「蜩ノ記」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

ヒューマンドラマ

「蜩ノ記」のあらすじ

舞台は江戸時代、ある事件を起こしてしまった一人の男が、10年後に切腹と家譜の編纂を命じられてしまいます。

しかし、そんな男の前に若い侍が現れます。

10年後に切腹を迫られた男の運命と、若い侍との出会いを機に事件の真相に迫るハラハラする時代劇です。

男はどうなってしまうのか、若侍はこの男の家族と接するようになり、ある真相が見えてくるのでした。

主な出演者

監督:小泉堯史 出演者:役所広司(戸田秋谷)、岡田准一(壇野庄三郎)、堀北真希(戸田薫)、原田美枝子(戸田織江)、寺島しのぶ(松吟院)ほか

檀野庄三郎は切腹を免れ、戸田秋谷の監視を命じられる

舞台は江戸時代の豊後、羽根(うね)藩、潘土の檀野庄三郎(だんのしょうざぶろう)は、城内で刀傷沙汰を起こしてしまいます。

その相手は、家老である中根兵右衛門の甥っこである水上慎吾でした。

喧嘩両成敗ということで、本来ならば切腹するのが当然でした。

 

しかし、家老の温情により、幸いにも喧嘩はなかったことにされます。

その代わり、庄三郎は家老の命令により向村に幽閉されている戸田秋谷の監視を命じられるのでした。

万が一、秋谷が逃げ出すようなことがあれば、妻子ともども始末しなければなりません。

秋谷は7年前、藩主の側室と不義密通の罪により、10年後に切腹を命じられていました。

 

そして切腹までわずか3年で、家譜の編纂をしなければなりませんでした。

しかし、庄三郎が見たものはのどかで自然豊かな村で素朴に暮らし、人々から慕われる清兼で真摯な秋谷の姿でした。

そんな秋谷と共に生きる妻の織江と娘の薫、息子である郁太郎は健気に生きていました。

庄三郎は秋谷と過ごすうちに彼の人柄に惹かれていく

庄三郎は家譜の編纂を手伝いながら、秋谷と共に過ごします。

秋谷の妻の織江は、娘である薫の支えを受けながら、村の人々に内職を教えていました。

また郁太郎は、父秋谷のような立派な侍を目指し、日々奮闘していました。

庄三郎は秋谷と一緒に過ごすうちに、秋谷の人柄に惹かれていくのでした。

 

秋谷は、村の農民とも身分の違いに関わらず、分け隔てなく平等に接します。

郁太郎は、百姓の息子でる源吉と友情を育んでいました。

そして庄三郎はというと、秋谷の娘の薫と互いに思いを寄せる仲になるのでした。

そんな秋谷一家の様子を見ながら、庄三郎は秋谷がどうしても事件を起こした人物とは考えられなくなります。

 

秋谷が書いていた日記の「蜩ノ記(ひぐらしのき)」には、前の藩主の言葉の通り、事実のまま書き留められていました。

それでも信じられなかった庄三郎は、調査に乗り出します。

すると秋谷は、実は側室と不義密通などはしていなかったことが明らかになります。

秋谷が不義密通などの罪を着せられてしまった本当の理由

庄三郎が調査を進めると、だんだんとその事実が明かになっていきました。

まず秋谷が側室と不義密通をしていなかったこと、そして当時側室だった二人の「お由の方」と「お美代の方」という側室が関係していることがわかったのです。

 

中根兵右衛門は、商売人の娘である「お美代の方」を正室に後押ししていました。

しかし、お美代の方は血縁関係をごまかし、潘内の権力を手に入れようとしていました。

その時に手を組んだのが、中根兵右衛門の父だったのです。

一方、秋谷が切り捨てた小性は、秋谷への嫌がらせのために秋谷へ想いを寄せていた、「お由の方」を正室にと後押ししていました。

 

しかし、お美代の方が立場が有利だと知ると危うくなってしまうため、「お由の方」の側室を襲撃したのでした。

当時、毒殺されかけていた幼馴染の「お由の方」を守るために秋谷は潘邸外にいたのですが、お由の方と一夜を過ごしたと疑われてしまったのです。

これによって秋谷だけが疑われ、罪を着せられてしまったのでした。

秋谷は無罪にもかかわらず、自分の命よりも二人の命を選ぶ

事件の真相が発覚するのを恐れた中根は、秋谷が百姓とつるんで一揆を企んでいるなどと言いがかりをつけ、何の罪もない郁太郎の親友である百姓の息子が殺されてしまいます。

親友を殺された恨みをはらすため、復讐に向かう郁太郎は庄三郎と共に中根の屋敷へと向かうのでした。

郁太郎は中根を一泡ふかせますが、その場で二人は捕らえられてしまいます。

 

この事件を受けた秋谷は、水上慎吾から「お美代の方の御由緒を渡せば、二人をかえし、秋谷の助命を願い出る」と言われます。

しかし秋谷は幽閉を破り、二人を引き取りに向かうのでした。

最後、秋谷は自らの助命を願うのではなく一揆を納めるために、切腹の道を選ぶのでした。

 

妻、織江に「良き夫婦だった」と言い残して秋谷は去ります。

そして庄三郎と薫の結婚、郁太郎の成人を無事に見届けてから秋谷は自らの命を絶ち、切腹するのでした。

庄三郎は義理の弟となった郁太郎に、いつの日か必ず中根を超えてみせる、と協力を頼むのでした。

映画ライターMRMの一言

秋谷は無実なのに罪をきせられてしまい、そのまま切腹してしまう点がとてもやるせない気持ちになりました。

秋谷の監視を命じられた庄三郎は、次第に秋谷の人柄に惹かれていくあたりが、もう罪を犯した人ではないと思いました。

また郁太郎の親友である源吉が無実の罪で殺されてしまうなんて、本当に切ないです。

薫と結婚した庄三郎には、是非中根を倒してもらいたいと感じました。

コメント