「スーパーマン リターンズ」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「スーパーマン リターンズ」のあらすじ

「スーパーマン リターンズ」は2006年に公開された映画です。

映画「スーパーマン」シリーズの第5作目となる作品として公開されました。

この作品ではキャスト・スタッフを一新し、第2作「スーパーマンⅡ 冒険篇」の5年後を母体に、スーパーマンと宿敵であるレックスとの闘いが描かれています。

主な出演者

監督:ブライアン・シンガー 出演者:ブランドン・ラウス(クラーク・ケント/カル・エル/スーパーマン)、ケイト・ボスワース(ロイス・レイン)、ジェームズ・マースデン(リチャード・ホワイト)、トリスタン・レイク・リーブ(ジェイソン・ホワイト)、ケヴィン・スペイシー(レックス・ルーサー)ほか

5年ぶりに地球に戻ったスーパーマン

スーパーマンが生まれ故郷のクリプトン星の探索を始め、地球を離れてから5年が経過しました。

地球では、刑期を終えたスーパーマンの宿敵であるレックス・ルーサーが、臨終寸前の大富豪から全遺産を騙し取って豪華客船を手に入れていました。

豪華客船で北極にあるスーパーマンの秘密基地「孤独の砦」に向かったレックスは、クリプトン星に関する情報を全て盗み出すことに成功します。

 

その直後、スーパーマンは5年ぶりに地球に舞い降りて、地球での名前であるクラーク・ケントとして養母のマーサと再会しました。

その後、クラークは5年ぶりに新聞社の「デイリー・プラネット社」に復帰します。

かつての恋人だったロイス・レインは、新型スペースシャトルの取材のため不在にしていましたが、「何故、スーパーマンは必要ないか」という論文で、ピューリッツァ賞を受賞していました。

また彼女には既に子供がいて、近々婚約者と結婚すると言う事実を知り、衝撃を受けました。

世界各地の犯罪や紛争の解決に追われる

神の力を欲するルーサーは、クリプトンの力の源でもあるクリスタルを北極から持ち帰り、実験を試みました。

実験の最中、突然メトロポリス一帯が停電に陥り、その影響でロイスの乗ったシャトル牽引用の旅客機が墜落しかけます。

そこに5年ぶりにスーパーマンが駆け付け、乗客は無事に救助されました。

 

スーパーマンが帰還したというニュースは大々的にニュースで報じられ、その後クラークはロイスの息子のジェイソンと婚約者のリチャードに対面します。

スーパーマンが地球を離れていた5年間のあいだに犯罪が多発していて、スーパーマンは世界各地の犯罪や紛争の解決に追われました。

一方でルーサーは自然史博物館に忍び込み、スーパーマンの弱点である鉱石「クリプトナイト」を盗み出します。

暗号を見たスーパーマンとリチャードは救出に向かう

ロイスとジェイソンはルーサーに捕まってしまい、豪華客船に拉致されてしまいます。

ルーサーはクリプトンのクリスタルを海に投げて、新たな大陸を誕生させる計画を明かしました。

しかし、それはアメリカ大陸が消滅する危険性をはらんでいました。

ロイスは隙を見て、デイリー・プラネット社に機器を知らせる暗号を送りました。

 

その様子に気付いたルーサーの部下にロイスは暴行を加えられそうになりますが、ジェイソンがピアノを投げつけ部下を殺してしまいます。

そのときルーサーはクリプトナイトでコーティングされたクリスタルを海に向けて発射させ、スーパーマンとリチャードはロイスの暗号を見て、ルーサーの元に向かいます。

 

その頃ルーサーはジェイソンがスーパーマンの子供であることに気づき、ロイスと共に小部屋に隔離させてしまいます。

海に発射されたクリスタルは成長を続け、メトロポリス一帯に再び停電が起こり、大地震と地殻変動に襲われてしまいます。

スーパーマンが災害救助に向かう間、リチャードはロイスとジェイソンを救出したのですが、ルーサーは既に豪華客船から脱出していました。

スーパーマンは大きなダメージを負うも奇跡的に回復した

成長し続け巨大化したクリスタルは、ロイスとジェイソン、リチャードが乗ったまま豪華客船を押し上げ、真っ二つにへし折ってしまいました。

その時、スーパーマンが駆け付け、豪華客船に乗っていた3人を助け出します。

3人を水上セスナ機で脱出させたスーパーマンはルーサーと対決しますが、クリプトナイトの影響によって弱体化されており、海に突き落とされてしまいました。

 

海中に沈んでいくスーパーマンを救ったのは、引き返してきたロイスたちで、スーパーマンは宇宙空間に飛び立ち、太陽の光を浴びて力を復活させます。

その後、スーパーマンはクリスタルの大陸に突撃し、巨大クリスタルを宇宙空間に放り投げました。

ルーサーは命からがら脱出し、スーパーマンはクリプトナイトの影響で大きなダメージを追い地面に落ちてきて、すぐさま救急搬送されました。

 

一時は絶望的だと言われてしまった容態も奇跡的に回復し、スーパーマンはロイスの家に立ち寄ると、寝ていたジェイソンに話しかけました。

「これからお前は私の人生を見ることになる。そして私もまた、お前の人生を守り続ける」と言いました。

ロイスはスーパーマンに気づき、また会えるかと聞くとスーパーマンは「いつでも」と答え、そのまま空に向かって飛び立ちました。

映画ライタータイリュウの一言

スーパーマンは単純明快で、長い映画なのですが楽しく見ることが出来ました。

飛行機が墜落しそうになってしまうシーンはとても迫力があり、ハラハラしながらスーパーマンの活躍を見守っていました。

ロイスとクラークの恋愛シーンも面白くて、正義の味方は死んだり、やられたりしないんだなと改めて感じました。

キャストやスタッフが一新されていたことで、新鮮な気持ちで見ることができ、最後のシーンは切なそうに見えてしまいました。

コメント