたのです。

巨人が現れ悪夢が再びやってくる、ミカサの姿も消える

壁の内側に侵入してきた巨人たちを攻撃するため、警護隊たちは次々に発砲します。

しかし巨人はダメージを受けてもすぐに回復し、全く歯が立ちません。

アルミンは「伝説は正しかった、彼らは本当に不死身だ」と言います。

 

村に侵入した巨人たちは、次々と村人を襲います。

一人目の警備が目の離れた巨人に襲われると、近くにいた警備員が襲われていきました。

あまりの恐ろしさに巨人に食われたくない警備は、自分で拳銃自殺してしまう者もいます。

 

そんな恐ろしい様子を目の当たりにしたエレン、ミカサ、アルミンは、なんとか逃げきります。

途中で赤子を抱いた女性が赤ちゃんを落とし、それを見たミカサは赤ん坊を助けて教会に入ります。

三人はそこで逃げ惑う村人に押されてしまい、ミカサだけ姿が見当たらなくなってしまいました。

 

ミカサの近くには、恐ろしい女型の巨人が近づいていました。

それから大きな轟音が聞こえ、ミカサの姿は見えなくなってしまいます。

エレンは絶望の淵に立たされ、何もすることができませんでした。

二年後。巨人への復讐のために訓練を行い再び立ち向かう

巨人の襲撃から二年後、巨人によって壊されてしまった壁を修復するために、エレンとアルミンは調査団に入団します。

モンゼン区は巨人によって破壊され、エレンたちが住んでいた農業地区は壊滅状態に陥っていました。

今やモンゼン区は、巨人たちのエリアと化してしまったのです。

 

エレンたちは巨人を倒すために、様々な術を身に付けます。

巨人の弱点はうなじであることから、うなじをめがけて攻撃する訓練を重ねます。

立体起動装置を腰に装着することで速く移動をして、巨人を倒すための術を身に着けていきます。

訓練を重ねたエレンたちは、いよいよ壊された壁を修復するために出発します。

 

壁を修復するための具体的な計画は、外壁修復作戦と名付けられました。

穴が開いてしまった壁に爆薬をとりつけ、壁の上部を落とすことで穴を塞ぐという作戦でした。

この計画を実行するために調査団は実行に移そうとするのですが、間一髪のところで巨人に見つかってしまい、また犠牲者を出すことになります。

 

そのとき二年前に死んだと思っていたミカサと、シキシマという2人の先鋭が巨人を倒します。

なんとか逃げ延びることに成功しましたが、さらに巨人に襲われることになります。

その中で、エレンはアルミンの代わりに犠牲になって、巨人に飲み込まれてしまいます。

巨人の中から巨人が現れ、エレンが姿を表す

ミカサはエレンが巨人に飲み込まれたことを知って、やけくそになって巨人を倒します。

しかし戦いの最中に、身に着けていた立体起動装置も使えなくなり、動きも鈍くなってきました。

遂にミカサも、巨人に追いつめられることになりました。

 

しかし襲ってきた巨人から、また巨人が生まれるという不思議な現象が起こります。

その新たに出現した巨人は、他の巨人と明らかに行動が異なっていました。

他の巨人を攻撃し始めるのです。

「あの戦い方は、他の巨人と違う、知性のある巨人だ」とサンジが言います。

他の巨人を倒して力尽きた巨人のうなじを「切開しろ」とソウダが言い、その言葉の通りにミカサが切り倒します。

 

すると中から巨人に飲まれたはずのエレンが出てきました。

巨人を攻撃する巨人の正体は、実はエレンだったのです。

足や腕を噛まれて失ったはずでしたが、不思議なことにエレンの腕と足は元通りになっていました。

そして調査団たちに囲まれて唖然とする中、エレンは目を覚ますことになり、物語は後編へと続きます。

映画ライターMRMの一言

死んだと思っていたミカサが生きていて、2年ぶりの再会を果たすシーンは原作と異なり、新しい雰囲気が感じられました。

エレンが密かにミカサに恋心を抱くも、シキシマという男と行動を共にする姿に嫉妬するエレンの恋心を描いたシーンは、原作を知っている者からは不思議な感じを覚えました。

再会した2人の話だけでなく、この物語をどんな形で収めるのか気になりました。

コメント