「マイティ・ソー バトルロイヤル」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「マイティ・ソー バトルロイヤル」のあらすじ

オーディンの死と共にして、ソーの前に現れたのは死の女神のヘラでした。

彼女はソーを辺境の地へと追いやって、アスガルドを支配するため侵略を開始します。

アスガルド支配の始まりに過ぎなかったのです。

そして彼女の目的は全宇宙の支配でした。

マーベルシネマティックユニバースからの人気シリーズ「マイティ・ソー」の第3弾です。

主な出演者

クリス・ヘムズワース(ソー)、トム・ヒドルストン(ロキ)、ケイト・ブランシェット(ヘラ)、イドリス・エルバ(ヘイムダル)、ジェフ・ゴールドブラム(グランドマスター)、テッサ・トンプソン(ヴァルキリー)、カール・アーバン(スカージ)、浅野忠信(ホーガン)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ)、マーク・ラファロ(ハルク/ブルース・バナー)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)ほか

死んだオーディン

世界の終末の「ラグナロク」を引き起こそうとする魔人のスルトを倒したソーは、スルトの王冠を持って久しぶりにアスガルドへと戻りました。

その頃アスガルドでは、オーディンに化けていたロキが好き勝手に暮らしていました。

ソーは正体を見抜き、そのロキを連れてオーディンがいるという地球へと向かいます。

 

そこでソーは1人の魔術師と出会います。

ドクター・ストレンジという魔術師の男は、災いの元凶だとするソーを早くアスガルドへと戻すために、オーディンのところへと向かわせます。

年老いていたオーディンは、久しぶりに再会した息子2人に対して、言葉を残してこの世を去りました。

 

最期に言い残したのは、2人の姉の存在でした。

その姉が、アスガルドを乗っ取ろうと復活していたと言うのです。

オーディンが消えたその場所に、姉は姿を現しました。

彼女の名前はヘラと言い、彼女は死の女神でした。

バトル

ヘラは2人に対して、ひざまづくよう言い放ちました。

いきなり敵意を露わにしたヘラに、ソーは反抗してハンマーを投げますが、ヘラはそのハンマーを軽々と掴んで破壊してしまいます。

ロキがアスガルドへ虹の橋を使って帰還を命じていると、ヘラもそれに同乗してロキとソーを橋から突き落として、一人でアスガルドの地を踏み、ヘラのアスガルド進行が始まりを告げます。

 

宇宙の彼方へと飛ばされたソーは、そのまま見知らぬ惑星へと辿り着きました。

何も分からないまま、1人の少女にその身を捕獲されてしまいます。

そこはグランドマスターが統治していた、宇宙のゴミが集まる辺境の惑星でした。

ソーはその惑星の1番の目玉のバトルロイヤルへと、強制的に参加させられることになりました。

ソーをさらった謎の少女が仕えているのは、惑星の絶対的存在のグランドマスターでした。

 

そして彼の開催するバトルロイヤルで出会ったのは、ブルース・バナーのもう1つの人格のハルクでした。

ハルクとの戦いは引き分けで終わります。

ハルクが地球で消息を絶ってから約2年もの間、彼は少しの言葉を話すまでになっていました。

この2年間ハルクの姿で過ごしていた彼は、ソーとの再会で久しぶりにブルースの姿へと戻りました。

ソーは彼の力が絶対に必要だと説得します。

そして2人でアスガルドへと戻ることになりますが、ハルクとソーを逃してしまい、謎の少女が2人の捜索を始めました。

 

ソーより先にその惑星へと辿り着いていたロキも、ソーを探すことになりました。

2人を見つけた少女は、ソー達を自分の部屋へと案内します。

そこには、既に捕らえられていたロキの姿がありました。

少女の正体は、アスガルドに仕えていた戦士のヴァルキリーでした。

その正体を見抜いて、説得していたソーの後についていくことにします。

雷神としての力

ソー達はグランドマスターの後を追って、脱出を図ります。

しかし、アスガルドへと辿る着く頃には、既にヘラによる侵略が大詰めへと迎うようになっていたのです。

生き残った民を連れて逃げるヘイムダルでしたが、ヘラの率いる軍隊と巨大な獣に追われていました。

ソーは1人玉座へ行って、ヘラとの直接対決をしました。

残りのメンバーは、民を船に乗せるために軍と戦いを始めます。

軍の多さや、ヘラの強さにソーは押され始めていました。

 

ヘラの強力な強さはアスガルドそのもので、彼女がここにいる限り、日に日にどんどんと強くなっていきました。

ソーも神の1人で、戦いの中で亡き父のオーディンの幻を見て、ハンマーは彼の力を制御していたことを悟ります。

その瞬間、ソーは本来の力に覚醒しました。

雷を自由自在に操る、雷神としての強い力をです。

故郷へ戻る

雷の力を持っていても、なかなかヘラを倒すことはできませんでした。

そしてソーは、あることを思いつきます。

魔人の力を使うということでした。

アスガルドを滅ぼそうとする魔人のスルトは、王冠に火を灯すと、城よりも巨大な魔人が蘇ったのです。

 

そしてアスガルドを次々と粉砕していき、国を全て壊してしまいます。

ヘラは、スルトを止めようとします。

その隙に、ソーは民達とその場を離れることができました。

アスガルドは崩れ去ることになり、ヘラも自身の身を滅ぼしたのです。

ソーの故郷は完全に失われてしまいました。

 

しかし、アスガルドに本当に必要なのは国ではなく民でした。

これが最善の策で、王と民は確実に生きているのです。

そして故郷を失くしてしまった船は、ある場所へと向けて航路を進んでいきます。

その場所は地球でした。

映画ライターりょうの一言

MCU作品の初の、コメディー映画だと言い切れるくらいに、ずっと笑いっぱなしでした。

ソーの最初の登場シーンからが面白いです。

内容は、今までのマイティ・ソーとそのまま繋がっているのに、ギャグやらキャラクター同士の掛け合いが、笑いを堪えるのが難しいくらいに面白いです。

クライマックスで流れる移民の歌が、とてもしびれました。

タイカ・ワイティティ監督の世界観にうまく引き込まれて、とにかく興奮の連続でした。

あまりに面白くて、とても格好よかったので何度も観たくなります。

こんな面白い映画が、もっとMCUで増えればいいのにと強く思いました。

コメント