「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のあらすじ

2002年に公開された映画になり、「ハリー・ポッター」シリーズの第2作目にあたる作品です。

ホグワーツ魔法魔術学校の2年生となったハリーは、親友であるロンとハーマイオニーと共に、ホグワーツ内で起きた「秘密の部屋」の事件を解決させるために奮闘する1年が描かれています。

主な出演者

監督:クリス・コロンバス 出演者:ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)、ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)、リチャード・ハリス(アルバス・ダンブルドア)、アラン・リックマン(セブルス・スネイプ)ほか

ハリーの部屋に突然ドビーが現れる

魔法魔術学校に入学したハリー・ポッターは、魔法界では知らない者がいないくらいの有名人です。

ホグワーツ魔法魔術学校の1年生を終了したハリーは、夏休みをダーズリー家で過ごすことになりました。

 

そんなある日、ハリーの元に突然妖精のドビーが現れ、ハリーはホグワーツに戻ってはいけないと警告されます。

しかしハリーは「ホグワーツこそ自分の家だ」と言って反発すると、ドビーは魔法を使ってダーズリー家に悪戯を仕掛けて消えてしまいました。

 

悪戯はハリーの仕業だと思った叔父は、ハリーの部屋にある窓に鉄格子をハメて、ハリーを監禁状態にしました。

そこへ親友のロンとその兄弟たちが空飛ぶ車でやって来て、鉄格子にロープを取り付けて壊し、ハリーを助けます。

 

鉄格子が壊れた衝撃で叔父たちが何事かとハリーの部屋に走って来ることを知ったハリーは、学校に必要なものを車に積み込んで、ロンたちと共にダーズリー家を抜け出しました。

新学期の準備のため、ダイアゴン横丁に訪れたハリーは、ハグリットやハーマイオニーと再開して、ホグワーツに新しく教師として赴任することになったベストセラー作家のロックハートと出会います。

猫のミセス・ノリスが石に変えられ、教師たちは動揺を隠せない

ハリーはホグワーツに向かうため、ロンとその妹のジニーを連れ、ホグワーツ特急に乗り込もうとするのですが、9と4分の3番線である入り口に入ることができず、汽車は発車してしまいます。

汽車に乗り遅れたことを知ったハリーとロンは、空飛ぶ車を駅前に停めていたことを思い出し、その車でホグワーツ特急を追いかけることにしました。

空飛ぶ車はホグワーツ特急に激突しそうになるのですが、何とかホグワーツに到着することができました。

 

空飛ぶ車を魔法族ではない一般の人間に見られてしまったことで、スネイプや管理人のアーガスから退学をほのめかされてしまいます。

しかしダンブルドアの計らいによって退学を免れた2人は、罰則だけでその場を凌ぐことができました。

 

やがてホグワーツ内で奇妙な現象が起こるようになり、フィルチの猫のミセス・ノリスが石に変えられてしまいました。

その傍の壁には「秘密の部屋は開かれたり」と書かれていて、それを見たダンブルドアと教師たちは酷く動揺します。

ハーマイオニーの手がかりによって、秘密の部屋を発見する

ある日、学校の授業で対決をすることになったハリーとマルフォイは、魔法を使って激戦を繰り広げることになります。

ハリーはマルフォイが戦いの最中に出した蛇と会話をすることで、スリザリンの末裔ではないかという噂が広まってしまいます。

 

ハリーは自分が蛇の言葉を話していたことや蛇の言葉が話せることは全く認識しておらず、猫のミセス・ノリスを石にしたのはハリーではないか、という疑いもかかってしまいました。

ハリーとロン、ハーマイオニーの3人は、不可解な現象の正体を突き止めるために行動を起こします。

 

ある日ハリーはトイレでトム・リドル日記を拾い、日記を通して50年前のホグワーツを見ることになります。

ハリーは50年前にも秘密の部屋が開かれたこと、その事件にはハグリットがかかわっていたことを知りました。

 

そのときにハリーの部屋が荒らされ、トム・リドルの日記がなくなっていることに気づきます。

そしてハーマイオニーが石に変えられてしまい、その容疑者としてハグリットの名前が上がりました。

 

容疑者として捕まえられたハグリットは牢獄のアズカバンに送られ、ダンブルドアは一連の事件の責任を負わされ、停職処分となってしまいました。

ハリーとロンはハーマイオニーが手に握りしめていた紙を元に、秘密の部屋への入り口を突き止め、書籍で勇敢な男として知られるロックハートと3人で秘密の部屋の入り口を開け、中に入っていきました。

巨大な毒蛇と対決し、ハリーが見事勝利

秘密の部屋に入り、奥へと進んでいく途中で、ロックハートは恐怖のあまりロンの杖を奪い、探索を止めさせようとします。

しかしロンの杖は折れていたため、ロックハートがハリーたちに向けて放った魔法が自分に当たり、天井に吹き飛ばされて気絶してしまいます。

 

すると、その衝撃に耐え切れなくなった天井が崩れ、ロンはハリーと一緒に秘密の部屋の奥に進むことができなくなってしまいます。

ハリーは1人で秘密の部屋を進んでいき、ジニーが横たわっている側にひざまずきました。

 

そこへトム・リドルが現れ、秘密の部屋を開けたのはジニーであることを知らされます。

トム・リドルの正体はヴォルデモート卿で、日記によって生きながらえていたのです。

それを知ったハリーは、トム・リドルが操る巨大な毒蛇に襲われます。

 

するとダンブルドアが飼っていたペットのフォックスが現れ、組み分け帽子を届けて毒蛇の目を潰してくれました。

ハリーは組み分け帽子から、グリフィンドールの剣を取り出し、巨大な毒蛇を倒すことができました。

 

ハリーが巨大な蛇を倒し、日記に毒蛇の牙で傷を付けることによりトム・リドルも消え、ジニーも目を覚まします。

地上へと戻ったハリーは、ルシウスにトム・リドルの日記を返しました。

 

日記の中には靴下が忍ばせてあり、日記はルシウスからドビーへと渡り、ドビーは雇い主から着るものを貰ったということで、晴れて自由を勝ち取りました。

すると、ドビーを取られたと思ったルシウスはハリーに手を出そうとしたのですが、ドビーは「ハリー・ポッターに手を出すな」と言って、彼を返り討ちにします。

 

ハリーがホグワーツを守ったことで学校には平穏が訪れ、ダンブルドアやハグリットたちも学校に戻ってきました。

その後ロックハートはホグワーツを去り、ハーマイオニーや石にされた人はみんな元の姿に戻りました。

映画ライター「タイリュウ」の一言

最後の巨大な毒蛇とハリーが戦っているときは、目を見れないのにどうやって攻撃するのだろうとハラハラしました。

ハリーが毒蛇から逃げているときも手に汗握りましたし、前作と違ってかなりアクション要素でドキッとした作品だと思います。

コメント