「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」のあらすじ

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」は、2016年に公開された映画になり、DCコミックスの「ジャスティンリーグ」を原作としています。

バットマンとスーパーマンという2大スターの対決と、その裏に隠された陰謀、もう1人のスーパーヒーロー「ワンダーウーマン」の登場を壮大なスケールで描いています。

主な出演者

監督:ザック・スナイダー 出演:ベン・アフレック(ブルース・ウェイン/バットマン)、ヘンリー・カヴィル(クラーク・ケント/スーパーマン)、ジェシー・アイゼンバーグ(レックス・ルーサー)、ジェレミー・アイアンズ(アルフレッド)、ガル・ガドット(ワンダーウーマン)ほか

ブルース・ウェインの会社では多くの社員が犠牲になった

2013年、大都会のメトロポリスでスーパーマンとゾッドが壮絶な死闘を展開し、2人の戦いは市街地を巻き込み大きな被害が出ました。

ゴッサムシティの大富豪であるブルース・ウェインは、自らの会社のビルが戦いによって崩壊し、多くの社員が犠牲になるのを目の当たりにします。

ブルース・ウェインは正体を隠していますが、本当はヒーローとして活躍している人物で、彼のヒーローネームは「バットマン」でした。

 

バットマンは、主にゴッサム・シティで生じる犯罪を何度も食い止めてきた、ベテランのヒーローです。

ブルース・ウェインは幼少期、自分の両親を殺害されたことをきっかけに、悪に対して強い嫌悪感を持つようになりました。

そして父の会社を継ぎ、金と名声を手に入れたブルース・ウェインは、スーパースーツやヒーローアイテムを開発して、人間でありながら約20年に渡って第一線で活躍してきました。

クラーク・ケントは人間に紛争した宇宙人

スーパーマンも普段は普通の人間に紛れ、生活をしている顔がありました。

普段のスーパーマンはクラーク・ケントとして、新聞社である「デイリー・プラネット社」に努めていました。

クラークは実は人間ではなくクリプトン星から来た宇宙人で、これまで上手く人々に紛れて生活をしていました。

 

日々事件や事故現場に登場して人を救っていますが、スーパーマンに対して悪い運動が起こり始めます。

政府は近年スーパーマンとヴィランの戦いで生じた街への影響を、スーパーマンに責任を取ってもらおうとして、公聴会でスーパーマンに問おうとしていました。

ある意味、スーパーマンの活躍を行政が制御しようとしていたのです。

レックスはスーパーマンを陥れるため、爆弾を起動させる

そんな時に現れたのが、レックス・コーポという大会社を率いているレックス・ルーサーという男でした。

レックスはスーパーマンの力を弱体化させる方法として、クリプトナイトという鉱石を提示して政府に接近します。

レックスはこの鉱石を使えば、クリプトン人の力を弱めることが出来ると言いました。

 

一方のブルースは部下の命を失った件から、スーパーマンに対して危険意志を持っていて、ブルースはレックスに対し、少々引っかかる部分もありました。

ブルースは、自分がバットマンとして以前に逮捕したヴィラン集団とレックスにつながりがあるのではないか、と考えていました。

 

ヴィランの手にスーパーマンの力をコントロールできる鉱石があると、平和は脅かされてしまうということから、ブルースは自分でその鉱石を保管しようとして、レックスが主催したパーティに忍び込みます。

そこでクラークは秘密の交信をしているブルースの動きを知り、彼がバットマンであることを知ります。

さらにその場には不思議な女性も紛れていて、ブルースの仕掛けた装置を彼女が奪ったことから、疑念が湧きます。

 

レックスはスーパーマンを陥れようと計画しており、以前の戦いの中で被害を負った者を巧みに誘導して、遂にスーパーマンを公聴会に招くことに成功します。

全米に報道されている中にスーパーマンが公聴会に現れますが、レックスは事前に仕掛けていた爆弾を起動させ、その場にいたスーパーマン以外の人間を殺してしまいました。

レックスとの戦いで力尽きてしまうスーパーマン

爆弾が爆発し自分以外の人間が大勢なくなってしまったことで、さらに立場が悪化してしまったスーパーマンに、更なる試練が襲い掛かります。

レックスがスーパーマンの恋人であるロイスの育ての親・マーサを拉致しました。

2人を解放する条件として、スーパーマンが提案されたのはバットマンを倒すことでした。

しかし、生まれつきの超人であるスーパーマンに対し、バットマンはスーツやアイテムでヒーローを行っている謂わば常人でした。

 

そんな2人の戦いは一方的にも思えたのですが、バットマンがレックスの会社から奪ったクリプトナイトを使用したため、戦いは互角のものとなりました。

あと少しでスーパーマンを殺せるところまで追い込み、バットマンはとどめを刺そうとしましたが、その寸前で「マーサが死ぬ」という発言を聞き驚きます。

マーサはブルースの母親の名前でもあり、ロイスが駆けつけ、スーパーマンが母親を救おうとしていることを知りました。

 

スーパーマンが抱えている問題を知ったバットマンは、共にレックス撃退のため手を組むことにします。

レックスはゾッドの死体を用いて最終兵器を作り出し、ドゥームズデイを彼らの元に放ちました。

バットマンはスーパーマンの母を救いに行き、スーパーマンはドゥームズデイに立ち向かいます。

マーサを救ったバットマンも駆け付けますが、スーパーマンの力では敵いませんでした。

 

圧倒的な力を振るうドゥームズデイに苦戦を強いられる2人でしたが、そこに更なるヒーローのワンダーウーマンが助っ人として現れます。

そんな中でスーパーマンはバットマンが用意していたクリプトナイトの槍を持ち、ドゥームズデイに突き刺します。

弱体化しながらもスーパーマンはドゥームズデイにとどめを刺せたのですが、結果的に相打ちとなってしまい、スーパーマンもその場に力尽きてしまいます。

 

スーパーマンの国葬が行われることになり、同じく故郷のスモールビルでは、クラークの葬式が行われていました。

ワンダーウーマンとバットマンは、これから待ち受けるであろう試練を乗り越えるため、更なる超人たちを探し出すため共闘をします。

刑務所に送られたレックスの前にバットマンが現れ、「お前が行くのはアーサムアカイラムだ」と凶悪な怪人たちが収容されている刑務所の名を告げ、去っていきました。

映画ライタータイリュウの一言

この作品はマーベルの中でも結構好きな作品で、バットマンやスーパーマン、ワンダーウーマンなど色んなヒーローが出てくるところが気に入っています。

スーパーマンが登場したことで、自身の正義感が揺らいでしまうバットマンの姿や、犯罪を抑制するバットマンに疑問を抱いていたスーパーマンが互いに正義をかけて戦うシーンは、とても迫力がありました。

スーパーマンは死んでしまいますが、ジャスティスの誕生というサブタイトルにある通り、次回作のジャスティス・リーグへ繋がる物語であることが分かります。

コメント