「バットマン」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「バットマン」のあらすじ

1989年に公開されたアメリカの映画です。

奇才で知られているティム・バートンが仕掛ける、ダークアクション的なバットマンの劇場版です。

主演は、コメディ界で有名なマイケル キートンが見事に演じ、宿敵のジョーカーは演技派俳優のジャック・ニコルソンが演じてます。

主な出演者

マイケル・キートン(バットマン)、ジャック・ニコルソン(ジョーカー)、キム・ベイシンガー(ヴィッキー・ヴェイル)、ロバート・ウール(アレクサンダー・ノックス)、マイケル・ガフ(アルフレッド・ペニーワース)、ジェリー・ホール(アリシア・グリソム)、パット・ヒングル(ジェームズ・ゴードン市警本部長)、トレイシー・ウォルター(ボブ)、リー・ウォレス(市長)、ほか

ギャングの人生

犯罪が蔓延しているゴッサムシティに対して、市長は検事のハーヴェイ・デントと、ジェームズ・ゴードン市警本部長に、すぐに現状の打開を命じます。

そんな中で、マフィアのボスのカール・グリソムは、彼の愛人が手下のジャック・ネイピアに、とても夢中になっていることを知ります。

 

カールはある作戦を立てて、汚職警官にジャックを売り渡すことにします。

しかし、ジャックは警官に追い詰められてしまい、化学工場へ着いてみると、そこへバットマンが現れて、2人は乱闘を始めてしまいます。

戦いの末、ジャックは薬品がつまった大きなタンクの中へ落ちてしまいます。

バットマンは、会社の社長を務めている若い大富豪で、名をブルース・ウェインという社交界では有名な人物でした。

 

彼がバットマンとして活躍するきっかけとなったのは、昔両親がギャングによって殺されたことが理由です。

自分こそが正義のヒーローになって廃墟と化したゴッサムシティを守るという強い正義感を持ち、今のバットマンが生まれました。

バットマンであるブルース・ウェインは、次第に若い女性のヴィッキー・ヴェイルと仲良くなります。

ジョーカー誕生

一方、ジャックはタンクから無事に生還を果たすことになります。

ところが薬品のせいで肌は白くなってしまい、髪の毛は緑色となる異様な姿に成り果ててしまいます。

ジャックはそんな変わり果てた姿になった自分を、戒めと復讐の意味をもってジョーカーと名乗ります。

そして復讐を果たすために、マフィアのボスを殺します。

 

その後、ゴッサムシティの裏社会のボスに君臨していくのです。

ジョーカーは、ゴッサムシティで様々なテロを起こしていきました。

そして、笑いながら死ぬという、恐ろしい劇薬スミレックスを使用していきます。

 

ジョーカーはヴィッキーに対して、ゴッサムの美術館にてトラップを仕掛けて向かい打ちます。

ですがバットマンが現れて、ヴィッキーを無事に救出します。

彼らはバットマンの高性能車のバットモービルを使って、その場を後にします。

バットマンはスミレックスという薬品をヴィッキーに教え、彼女はゴッサム新聞で警告をうながします。

ジョーカーとの闘い

ブルースはヴィッキーの元を訪れて、自分こそがバットマンだと告げようと心みます。

ところが、そこにジョーカーがやってきます。

ブルースは、すぐにスーツに着替えて、なんとかしてヴィッキーを救い出します。

 

バットマンが、化学工場で争っている中、ジョーカーは約20億ドルという大金を提供することを確約します。

市民が集まってきたとみると、彼はバルーンからスミレックス薬品を噴射してしまいます。

バットマンは、自分の飛行機のバットウィングを使って、その噴射を阻止しました。

守護者

その後、ジョーカーはヴィッキーを誘拐してしまい、大聖堂の屋上へ連れていきます。

バットマンとジョーカーは対決して、バットマンは彼の脚を掴んで下に落としてしまい、ジョーカーは亡くなりました。

ゴードン市警本部長は、バットシグナルを作って空へ照射させます。

それは犯罪が起きれば、バットマンが必ず守ってくれるという意味です。

そしてヴィッキーのところに執事のアルフレッドがやって来て、彼女を車へ乗せていきました。

映画ライターりょうの一言

謎に満ちていた大金持ちのヒーローのバットマンと、マフィアの部下で薬品釜に落ちたことにより神経をやられてしまい、白い肌と不気味な笑みを手にいれた悪の代名詞ジョーカーの対決は迫力があり見事でした。

ティム・バートンは、やっぱり鬼才だなと思います。

世界観がとても独特で、細かなところにも個性的なデザインが施されていて、ほんとにすごいと思います。

ストーリーとしては、バットマンよりもジョーカーがメインで、想像と違っていました。

ヒーローでなく、悪役に目を向けたことが斬新だし、DCの映画の礎になってるような気がしました。

なんと言ってもジャック・ニコルソンの活躍でした。

こういう役を彼にやらせたら、右に出るものはいないのではないかと思います。

もう少し、バットマンを詳しく描いてほしかったです。

恋人が危険な目に逢ってたら、もう少し早く駆けつけて欲しいです。

コメント