「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のあらすじ

2005年に公開された映画になり、「ハリー・ポッター」シリーズの第4作目にあたる作品です。

ホグワーツ魔法魔術学校の4年生になったハリーは、望まないままクィディッチの選手に選ばれます。

 
その裏には史上最悪の魔法使いヴォルデモートの謀略を感じながらも、厳しい試練に立ち向かう1年を描いた作品です。

主な出演者

監督:マイク・ニューウェル 出演者:ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)、ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)、ロバート・パティンソン(セドリック・ディゴリー)、レイフ・ファインズ(ヴォルデモート卿)ほか

ハリーは謎の夢にうなされるようになる

ハリーがホグワーツに入学してから4年が経ちました。

新学期を控えて夏休みを迎えたハリーは、謎の夢にうなされていました。

その夢は史上最悪の魔法使いヴォルデモート卿とピーター、そして謎の男がハリーの命を狙っていて、その様子を知ってしまったマグルの老人が殺害されるというものでした。

 

ハリーはハーマイオニーに起こされ、ロンを含めた3人でクィディッチの試合を観戦しに行きます。

ハリーは競技場でヴォルデモート卿の闇の印が浮かび、彼に忠誠を誓う死喰い人を目撃しました。

 

やがて新学期を迎えて4年生に進学したハリーですが、ホグワーツに闇の魔術に対する防衛術の新任教授として、マッドアイが赴任してきました。

ホグワーツではダンブルドアの宣言により、100年に1度の三大魔法学校対抗試合が開催されることになります。

三大魔法学校対抗試合に参加することになったハリー

三大魔法学校対抗試合は、ホグワーツ魔法魔術学校とダームストラング魔法専門学校、ボーバトン魔法アカデミーの3校から、それぞれ代表選手1名が選ばれて競い合うというものでした。

その試合に参加する選手の選抜方法は、立候補した生徒の中から魔法の杯である、炎のゴブレットが選手を選ぶというものでした。

 

三大魔法学校対抗試合は17歳以下は立候補できないため、ハリーの学年は参加できません。

炎のゴブレットが選んだ選手はホグワーツでも人気者のセドリックで、ダームストラングからはカリスマ性の高いクラム、ボーバトンからは美少女のフラーが選ばれます。

 

しかし炎のゴブレットは、さらに立候補していないはずのハリーを選びます。

ハリーは辞退しようとしたのですが、魔法の力に拒まれてしまい、ハリーは史上初となる4人目の代表者として対抗試合に参加することになりました。

 

ハリーは周りからひんしゅくを買い、ロンとの関係もギクシャクしてしまいます。

ハリーはマッドアイから教えてもらった呼び寄せの魔法を使って課題をクリアしていき、ロンやハーマイオニー、クラスメートの誤解を解くことができました。

課題を順調にクリアしていくハリー

第1の課題をクリアした一行は、第2の課題へ進む前にホグワーツ伝統のクリスマスパーティが行われることになり、各校の代表者は一緒に踊ってくれる人を選ばなければなりませんでした。

ハリーは意を決して初恋相手のチョウにパートナーになってくれるように頼んだのですが、既にチョウはセドリックのパートナーとなっていました。

 

ハリーは学校一の美女であるパーバティと組んでパーティーに参加することになりますが、チョウに気を取られていたことから、パーバティに愛想をつかされてしまいます。

その後、ハリーは黄金の卵の中に隠されたヒントを解き明かし、第2の課題に挑みました。

第2の課題は、「湖の深い底にある、自分にとって大切なものを時間内に取り戻す」というもので、水中の水魔に囚われたロンやフラーの妹ガブリエルを救出し、セドリックと同じく1位に並びました。

 

そして第3の課題では、巨大迷路に隠された優勝杯を探すというものでした。

巨大迷路の中には色々な仕掛けがあったのですが、何とか優勝杯の元にたどり着いたハリーとセドリックが優勝杯に手を伸ばすと、突然2人は墓地に飛ばされてしまいました。

墓地に飛ばされたハリーはヴォルデモート卿と対決

その墓地はヴォルデモート卿の父が眠る墓で、父の骨や下僕のワームテームの肉、ハリーの血を得てヴォルデモート卿は復活を遂げていました。

ハリーはセドリックを連れて脱出しようとするのですが、セドリックはワームテームに殺されてしまいます。

 

三大魔法学校対抗試合で意図的にハリーを代表に選び、ヴォルデモート卿と引き合わせたのは彼の部下のバーテミウスでした。

圧倒的な力を持つヴォルデモート卿に全く歯が立たなかったハリーでしたが、セドリックやハリーの両親などの亡くなった人たちの支えにより、何とか墓地から逃げ出すことに成功します。

 

セドリックの遺体と共に元の世界に戻ったハリーは、ヴォルデモート卿が完全に復活したことを皆に伝えました。

大会で優勝したハリーは賞金を手にするのですが、セドリックを守れなかったことでハリーの心は沈んでいます。

 

ホグワーツではセドリックの死を悼みながら閉会式が行われ、ハリーは賞金をセドリックの両親に渡そうとするのですが断られてしまい、代わりにロンの兄の「いたずら用品専門店」の開業資金として手渡しました。

学校は休みに入り、ハリーと仲間たちは再会を誓い合い、ダーズリー家に戻っていきました。

映画ライター「タイリュウ」の一言

ハリーは三大魔法学校対抗試合の課題をクリアするため、色々な方法を使って勝ち残っていく姿が感動的でした。

いきなりヴォルデモート卿が現れたときはビックリしたのですが、今後の展開がとても気になる作品でした。

コメント