「ゲド戦記」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ゲド戦記」のあらすじ

「ゲド戦記」は2006年に公開されたスタジオジブリ製作のアニメ映画で、宮崎駿氏の長男である宮崎吾朗氏の初監督作品です。

本作は、アーシュラ・K・ル=グウィンの小説の第3巻を基に作られています。

エンラッド国の王子アレンは真面目で正義感の強い性格でしたが、そのために世の悪に心を痛めた末、精神のバランスを崩してしまいます。

アレンは父親である国王を刺殺し放浪の旅に出ますが、その中で大賢人と呼ばれるハイタカと出会い、彼の旅に同行することになりました。

主な出演者

監督・脚本:宮崎吾郎 声の出演:岡田准一(アレン)、手嶌葵(テルー)、菅原文太(ハイタカ)、香川照之(ウサギ)、風吹ジュン(テナー)、田中裕子(クモ)ほか

大賢人ハイタカとアレンの出会い

舞台は、人と竜が共存するアースシーという世界です。

アースシーの人々や精霊たちは、普段使っている名前と魂の名前を持っており、魂の名前は他人に教えることは危険だとされています。

このところ世界の均衡が崩れ、様々な異変が起きるようになっていました。

エンラッドという国では、国王が世界の異変を感じ取っていたのです。

 

しかし国王は、息子のアレン王子に刺されてしまいます。

父を刺した後、アレンは正気に戻って困惑し、父の魔法の剣を奪って出奔するのでした。

放浪するアレンは途中で獣に襲われてしまいますが、大賢人のハイタカに救われました。

ハイタカは魔法使いであり、世界に起きている異変の原因を調査する旅をしています。

 

旅の途中で獣に囲まれるアレンを目撃し、成り行きで助けたのでした。

ハイタカとアレンは一緒に旅をして、ホートタウンという港町を目指しました。

町でハイタカはアレンを置いて用事を片付けに行きましたが、アレンは何者かの気配を感じてその場から逃げます。

ハイタカとアレンがテナーの家へ行く

アレンは、自分と同じ年頃の少女が奴隷商人に追われている場面に出くわしました。

彼は自分の危険を顧みずに少女・テルーを助けましたが、テルーはお礼も言わずに行ってしまいます。

テルーの顔の左半分には、火傷の痕がありました。

アレンが夜に眠りこけていると、奴隷商人が襲撃に来ます。

 

奴隷商人はアレンを捕まえると、彼を奴隷にするために馬車へ乗せました。

その際、魔法の剣を落としてしまったのでした。

アレンを輸送する途中でハイタカが現れ、彼の魔法で助け出されます。

2人はその後、ハイタカの昔馴染みの女性・テナーの家に行きました。

そこには、アレンが助けたテルーもいました。

 

テナーが、両親に虐待され捨てられたテルーを引き取り、もう5年ほど2人で暮らしていると言います。

テルーは、その身の上のため人に心を開きませんが、ハイタカは警戒しませんでした。

一方アレンに対しては、拒絶するような行動をとるのでした。

ハイタカとアレンは、しばらくテナーの家で生活することになりました。

アレンが自分の闇から脱する

アレンは夜ごと悪夢にうなされていました。

それを見たハイタカは、町へと出かけていきました。

ハイタカは町で魔法の剣を回収し、彼をつけ狙う魔法使い・クモの居所を知ります。

一方のアレンは、歩いている途中でもう一人の自分の姿を見て、怯えながら逃げ出します。

 

その中でアレンは、ハイタカの宿敵であるクモに連れ去られ、魂の名前を教えてしまいました。

テナーの家には、クモの手下である人狩りのウサギが乗り込んできて、テナーを攫ってしまいます。

その際にテルーは縛られ、テナーを返してほしければクモの城へ来い、というハイタカへの伝言を預かります。

戻って来たハイタカはテルーから話を聞き、彼女に魔法の剣を渡しクモの所へと向かいました。

 

城へ着いたハイタカは魔法を封じられて捕えられ、テナーと共に牢屋行きにされます。

テルーは魔法の剣を持ってクモの城へ潜入しますが、闇に飲まれそうになっているアレンを見つけます。

テルーはアレンに呼びかけ、自分の魂の名前を明かします。

正気を取り戻したアレンも、彼女に自分の真の名を告げるのでした。

テルーは竜になりアレンは国に戻る

アレンとテルーは、処刑されそうになっているハイタカの元へ駆け付けました。

2人はクモの所へ辿り着きますが、アレンの真の名を聞き出したクモには彼を操ることができます。

苦しみに耐え必死に抵抗するアレンは、ついに魔法の剣を抜きクモに反撃しました。

アレンに右腕を斬られたクモは、老人の姿に戻ってしまうのでした。

 

クモはテルーを連れ去ろうとして、アレンがそれを追いかけます。

死を嫌い永遠の命を求めるあまり、クモは生と死の境界の扉を開けるという禁忌を犯していたのです。

世界の均衡が崩れたのは、そのためでした。

アレンの説得も空しく、クモはついにテルーを殺めてしまいます。

 

ところが次の瞬間、テルーは起き上がり夜が明けると共に、竜の姿へと変身しました。

竜になったテルーは火を吹き、クモを滅ぼします。

それを見たアレンは、テルーの魂の名を呼びました。

ハイタカとテナーは家を目指し、アレンは国に戻り自分の罪を償うことをテルーに誓うのでした。

映画ライターもじゃの一言

一見すると、アレン王子がどうして冒頭で父親を刺したのか、いま世界はどんな事態になっているのか、さらには通常の名前と真の名前があることなどが、映画を観ただけではちょっと理解できませんでした。

面白いつまらないというよりも、よく解からなかったのが正直なところです。

原作が壮大なファンタジーなだけに細かい設定がありそうなので、もう少し理解できる描写が欲しいと私は感じました。

しかしその場合、映画が長くなりすぎてしまうのかもしれませんね。

コメント