「ダレン・シャン」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「ダレン・シャン」のあらすじ

「ダレン・シャン」の2009年に公開されたアメリカ映画で、アメリカの他に数ヶ国で公開されました。

本作は、作家のダレン・シャンが書いた同名児童向けファンタジー小説を映画化したものです。

小説の第1巻を基に、オリジナル要素も追加されています。

ある日、ダレン・シャンという高校生は、巨大な毒グモに襲われた親友を助けたい一心でヴァンパイアと契約します。

ダレンは半分がヴァンパイアになってしまい、奇妙なサーカス団に身を寄せることになりました。

主な出演者

監督:ポール・ウェイツ 出演者:クリス・マッソグリア(ダレン・シャン)、ジョシュ・ハッチャーソン(スティーブ)、ジョン・C・ライリー(ラーテン・クレプスリー)、ジェシカ・カールソン(レベッカ)、渡辺謙(ミスター・トール)、レイ・スティーヴンソン(マーロック)、パトリック・フュジット(エブラ)、ウィレム・デフォー(ガブナー・パール)、ほか

ダレン・シャンがサーカスを見に行く

高校生のダレン・シャンは、容姿端麗で学校でも優秀な生徒でした。

ダレンの親友のスティーヴは、ダレンとは反対に不良とも呼べる生徒で、いつも親や教師に逆らっていました。

ある日、彼らの住む町に「シルク・ド・フリーク」という奇妙なサーカス団がやってきました。

ダレンとスティーヴは夜中に家を抜け出して、そのサーカスを見に行くことにしました。

 

奇妙なサーカスと言うだけあり、ステージには謎めいたオーナーをはじめ、狼男や蛇男、小人などが次々と登場し2人を驚かせました。

さらに「マダム・オクタ」と呼ばれる巨大な蜘蛛を操る、クレプスリーという男が現れました。

ダレンの目は、その蜘蛛に釘付けになります。

 

なぜか彼は、昔から蜘蛛に並々ならぬ関心があるのでした。

一方のスティーヴは、以前からヴァンパイアのことに関心があり、クレプスリーのことをヴァンパイアだと言い始めました。

スティーヴが言うには、クレプスリーにはヴァンパイアの特徴が見られるのでした。

サーカス団員はヴァンパイアだった

その時、保安所の検査官がサーカスへ押し入ってきました。

無許可で公演していたという理由からでした。

たちどころに会場内はパニック状態となり、騒乱の最中、ダレンはサーカス団の中へと紛れ込んでしまいます。

 

サーカスの団員たちは本当にヴァンパイアで、今後どうしていくかを話し合っているのを聞いてしまいました。

スティーヴもその話を聞いており、団員たちの前に進み出て、自分をヴァンパイアにしてくれと頼みました。

ところがクレプスリーは、スティーヴの血ではヴァンパイアには向かないと言うのでした。

ダレンとスティーヴは、渋々ながら帰ろうとします。

 

帰り際、魔が差したダレンは蜘蛛のマダム・オクタをくすねてしまいます。

家路に現れたデスモンド・タイニーと部下のマーロックという2人組とすれ違い、タイニーは「運命だ」などと口にしました。

しかしその後、スティーヴがマダム・オクタに刺されて毒にやられてしまうのでした。

ダレンがサーカス団の一員になる

スティーヴが苦しんでいるのを目にして、慌てふためくダレンの前にクレプスリーが現れました。

クレプスリーは、ダレンにスティーヴを助けてやると言いました。

しかし、その引き換えとして、ダレンにヴァンパイアになってクレプスリーの手下になれと言うのでした。

親友を助けるために、ダレンはヴァンパイアになることを決意しました。

 

ダレンはクレプスリーの血液を飲み、ヴァンパイアに変貌します。

人間の血を求めるヴァンパイアになったダレンは、喉の渇きを感じました。

「このまま人間の世界にいれば、家族にまで危害を加えてしまう」と考えたダレンは、自分が死亡したことにして家を後にしました。

 

そんなダレンを、昨日すれ違ったタイニーとマーロックが襲撃します。

シルク・ド・フリークのヴァンパイアたちと違い、ダイニーたちは残虐で狂暴な吸血鬼・ヴァンパニーズでした。

ダレンはクレプスリーのお陰で難を逃れ、シルク・ド・フリークの一員となりました。

真のヴァンパイアの力を覚醒する

タイニーたちはダレンをまだ追っており、彼と共にいるシルク・ド・フリークもその標的となるのでした。

その後、サーカスにタイニーたちが乗り込んできました。

タイニーはダレンを差し出せと要求しますが、サーカス団はその要求をはねのけます。

ダレンはサーカス団員のレベッカに惹かれていきましたが、ある時彼女は、タイニーたちに攫われてしまいます。

 

そこでダレンは、単身レベッカを助けに行くのでした。

タイニーたちのアジトには、何とダレンの親友・スティーヴもいました。

スティーヴは、ずっとヴァンパイアになりたかった自分を差し置いてダレンが選ばれたことに激しく嫉妬していたのです。

 

スティーヴはダレンに襲い掛かり、ヴァンパイアになってからまだ血を飲んだことのないダレンは劣勢に立たされます。

クレプスリーが駆け付けたものの、足止めされてしまいました。

レベッカはダレンに、彼女の血を飲むように言いました。

 

さらに人間の心を忘れないでほしいと訴えたレベッカの言葉に後押しされ、ダレンは彼女の血を飲みヴァンパイアの力を覚醒させます。

ダレンがマーロックを倒し、タイニーはスティーヴと共に立ち去ります。

ダレンたち3人は、サーカス団に帰りました。

映画ライターもじゃの一言

私は原作本は読んだことがありませんが、タイトルは知っていました。

ヴァンパイアの出てくるダークな世界観のファンタジーなのですが、映画の好き嫌いは結構別れそうな気がします。

日本人には、あまりヴァンパイアという存在に馴染みがないためか、登場人物たちにあまり共感できませんでした。

原作ファンなら、一見の価値があるかもしれません。

コメント