「スーパーマン4 最強の敵」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「スーパーマン4 最強の敵」のあらすじ

「スーパーマン4 最強の敵」は1987年に公開された映画です。

映画「スーパーマン」シリーズの第4作目となる作品で、クリストファー・リーヴ主演の最終作となっています。

リーヴ自らが原案に加わり、宿敵であるレックスによって生み出された最強人造人間とスーパーマンとの死闘、核廃絶のメッセージも込めて描かれています。

主な出演者

監督:シドニー・J・フューリー 出演者:クリストファー・リーヴ(スーパーマン/クラーク・ケント)、ジーン・ハックマン(レックス・ルーサー)、マーゴット・キダー(ロイス・レーン)、マリエル・ヘミングウェイ(レイシー・ウォーフィールド)、マーク・ピロー(ニュークリアマン)ほか

デイリー・プラネット社が買収される

スーパーマンの仮の姿であるクラーク・ケントは、第2の故郷であるスモールビルに戻っていました。

クラークは養父母の死後、誰もいない生家を訪れて、納屋に隠されていた故郷クリプトン星のクリスタルを取り出します。

スーパーマンの実の母・ララが遺したメッセージには、クリスタルの力を使えるのは1度切りだと言うことでした。

 

生家を売ったクラークがメトロポリスに戻ると、彼の務め先であるデイリー・プラネット社は、三流タブロイド誌の社長であるデヴィッド・ウォーフィールドによって買収されていました。

ペリー・ホワイトの代わりに、デヴィッドの娘のレイシーが新編集長に就任し、とにかく売れる記事を優先する方針へと転換します。

クラークやロイス・レーン、ジミーらは突然のことに戸惑いを隠せませんでした。

世界中の核兵器を集め、太陽に向かって投げ捨てる

その頃、刑務所に服役していたスーパーマンの永遠の宿敵であるレックス・ルーサーは、甥のレニーに協力してもらい脱獄に成功しました。

レックスとレニーは、共に打倒スーパーマンのための作戦を練り始め、博物館に展示されているスーパーマンの髪の毛を盗みます。

 

レックスは博物館から盗んだスーパーマンの髪の毛から彼のDNAを採取し、より強力なクローン人間を創ろうと目論んでいました。

一方、冷戦下のアメリカとソ連は対立を深めていて、核軍縮交渉も決裂し、世界に緊張が高まっていました。

世界を心配した1人の少年から手紙を受け取ったスーパーマンは、国連総会に出向き、壇上で核廃絶への思いを訴えます。

世界中のすべての核兵器はスーパーマンによって集められ、太陽に向けて投げ捨てられました。

スーパーマンとニュークリアマンの闘いが勃発

刑務所から脱獄したレックスは、太陽に棄てられる核兵器の中に、スーパーマンの遺伝子を仕込んでいました。

太陽に投げ捨てられた遺伝子は化学反応を起こして、ニュークリアマンとなる人造人間が誕生します。

スーパーマンを上回る圧倒的なパワーと超能力を誇るニュークリアマンは、地球に降り立ちスーパーマンに闘いを仕掛けました。

 

ニュークリアマンの爪から発せられる太陽のエネルギーと核エネルギーによって、スーパーマンは深手を負って敗れてしまいます。

このことはマスコミによって大々的に報じられ、スーパーマンに勝ったニュークリアマンはレックスの命令を聞かなくなり、レイシーに一目惚れしてしまいます。

人造人間であるニュークリアマンにも弱点があり、太陽の光が届かなくなると活動を停止してしまうというものでした。

ニュークリアマンに勝利したスーパーマン

スーパーマンが敗れたと大々的に報じられてから、スーパーマンは世間から身を隠していました。

クリプトン星のクリスタルの力を使い、復活したスーパーマンは、再びニュークリアマンに闘いを挑みます。

スーパーマンはニュークリアマンをエレベーターに閉じ込め、光を遮断して動かなくなったことを見計らい、月まで運びました。

 

しかし、僅かに差し込んだ太陽の光によってニュークリアマンが復活してしまい、月面で両者は激しい死闘を繰り広げました。

スーパーマンは苦戦に追い込まれ、地球に戻ったニュークリアマンはレイシーを人質に取って、宇宙空間に飛び立とうとしていました。

スーパーマンは自身の力で月を動かし日食状態を作り、活動を停止したニュークリアマンからレイシーを助け出します。

 

動きを止めたニュークリアマンを電子力発電所に投げ捨て、ニュークリアマンの体内のエネルギーは電力に変換されました。

その後、ペリー・ホワイトはデイリー・プラネット社の株を買い占め、再び会社を取り戻します。

逃げようとしていたレックスたちは刑務所に入れられ、スーパーマンは記者会見を行い、「平和は実現するもので、与えられるものではない」と宣言しました。

映画ライタータイリュウの一言

この映画を見たときは、何故博物館にスーパーマンの髪の毛が展示されているのか意味が分かりませんでした。

しかし、その髪の毛からスーパーマンのDNAを採取し、クローンの人造人間を創ったことで、DNAを採取する必要があり、博物館にスーパーマンの髪の毛が展示されていたことが分かりました。

構成としては多少無理があったように感じましたが、スーパーマンよりもはるかに強いニュークリアマンが誕生し、太陽の光がないところでは動けないというところが面白かったです。

スーパーマンとニュークリアマンとの闘いが見どころで、最終的に会社も取り戻せたことで安心しました。

コメント