「リミットレス」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「リミットレス」のあらすじ

「リミットレス」は2011年に公開されたアメリカ映画で、アラン・グリンの小説『ブレイン・ドラッグ』を原作としてニール・バーガーが監督を務めた作品です。

スランプ中の作家・エディは怠惰な日々を過ごし、ついに恋人のリンディに捨てられてしまいました。

そんなある日、バーノンから人間の脳を活性化し、能力を100%引き出せる夢のような薬を入手します。

エディは薬を使い、たったの一晩で一作を書き上げることができました。

小説はあたり、エディはこれまでにない成功を手にするのでした。

主な出演者

監督:ニール・バーガー 出演者:ブラッドリー・クーパー(エディ・モーラ)、 ロバート・デ・ニーロ(カール・ヴァン・ルーン)、アビー・コーニッシュ(リンディ)、アンドリュー・ハワード(ゲナディ)、 アンナ・フリエル(メリッサ・ギャント)ほか

エディが脳を覚醒させる薬を飲む

作家のエディ・モーラは、ニューヨークで作家になることを夢見ています。

何とか出版契約を取ることができましたが、スランプなのか執筆の方がまるで進まずにいました。

生活もだらしなくなり、ついに恋人のリンディに愛想を尽かされてしまいます。

何もかも上手くいかない、うだつの上がらない状態に悩んだエディは、ある日ばったりとバーノンと再会しました。

 

バーノンは、エディの別れた妻の弟で、現在は製薬会社で働いていると言いました。

エディはバーノンから、人間の脳の力を100%引き出せる新薬「NZT」をもらいます。

怪しむエディでしたが、バーノンは許可が下りているから大丈夫だと言い、エディは試してみることにします。

 

薬を飲んだエディの脳はたちまち覚醒状態となり、何と一晩のうちに長編小説を書き上げてしまったのです。

しかも、その小説のできは素晴らしいものでした。

喜んだエディは、新しい薬を求めてバーノンの自宅へ行きました。

ところがバーノンは部屋で殺されていたのです。

エディの成功とNZTの副作用

恐ろしくなるエディでしたが、バーノンの部屋にあったNZTとお金を持ち出しました。

それからエディは、NZTの力で作家の仕事がうまくいき、さらに資金を使って株取引などの投資にも手を出します。

投資に夢中になったエディは、知人を介して出会ったゲナディという男から10万ドルの資金を借り入れました。

 

その資金を元手に、さらにお金を儲けることができました。

さらにエディは、友人になったケヴィンの紹介で、大物の投資家・カールと知り合います。

カールとエディは、巨額のビジネスを一緒に行うことになりました。

エディはマスコミからもてはやされるようになり、一躍成功者の仲間入りを果たし、彼を捨てたリンディも戻ってきました。

 

何もかもが上手くいっているように見えるエディでしたが、コートを着た何者かに尾行されるようになりました。

次第にエディは、NZTの副作用に見舞われるようになります。

自分でも気付かないうちに遠くまで出歩いた末、周囲とトラブルを起こしたり、モデルの女と関係をもったこともありました。

しかも、翌日になると記憶が曖昧になっているのです。

エディがNZTを手放せなくなる

その後、モデルが殺害されたというニュースを知ったエディは思い悩みます。

彼はバーノンがNZTを売っていた人間を調べ、連絡を取ろうとしました。

しかし、その誰もが入院しているか、亡くなっていたのです。

ある時、エディは元妻のメリッサと会うことになりましたが、メリッサも彼と同様にNZTが手放せず副作用に苦しんでいる一人でした。

 

メリッサが言うには、NZTの服用を中止すると命に係わるとのことでした。

つまりエディは、ずっとNZTを飲み続けなければならないのです。

その後エディは薬が切れて体調を崩し、リンディにNZTのことを打ち明けて家にある薬を取って来てもらおうとします。

 

NZTを持って来たリンディに、エディを尾行していた男が襲い掛かります。

彼女を助けようとしてくれた人は、その男にあっけなく殺害されてしまいました。

エディはリンディにNZTを勧め、彼女は薬の力で逃げることができました。

副作用を克服し大成功したエディ

ゲナディは、エディに借金の返済とNZTを渡せと脅すようになり、エディはボディーガードを雇いました。

新しい高層マンションへ引っ越したエディでしたが、モデルの殺害容疑に問われてしまいます。

しかし彼は敏腕の弁護士・ブラントに依頼して、窮地を脱しました。

アトウッドとの合併話が持ち上がりエディは契約しようとしますが、アトウッドもNZTの使用者であり、契約の前に薬が切れて倒れました。

 

実は、エディを尾行していた男はアトウッドが雇った人間でした。

その後、エディが上着の中に隠していたNZTが弁護士のブラントに盗まれ、ゲナディがエディのマンションに襲撃してきます。

もう薬は一錠しかありません。

 

ゲナディがNZTを直接注射器で注射するところを目撃したエディは、彼を殺して流れ出た血液を舐めることで薬の効果を得ました。

エディは盗まれた薬を取り戻し、NZTの研究を続けました。

 

それから1年後、上院議員に立候補したエディのもとにカールが現れます。

NZTのことを知った彼がエディをゆすろうとしますが、エディは既に副作用を克服しており応じませんでした。

エディはリンディと再会し、2人で食事をしました。

映画ライターもじゃの一言

自分の能力を最大限に引き出せる薬なら誰しも憧れますが、薬を飲むことでまるで依存症のように手放せなくなる、というストーリーが面白かったです。

薬を飲んだ人間は飲み続けなければ死亡してしまうのですが、NZTという薬に翻弄される人間の欲深さがよく出ていた作品だと思います。

バーノンが「許可されている薬だ」と言っていましたが、本当なんでしょうか。

コメント