「ニンジャバットマン」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「ニンジャバットマン」のあらすじ

2018年の日本映画です。

今作の「ニンジャバットマン」は、人気出版社のDCコミックスにて連載されている「バットマン」に登場するキャラクターが劇中に登場するアニメ映画です。

日本では2018年6月15日に公開しました。

今作の舞台ではバットマン達がとある事故で、戦国時代の日本へタイムスリップし、悪さを重ねていくヴィラン一味、バットマン達は日本でも戦いに身を投じて行くのです。

戦国時代を世界観に、登場人物の和風コスチュームも必見です。

主な出演

山寺宏一(バットマン)、高木渉(ジョーカー)、加隈亜衣(キャットウーマン)、釘宮理恵(ハーレイ・クイン)、子安武人(ゴリラ・グロッド)田中敦子(ポイズン・アイビー)、諏訪部順一(デスストローク)、チョー(ペンギン)、森川智之(トゥーフェイス)、三宅健太(ベイン)、梶裕貴(ロビン)河西健吾(レッドロビン)、小野大輔(ナイトウィング)、石田彰(レッドフード)、大塚芳忠(アルフレッド)

戦いの始まり

ゴッサムシティのアーカムアサイラムで、超人的な知能指数を持っていたヴィランのゴリラ・グロッドが開発した装置を巡って、バットマン&キャットウーマンとゴリラ・グロッドの戦いが、熱く繰り広げられていました。

その戦いの中で、装置が暴走してしまい、バットマンチームとヴィラン達が、吸い込まれるように次々と転移に巻き込まれてしまいます。

 

そしてバットマンは、江戸の町のような場所にいることに気がつきました。

困惑していたバットマンの所に、ジョーカーの仮面を付けた御用姿の人物たちが、バットマンを発見して捕まえようとします。

しかし戸惑いながらも、逃走しようとしている彼は煙幕を張って、グラップルガンで高所への撤退を試みます。

 

昔の日本の街並みなので高所が全く無い為、そのまま煙幕に紛れてジョーカーの御用たちから、うまく逃走します。

装備による情報探索がうまく得られないバットマンは、情報を得るために一番怪しい大きな建物の城へと向かいます。

城に侵入してみると、そこに宿敵ジョーカーがバットマンに挑戦を挑み、戦闘となります。

そしてジョーカー以外に仮面を被った兵士も襲い掛かってきて多勢無勢となってしまい、バットマンは逃走します。

アーカム城

逃走中の彼の前に、キャットウーマンことセリーナ・カイルが現れて、あの装置の暴発の後で、ヴィラン達は、戦国時代の日本に2年早くタイムスリップしていて、バットマンが居なかった日本をポイズン・アイビー、デスストローク、ペンギン、トゥーフェイス、そしてジョーカーがそれぞれの国を支配します。

 

ハーレイ・クインは、ジョーカーの側近として仕えている事を知って、現代に戻る装置が城に既にあるのを知るのでした。

バットマンの恰好のままでは目立つため、宣教師姿でセリーナと情報収集を行い、休憩で茶屋に寄っていた二人は、そこで執事のアルフレッドと合流することになります。

アルフレッドは、ブルースがいつかこの時代へ来ると信じて、バットモービルやバットウイングなどの装備を、隠れて保護していたのでした。

 

ジョーカーを倒して、ヴィラン共々元の時代へと帰ると決意したバットマンは、この装備を駆使して「アーカム城」に乗り込んで、ジョーカーをすぐに倒そうとします。

機械化された城の攻撃と、力士姿のベインの攻撃の前に返り討ちに遭います。

自爆

止めを刺される寸前で、忍者集団の蝙蝠衆と活動を共にした、ナイトウィングらのサイドキック達に救われて、彼らは飛騨へ身を寄せます。

その飛騨により、バットマンは事件の主犯のゴリラ・グロッドの招待を受けて、事件の真意を問いただして、共闘を提案します。

 

そしてジョーカーを呼び寄せる為に、ゴリラ・グロッドを囮として、バットマン達は船の上で戦いを挑んで、ジョーカーとハーレイ・クインを捉えます。

その後、本性を現したゴリラ・グロッドと、残りのヴィラン達の攻撃、さらに現代に帰還を目的としていた、キャットウーマンの裏切りによってバットマン達は敗北してしまい、ジョーカーの自爆に巻き込まれてしまいます。

 

重傷により目を覚ましたバットマンは、最新装備の無い事の焦りや失敗等で自分を見つめなおして、再起を図るべく力・武器・食料等の戦力を蓄えていきます。

ヴィラン達も、それぞれ時空転移装置獲得のため城を完成させて、富士山麓で決戦を始めます。

それをチャンスと見ていたバットマン達は、決戦に合わせて動き出して、最後の決戦に挑みます。

キング・ジョーカー

ゴリラ・グロッドが勝負を決めるために、ヴィラン達を洗脳して、所有している城を合体させて時空転移装置を起動させようとした瞬間に、ジョーカーの横やりによってキャットウーマン共々倒されてしまいます。

そして、「キング・ジョーカー」という大型のロボットを完成させて、バットマン達へ襲い掛かります。

 

危機的なところを、猿たちや蝙蝠衆の協力によって、城に乗り込む機会を得た事により、バットマンはジョーカーを倒す事に専念しました。

サイドキックは、それぞれのお城にいた各ヴィランの戦国大名を倒すために、散らばって城に侵入して各々で対決していきます。

 

そしてバットマンは、ジョーカーとアーカム城の天守閣で、日本刀の一騎打ちの勝負をして、その勝負に見事に勝利したバットマンは蝙蝠衆と別れを告げて、時空転移装置の城と共に元の時代へと戻ります。

エンドロールで、現代のゴッサムシティでゴッサム市警のゴードン本部長とブロック刑事たちに、ヴィラン達は逮捕される様子などが流れた後で、ブルースが市長との会合で、馬車のバットモービルで向かう所で幕が閉じました。

映画ライターりょうの一言

バットマンが、仲間やヴィランズとともに中世日本にタイムスリップしました。

荒唐無稽も良いところだけど、個人的に言えばありです。

映像技術に関しては、手塗りっぽいCGは違和感を感じさせずに、キャラの動きの表現の幅を広げるていて大好きでした。

ジョーカーの、常にコロコロ変わる表情は見ていて、とても楽しいです。

コメント