「エターナル・サンシャイン」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

ヒューマンドラマ

「エターナル・サンシャイン」のあらすじ

「エターナル・サンシャイン」は2004年に公開されたアメリカ映画で、記憶をテーマに現実と空想が交錯する新感覚の恋愛ドラマです。

ある時ジョエルは、最愛の恋人・クレメンタインが彼に関する記憶を消してしまったことを知り、深く傷つきます。

それでもクレメンタインが忘れられないジョエルは、記憶消去の処置を請け負っている病院へ行き、彼女との思い出を消す処置を受けました。

思い出を遡り、彼女と喧嘩したことや翻弄された嫌な記憶を消していきますが、やがて愛し合い幸せだった記憶を思い出すことになるのでした。

主な出演者

監督:ミシェル・ゴンドリー 出演:ケイト・ウィンスレット、ジム・キャリー、イライジャ・ウッド、キルスティン・ダンストほか

ジョエルとクレメンタインの出会い、そして

ある日ジョエルは仮病を使って仕事をズル休みして、海辺をぶらついていました。

その後、立ち寄ったカフェで、ジョエルは髪を青く染めた女性に目を止めます。

彼女の名前はクレメンタインで、先ほど海で見かけた女性でした。

クレメンタインの方からジョエルに近付き、しきりに話し掛けてきました。

 

積極的で気まぐれなクレメンタインにジョエルは戸惑っていましたが、2人の仲は急接近し、ある時彼女が部屋で寝かせてほしいと頼んできました。

ジョエルはそれを了承しましたが、その後見知らぬ男が来て、困っていることはないかと謎の質問を投げかけます。

 

それから時が経ち、もうすぐヴァレンタインを控えたある日、ジョエルはクレメンタインと些細なことから口喧嘩してしまいます。

ジョエルは仲直りのためにプレゼントを渡そうとして、クレメンタインの職場である書店へ行きました。

しかし、なぜか彼女はジョエルのことを知らない様子で、新しい恋人とキスしていたのです。

ジョエルがクレメンタインの記憶を消す

傷付いたジョエルは友人の家へ行き、愚痴をこぼします。

そんなジョエルに、友人は一通の手紙を差し出しました。

手紙には、クレメンタインがジョエルに関する記憶消去の手術を受けたことが書いてあるのでした。

ジョエルとの過去の話題には触れないように、ともありました。

 

そこでジョエルは、手紙を送って来た記憶消去を行う病院へ行き、クレメンタインのことを尋ねます。

ジョエルはクレメンタインを忘れることができず、辛い気持ちで今にも発狂しそうでした。

病院のスタッフが言うには、クレメンタインに関係するものを持ってくれば彼女についての記憶を消してくれるとのことでした。

 

ジョエルは彼女の記憶を消すことに決め、病院で記憶消去の処置をしてもらいます。

記憶を消している間に、クレメンタインとの思い出が次々と脳裏に甦ってきました。

オレンジ色の髪をした彼女が泥酔して車で帰ってきた際に、ジョエルの車にぶつかったことや、喧嘩して部屋を出て行ったこと、公衆の面前でひどく罵ったことなどでした。

逃げるジョエルと追う病院のスタッフ

記憶を遡っていくうちに、クレメンタインの新しい恋人・パトリックが彼女にプレゼントを渡すシーンを見ました。

さらにジョエルは、クレメンタインと愛を語り合った幸せな思い出を見ました。

彼はふと彼女を忘れたくないと強烈に思い、記憶消去を止めるようにスタッフに訴えますが、どうやら聞こえていない様子でした。

 

ジョエルの意識は、記憶消去に抵抗し始めます。

一瞬目を覚ました彼には、病院のスタッフの姿が見えました。

ジョエルは記憶の中のクレメンタインは、彼に「私を忘れないために、出会う前の記憶に隠して」と呼びかけるのでした。

ジョエルは、子どもの頃の記憶にたどり着きます。

 

しかし病院では、ジョエルがシステムから逃げていることが分かり、彼を追いかけます。

それでも逃げ続けるジョエルと、何とか見つけようとする病院のスタッフですが、そんな中、クレメンタインの恋人パトリックが実は病院のスタッフであり、彼女にひと目惚れした彼が彼女の記憶をいじっていたことが分かります。

やり直す道を選ぶジョエルたち

記憶消去の処置が終わり、ジョエルはクレメンタインのことをすっかり忘れたかのように見えました。

その後、ジョエルは仕事をさぼって駅へと向かい、クレメンタインと出会いました。

クレメンタインの勤める書店で彼女と話します。

まるでやり直すようにジョエルはクレメンタインに惹かれ、絆を深めていくのでした。

 

ジョエルとクレメンタインは長く語り合った後、ジョエルが彼女をアパートまで送ってあげました。

過去なのか現在なのか、はたまたどこまでが現実なのか境界ははっきりしませんでした。

そんな時、クレメンタインのところへカセットテープが届きます。

送り主は病院からで、同封された手紙には、これは消された記憶の一部が入ったテープだとありました。

 

テープを再生すると、クレメンタインが記憶消去の処置を受ける前、彼女がジョエルの悪口を言っているのが聞こえました。

何だか気まずくなってしまう2人でしたが、ジョエルの家にも同様のテープが届いており、彼もクレメンタインのことを愚痴っていたのです。

お互いの欠点を知っても、彼らは愛し合う道を選ぶのでした。

映画ライターもじゃの一言

どこか幻想的で美しい映画でした。

シリアスよりの演技を見せるジム・キャリーや、強烈なインパクトのあるヒロインも印象的で、喧嘩別れして記憶を失ったことで、お互いの大切さを再確認する切なさが胸に迫ります。

時系列や幻想と現実の境目がいまいち分かりにくい感じなので、数回観てもいいと思います。

コメント