「船を編む」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

ヒューマンドラマ

「船を編む」のあらすじ

三浦しをんの同名小説を原作とした、2013年の映画です。

出版社の営業部員・馬締は営業は全くダメでしたが、言語センスが独特で優れているため、スカウトされて辞書編集部へ異動することになります。

馬締をはじめとした辞書編集部の仲間たちと、新しい国語辞典の「大渡海」の編集作業に没頭し、そのなかで恋や仕事に向き合い、成長していく姿を描いた物語です。

主な出演者

監督:石井裕也 出演:松田龍平(馬締光也)、宮崎あおい(林香具矢)、オダギリジョー(西岡正志)、黒木華(岸辺みどり)、渡辺美佐子(タケ)ほか

辞書編集部へスカウトされる馬締

1995年、出版社玄武書房の辞書編集部は、「大渡海」という辞書を作成していました。

しかし、編集者の一人の荒木は、辞書の監修者で国語学者の松本の右腕ですが、定年ということもあり退職をしようと考えていました。

他には、若手の西岡しかいないので、荒木に代わる編集者を探さなければいけませんでした。

編集に相応しい人間を他部署に探しに本社ビルに行くと、宣伝部の馬締光也という若手社員を見つけました。

 

荒木と西岡は右という言葉を説明してみるように言うと、馬締は「西を向いたとき北に当たる方」と答えました。

その答えを聞き、馬締の直感的な言語センスを見出して、辞書編集部へスカウトしました。

辞書編集部へ異動した馬締は、松本から新たな辞書の内容を聞きます。

「大渡海」は従来の辞書とは違い、若者言葉なども集めて載せていきたいと考えていると聞き、馬締は出てきた言葉の一つ一つの言葉の意味を考えていました。

馬締の初めての恋。恋とはなんなのか

編集部では、日々の生活の中で言葉を集める作業を行っていました。

途中参加の馬締も、辞書作りの作業に没頭していきます。

馬締は、早雲荘という下宿で暮らしています。

宿主のタケが高齢のため、心配になり同居を始めた板前修業中の香具矢と出会います。

 

香具矢はタケの孫で、「梅の実」というところで働いています。

初めて恋をした馬締は西岡にアドバイスを貰い恋文を書きますが、古文書のような形になってしまい驚かれます。

しかし西岡は背中を押し、この手紙を渡すように言います。

香具矢は恋文を受取りますが、それを読めず大将に代読してもらいます。

 

そして内容を知りますが、あまりの恥ずかしさに直接、馬締に大事なことは口で伝えるように言います。

馬締はしっかり「好きです」と言葉にしたことで、2人は付き合うことになりました。

「恋」の語釈を任されていた馬締は、ついに初恋を実らせ、「恋」について自分の言葉で表現することに成功しました。

辞書作りへの熱い思いが広がる

コスト削減のために「大渡海」の出版を上層部が取りやめるかもしれない、という噂が回ってきました。

馬締の熱い気持ちに押され、西岡と2人で局長に直訴します。

続行の代わりに条件を出されましたが、「大渡海」を続けることができました。

しかし、西岡は人手不足の宣伝部に異動になってしまいます。

 

馬締は西岡と西岡の彼女の麗美を下宿の部屋に招き、西岡が辞めることをとても残念だと話します。

西岡はその言葉を聞き、涙を流し、酒の勢いもあって彼女にプロポーズをして、2人は結婚することになりました。

2008年になると、馬締は主任に昇格していました。

 

仲間も新たに増え、ファッション雑誌の担当から異動になったみどり、嘱託社員として戻ってきた荒木を加え、日々辞書作りに励んでいました。

初めは、辞書作りに乗り気ではなかったみどりも、次第に辞書作りの楽しさに夢中になって仕事にのめり込みます。

 

さらに翌年、アルバイトを大量に雇い、辞書作りもラストスパートをかけていました。
しかし、ミスが発覚します。

発売ギリギリだったため、アルバイトと馬締は泊まり込みで作業を行い、なんとか発売に間に合わせることができました。

念願の大渡海の完成

「大渡海」の出版を見ることができないまま、食道ガンで松本はこの世を去りました。

松本に完成した「大渡海」を見せるために頑張ってきた馬締は、残念に思います。

「大渡海」発売記念パーティーが盛大に開かれたのですが、松本への未練で馬締の心は晴れませんでした。

 

そこで荒木は、馬締に松本から預かっていた手紙を見せます。

そこには辞書作りの完成を見届けられなかった謝罪と、荒木と馬締への感謝の言葉がつづられていました。

 

後日、香具矢と馬締は松本の家に線香をあげに訪れます。

墓参りを終え、海辺で海を眺めながら香具矢に「これからもよろしくお願いします」と、感謝の気持ちを伝えたのでした。

映画ライターsakuraの感想

1つのことに熱中して、人が成長していく物語は素敵だと思います。

西岡や馬締は居場所が変われば、見違えるほど活躍していたのを見て、適材適所は大事なことだと感じました。

辞書作りの現場を舞台にしたストーリーは初めてみたのですごく面白いし、こんなにも長い年月がかかって作られるんだなと感動しました。

コメント