「劇場版 機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「劇場版 機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer」のあらすじ

「劇場版 機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer」は、2010年に公開された映画で、テレビ番組として2期、通算1年間に渡って放送された「機動戦士ガンダム00」の完結編となっています。

アニメの中では「来るべき対話」というセリフが何度も出るのですが、擬態的な内容については描かれていませんでした。

本編ではガンダム史上初めて、人類以外の宇宙からの脅威によって地球が危機を迎えることになり、来るべき対話とは何かが解き明かされるストーリーとなっています。

主な出演者

監督:水島精二 声の出演:宮野真守(刹那・F・セイエイ)、三木眞一郎(ロックオン・ストラトス)、吉野裕行(アレルヤ・ハプティズム)、神谷浩史(ティエリア・アーデ)、恒松あゆみ(マリナ・イスマイール)、磯部勉(イオリア・シュヘンベルグ)、古谷徹(E・A・レイ)ほか

刹那は昏睡状態に陥ってしまう

ある日、宇宙から謎の物質が飛来してきました。

正体の分からないその物質は、人間と融合をしたり、車両などに影響を与え事故が頻発します。

地球外生命体と思われるその物質は、大群で地球へと迫ってきているようで、地球連邦政府はELSと名付けます。

ELSは地球の兵器と融合をすることで、進化を遂げようとしていました。

 

GN粒子と呼ばれていた特殊粒子散布化によって、他者との高い意識共有能力を持っている「イノベーター」として、新たな人類へと進化していた刹那・F・セイエイは、戦闘中にELSとの対話を試みました。

しかし、逆に脳に激しいダメージを負うことになり、対話に失敗したうえ昏睡状態に陥ってしまいます。

刹那の搭乗機であるダブルオーライザーもこの戦闘で失い、月付近くまで接近したELSの大群に対し、地球連邦軍は残存勢力を結集させて、絶対防衛線を築いて排除しようとしました。

 

ですが段々とELSに圧倒されていき、刹那は意識が戻らない中で、地上や宇宙で必死に地球を守ろうとする仲間や連邦軍、民間人の姿を見たのでした。

そして過去の戦闘で命を落としてしまった懐かしい人々の姿が浮かび、彼らは刹那を励まします。

刹那は援護してもらい、再びELSとの対話を試みる

刹那は重症を負いながらも、奇跡的に回復し目覚めました。

最終調整が完了したばかりのダブルオークアンタに搭乗した刹那は、戦線に復帰します。

ダブルオークアンタは、GN粒子による意識共有空間の形成能力にも優れており、相互いが理解し合うことで戦闘を止めさせる目的として作られた機体でした。

 

再びELSとの対話を試みた刹那を、ソレスタルビーイングや連邦軍が援護し、周りの進路を確保します。

ダブルオークアンタはたくさんのELSからの攻撃をかわしつつ、月と同じ大きさを持つ大型のELSの中枢へと進入することに成功しました。

刹那は対話を始めたのですが、前回と同様に彼には激しいダメージが襲い掛かりました。

それはたくさんのELSたちの叫びだったのですが、刹那はその中からELSの真意を見つけることになります。

地球とELSの誤解から始まった争いが終わる

地球から遠く離れた宇宙にあるELSたちの母星は終末期を迎え、恒星の大爆発によって宇宙に浮かぶ星となりました。

そのままでは生涯を終えてしまうということで、新たに生きられる場所を探すために、ELSたちは方舟の役目となる大型のELSを作って母星を離れ、旅に出たときに地球の存在を知りました。

 

地球人の身体とELSの融合は、地球側は浸食と解釈していたのですが、ELS側は他者と相互理解する方法でした。

ELS側に侵略する意思はなったく無く、地球側との共存を望んでいました。

ELSの真意を知った刹那は、さらに互いが分かり合うため、ELSたちの母星に向かうことを決め、テレポートを使って旅立ちます。

 

すると月近くに発展していたELSの大群が一つに集結し、宇宙空間に大きな黄色い花を象りました。

それは刹那が過去に手にしていた、彼の記憶の中に鮮明に残っている花に似たものでした。

地球とELSとの誤解から始まった争いは、こうして終わりを告げます。

刹那とマリナは対話でわかりあう

ELSとの戦いから50年が経過していた地球では、いよいよ「外宇宙」へと人類が旅に出る瞬間を迎えていました。

専用の宇宙船のクルーは従来の人類よりも寿命が長く、相互理解能力のあるイノベーターたちで構成されています。

その頃、地球上のある場所にはオルガンの音が響いていて、それを弾いていたのはマリナ・イスマイールという老女でした。

 

彼女は戦いを世界からなくしたいという気持ちを持っており、刹那と同じだったのですが手法が違いました。

マリナは対話で、刹那は武力で戦いを世界からなくしたいと考えていました。

刹那は自分と正反対のマリナに感化される部分があり、戦いを止めさせるガンダム、ダブルオークアンタの建造に繋がりました。

 

マリナは目を患っていて何も見えない状態だったのですが、自分の名を呼ぶ刹那に気づきました。

二人は手を取り合い、互いの信条を尊敬する言葉を掛け合った後、「俺たちは、私たちは、わかりあえた」と言って抱擁し、花畑に降り立ったダブルオークアンタの全身は色とりどりの花に包まれていきました。

映画ライタータイリュウの一言

機動戦士ガンダム00の完結編ということでこの映画を見たのですが、設定や内容をあらかじめ把握していたこともあり、とても面白かったです。

最終的な印象としてはいろんな人が犠牲になったが、最後マリナと刹那がわかりあうことが出来たとあり、わかりあえれば犠牲は仕方ないと思っていたのかと感じました。

映画の前半で刹那は昏睡状態に陥ってしまったのですが、最終的には刹那が戻ってくるところはビックリしました。

個人的には、完結篇としてふさわしい作品でしたし、迫力や世界観も素晴らしかったのではないかと思います。

コメント