「白い巨塔」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

ヒューマンドラマ

「白い巨塔」のあらすじ

「白い巨塔」は1966年に公開された映画です。

山崎豊子の同名小説のストーリーの前半部分を映画化した作品です。

この映画の後、テレビドラマにて続編・リメイク版が制作され、大反響を巻き起こしました。

本編は、食道癌手術の権威にして野心家の主人公と、その終生のライバルを軸に大学医学部内の権力争いや誤診を巡り、熾烈な駆け引きが展開されるストーリーとなっています。

主な出演者

監督:山本薩夫 出演者:田宮二郎(財前五郎)、田村高廣(里見脩二)、小川真由美(花森ケイ子)、東野英治郎(東貞蔵)、小沢栄太郎(鵜飼雅行)、船越英二(菊川昇)、滝沢修(船尾厳)ほか

大学医学部では財前を快く思わないものもいた

浪速大学医学部の助教授である財前五郎は、非常に優秀な外科医として食道癌の手術に関しては優れた技術を持っていました。

彼は将来、時期教授の座は確実視されていたのですが、傲岸不遜な人格で名誉欲や権力欲の強さ、勘に頼るところや独自の手術方法などを快く思わないものもいました。

 

財前の上司である東貞蔵教授は、明らかに財前を嫌っていました。

財前は岡山県の貧しい農家に生まれ、母のきぬの手で医学部まで進み、財前産婦人科病院の院長である財前又一に見出され、その娘の杏子と結婚して婿養子となり、又一の権力によって助教授の座まで上り詰めていました。

財前は東教授の後任を狙い教授選に立候補する

財前はかねてから教授と助教授の間に、大きな格差があることを痛感していました。

財前は定年退職を間近に控えた東教授の後任を狙い、入念な裏工作を展開していました。

また、又一から教授選挙戦のバックアップの確約を得た財前は、医学部長である鶴飼雅行に高価な絵を贈って、味方につけることに成功しました。

 

一方、定年後も自身の影響力を誇示しておきたい東教授は、外部から後任の教授を招こうと密かに計画していました。

東教授は自身の出身校である、東都大学の系列である金沢大学医学部の教授・菊川昇に目を付け、娘の佐枝子と結婚させて味方に取り込もうとしていました。

教授選は財前や菊川の他に、第三の勢力拡大を思う整形外科の野坂教授の推薦で、徳島大学教授である葛西を含め、3人が立候補することになります。

財前はあらゆる手段を使い、教授選で勝利を収める

教授選を間近に控えたある日、財前は同期である清廉潔白な助教授の里見脩二から、胃がんの疑いがある佐々木庸平という患者の診察を依頼されました。

診察の結果、まぎれもなく胃癌で、財前の執刀により手術が行われることになります。

 

しかし、里見はレントゲン写真で佐々木の肺に影があることを発見しました。

里見は断層写真を撮るように財前に言ったのですが、財前はそれを却下して、胃癌の手術が行われ無事手術は成功しました。

佐々木の容態は術後も改善せず、悪化していくばかりです。

 

教授選の準備に追われていた財前は、まともに佐々木の容態を見ることもせず、佐々木は死亡してしまいます。

やがて様々な思惑が飛び交う中で教授選が行われ、財前と菊川の2人により、決戦投票までもつれ込みます。

財前は買収や脅迫などあらゆる手段を使い、決選投票では僅か2票の差で財前が勝利しました。

佐々木の遺族は財前に誤診があったとして訴訟を起こす

教授選の決選投票の結果、ついに悲願の教授の座にまで上り詰めた財前は、人生の絶頂期を迎えていました。

それから間もなくして、先日亡くなった佐々木の遺族が病院に現れ、浪速大学側に誤診があったのではないかと主張します。

浪速大学側は誤診はなかったと述べるのですが、佐々木の遺族は納得がいかないようで、財前を相手に訴訟を起こすことにしました。

 

マスコミがこの事件に注目する中、財前は老錬な弁護士・河野に弁護を依頼します。

一方で、財前は手術関係者に説得工作を行い、自分に有利な証言をさせるように仕向けていました。

遺族側も正義感あふれる関口弁護士を立て、里見も医学的観点から財前が断層写真を撮って調べなかったことなどで遺族側につきました。

 

それからしばらくして裁判の結果が出され、癌医療の権威を味方につけた財前が訴訟に勝利しました。

財前に不利な証言をした里見は、外部の病院の教授へ左遷されることになります。

里見は浪速大学を退職し、浪速大学には財前の敵となる人は誰1人としていなくなりました。

財前は「白い巨塔」を、傲慢な表情で歩いていきました。

映画ライタータイリュウの一言

医者というものは人の命を助けたいという思いからなる人が多いですが、教授の座を得て自分の地位を確立するために、患者を見殺しにすることもあるのか、疑問に感じました。

教授になりたいと思う前に、医師だということを忘れなければ、今回のような事件は起こらなかったと思います。

病院側に誤診があったとしても、周りで自分に有利な証言をさせ、病院や医師を守ることが当たり前になっていくことに腹立たしさすら感じます。

人間の命はそんなに軽いものではないし、遺族の気持ちを汲み取り病院や医師を守るよりも、患者や遺族のことを考えられる、人間味のある医師が増えて欲しいと思わせる映画です。

コメント