「エマニエル夫人」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

ヒューマンドラマ

「エマニエル夫人」のあらすじ

「エマニエル夫人」は、1974年に公開された映画です。

原作はエマニュエル・アルサンの小説「エマニュエル夫人」です。

官能的な世界観が評価され大ヒットとなり、作品にあった主題歌も話題となりました。

公開当時のポルノ映画は、完全に男性向きと思われていたのですが、エマニエル夫人は女性向けなのが特徴です。

バンコクに住んでいる外交官の妻であるエマニエル夫人は、満たされた生活の裏でどこかマンネリ化や物足りなさを感じていたとき、「性の儀式」を紹介され欲望を開花させていくストーリーです。

主な出演者

監督:ジュスト・ジャカン、出演:シルヴィア・クリステル、アラン・キュニー、マリカ・グリーン、ジャンヌ・コレティン、クリスティーヌ・ボワッソンほか

ジャンは浮気しても構わないとエマニエルに伝える

物語の主人公であるエマニエル夫人は、フランスの外交官である夫ジャンの赴任先である、タイのバンコクに向かいました。

エマリエルは若き妻で、年の離れた夫との生活はとても幸せだったのですが、どこか物足りなさを感じていました。

 

夫のジャンは若くて美しいエマニエルを独り占めするのは良くないと、独特な考えを持っていました。

ジャンは妻の美しさをもっと多くの男性に知ってもらうため、エマニエルが他の男性と関係を持っても構わない、むしろ歓迎したいと思っていました。

 

ある時、ジャンは「浮気をしても構わない」と冗談めいたことを言います。

性に対する道徳心が非常に奔放だったジャンは、エマニエルに浮気を勧めると同時に、自分もあらゆる女性と関係を持ちました。

しかし、エマニエルは浮気ができず、ただ平穏で平凡な日常を送っていました。

バンコクに向かう機内で複数の男性と関係持ったエマニエル

先にバンコクに向かったジャンの後を追い、バンコクへと旅立ったエマニエルは、飛行機の中である体験をすることになります。

今まで貞節を守っていたエマニエルは、飛行機の中で初めて会った見知らぬ男性と体の関係を持ってしまいました。

 

1人目の相手とは周囲の乗客が寝静まった客室で行為に及び、2人目の相手とは飛行機のトイレの個室で行為に及びました。

今まで性に対してそこまで興味がなかったエマニエルでしたが、この体験がきっかけとなり、バンコクではさらに激しい性の世界に踏み込むことになります。

バンコクに到着したエマニエルは、ジャンと共に街を観光して回りました。

 

しかし、物乞いをする貧しい子供や鳥をさばいて売る野蛮な市場など、優雅で美しいパリとは正反対の生活に、早くもうんざりしていました。

ある日、バンコクの庭園でパーティーが開催され、外交官や芸術家などのマダムが集まっていました。

マダムたちは高級クラブでスカッシュや水泳、ゴルフなどを楽しみ、時には夫以外の男性と関係を持つ人もいました。

しかし、エマリエルはこのマダムたちに馴染むことが出来ません。

マリアンジュとマリアーヌはジャンと肉体関係を持っていた

エマニエルはマリアンジュという年下の少女から「家を訪ねてもいいか」と聞かれ、それを承諾します。

エマニエルの家に遊びに来たマリアンジュは、性に関する質問をしてエマリエルを困らせました。

奔放なマリアンジュに感化されたのか、エマリエルはバンコクへ来る途中の機内で、2人の男性と関係を持ったことを打ち明けました。

 

エマリエルは徐々に性に対する抵抗をなくしていきます。

エマニエルはジャンとの性生活を高めるため、自分を磨こうと努力していました。

そんなある日、パーティーで友人になったアリアーヌにレズビアンに関しての肉体関係について教えられ、いつもマダムたちの輪に入らず1人でいた美女のビーが気になり始めます。

 

エマリエルとビーは二泊三日の研究旅行に出かけ、肉体関係を持ちました。

ビーと肉体関係を持ったことがジャンにバレ、今まで浮気を勧めていたにも関わらず、急に怒ったような態度に変わります。

 

それからというもの、ジャンがエマニエルの冷たい態度をとるようになり、エマニエルはビーを忘れるためマリアンジュと恋仲になろうとしました。

実はマリアンジュとジャンは肉体関係にあり、さらにエマニエルに対して思いを寄せていたアリアーヌも、ジャンと関係を持ったことが分かりました。

マリオに性の哲学について教わる

複雑な関係となったエマニエルは、性の哲学を持つマリオと会うことになり、マリオから哲学を教えてもらいました。

哲学を教わったエマニエルは、アヘンの巣窟で男たちに強姦されてしまいます。

さらにマリオは、屈強なボクサーが集まる場所で、エマニエルに好みの男性を2人選ばせました。

 

エマニエルに選ばれた男たちは、彼女を賭けてキックボクシングで対決することになり、勝者である男性には、ご褒美としてエマニエルの肉体が捧げられます。

恥辱に満ちた夜を過ごすこととなったエマニエルでしたが、彼女の表情は苦しむどころか、なぜかとても爽快感を覚えるものでした。

彼女自身も性の哲学に目覚めて、奔放な性の世界へと進んでいきました。

映画ライタータイリュウの一言

性への欲求は男性が持っているものと思っている人が多いのですが、最近は女性でも性への欲求を大っぴらにしている人も多いようです。

特にマンネリ化していたり、経験人数が少なかったりすると、欲求を持ってしまうこともあるのですが、家庭がある中で性への哲学に目覚め、自由奔放に肉体関係を結んでいたエマニエルは、正直あり得ないと思いました。

コメント