「機動戦士ガンダムUC episode1「ユニコーンの日」」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「機動戦士ガンダムUC episode1「ユニコーンの日」」のあらすじ

「機動戦士ガンダムUC episode1「ユニコーンの日」」は、2010年に公開された映画です。

この作品は、福井晴敏原作の機動戦士ガンダム「宇宙シリーズ」の物語を全7話でアニメ化したうちの第1話となっています。

「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」から3年が経過した宇宙世紀0096年、開かれると地球連邦政府が滅びると言われる「ラプラスの箱」を巡って、地球連邦軍とネオジオンの争いに巻き込まれていくストーリーです。

主な出演者

監督:古橋一浩 声優:バナージ・リンクス(内山昂輝)、オードリー・バーン(藤村歩)、マリーダ・クルス(甲斐田裕子)、サイアム・ビスト(永井一郎)、カーディアス・ビスト(菅生隆之)、スベロア・ジンネマン(手塚秀彰)

ラプラスの箱でビスト財団は一大勢力と化す

宇宙世紀0001年、西暦から宇宙世紀に改暦された直後、宇宙ステーションの首相官邸「ラプラス」がテロリストに破壊されました。

テロリストの一員であったサイアム・ビストは、乗っていた宇宙船が口封じのために破壊され、宇宙に投げ出されてしまうのですが、奇跡的に生き残ることが出来ました。

 

そしてサイアム・ビストはラプラスの残骸の中から、あるものを発見しました。

それは開かれると連邦政府が滅びるという「ラプラスの箱」で、サイアム・ビストはラプラスの箱を利用して、連邦政府に大きな影響力を持つことになります。

結果、サイアム・ビストが起こしたビスト財団は一大勢力となりました。

転落した少女を助けたバナージ・リンクス

時が過ぎ、宇宙世紀0096年を迎えたある日、「袖付き」と呼ばれるネオジオン軍の偽装貨物船が、ビスト財団の施設であるサイド4の工場コロニー「インダストリアル7」に到着しました。

ネオジオン軍はラプラスの箱を、ビスト財団から譲り受ける目的がありました。

 

実はガランシェールには、1人の少女が密航していました。

少女はガランシェールから抜け出た後、誤って転落してしまいます。

なすすべがなく、コロニーの地表に向かって落下していった少女は、偶然近くにいたバナージ・リンクスに助けられ、無事に着地することが出来ました。

バナージは入館を拒否される

少女はバナージにビスト財団の施設へ案内してほしいと言って、道案内をお願いします。

バナージは最初困惑したのですが、少女が戦争を止めるためだと言ったため、バナージは道案内をすることにしました。

少女は自らを「オードリー・バーン」と名乗り、ビスト財団の施設へ向かう途中で、「袖付き」の妨害もあったのですが、2人は無事にビスト財団の施設に到着しました。

 

ビスト財団の施設に着いてオードリーは迎え入れられたものの、バナージは入館を拒否されることになり、何もできずに帰途につきました。

一方の「袖付き」であるスベロア・ジンネマンたちは、ビスト財団の当主であるカーディアス・ビストと、「ラプラスの箱」の譲渡しについて交渉していました。

そこへビスト財団とネオジオンの接触の情報を入手した地球連邦軍が現れます。

地球連邦軍はインダストリアル7内に侵入し、攻撃を開始したため「ラプラスの箱」を譲渡しについての交渉は決裂してしまいました。

バナージはモビルスーツの格納庫に迷い込む

インダストリアル7内に侵入した地球連邦軍とネオジオン軍の戦闘により、施設内は凄惨な戦場と化しました。

バナージは避難するうちに、モビルスーツの格納庫に迷い込んでしまい、そこで白いモビルスーツと出会います。

 

その時、モビルスーツのコックピットにいたのは、「ラプラスの箱」の譲渡しに反対していた息子のアルベルトに銃撃されたカーディアスでした。

カーディアスはバナージの実の父親で、モビルスーツを起動させるため、バナージを白いモビルスーツに認識させると、力尽きるようにコックピットから離れ、爆炎に飲み込まれてしまいました。

 

バナージはモビルスーツを起動させ、ネオジオンのマリーダ・クルスが操っているモビルスーツを、強引にコロニーの外に押し出しました。

そのとき、白いモビルスーツは変形をして、モビルスーツ「ユニコーンガンダム」が真の姿を現しました。

映画ライタータイリュウの一言

機動戦士ガンダムは男性が好きなイメージがありました。

この作品を機にガンダムを初めて見てみることにしたのですが、機動戦士ガンダムUC episode1「ユニコーンの日」は、1stガンダム世代もハマるほど楽しめる作品だと思いました。

今までは、アニメや映画の機動戦士ガンダムを見ようとも思わなかったのですが、実際に映画を見ると迫力や世界観が凄くて、皆がハマる理由が分かりました。

映画1本あたりの時間も短くて、短編映画のようになっているところも気に入りました。

空き時間がそんなになくても気軽に見られて、2話分見ても2時間くらいで終わるので、長い時間見られるときに全話を一気見したいと思っています。

作品としては描写が細かい部分まで書かれていて、丁寧な作りとなっているところも男性ファンを魅了している理由だと分かりました。

全話を見てラプラスの箱の謎解きをしながら、全作品を楽しく拝見したいと思っています。

コメント