「ルドルフとイッパイアッテナ」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アニメ映画

「ルドルフとイッパイアッテナ」のあらすじ

「ルドルフとイッパイアッテナ」は2016年に公開された映画です。

人間味あふれる出会いと別れが描かれていて、児童文学の名作が映画化されたことでも知られています。

小さな黒猫のルドルフはとっても大好きなリエちゃんからたっぷり愛情を受け、岐阜で暮らしていました。

ある日、長距離トラックの荷台に迷い込み、東京に来てしまいます。

そこで人間の文字が理解できるボス猫のイッパイアッテナに出会います。

2匹は一緒にノラ猫生活を送ることになります。

主な出演者

監督:湯山邦彦、榊原幹典、キャスト:井上真央、鈴木亮平、大塚明夫、水樹奈々ほか

ルドルフはトラックの荷台に迷い込んでしまう

桜が舞う季節、小さな黒猫のルドルフは大好きな飼い主のリエちゃんと、幸せな日々を送っていました。

ある日リエちゃんがお使いに出かけ、それを追いかけて家の外に出てしまったルドルフは、自転車や人間に踏まれそうになり、逃げる途中に魚屋のししゃもを銜えてしまったため、魚屋の主人に追われることになりました。

追われていたルドルフはトラックの荷台に迷い込み、魚屋の主人にデッキブラシで叩かれて気絶してしまいます。

 

ルドルフが気絶している間にトラックが動き出し、目が覚めるとそこは東京でした。

全く見知らぬ街に来てしまったルドルフが混乱していると、そこへノラ猫のイッパイアッテナが現れました。

ルドルフは自分の家の手がかりを「三丁目」であるということしか知らないと、イッパイアッテナに話します。

イッパイアッテナは、ルドルフに「リエちゃんのところに帰ることは不可能だ」と告げました。

ショックを受けたルドルフは、イッパイアッテナの寝床である神社の床で、泣きながら眠りにつきます。

イッパイアッテナが飼い猫だったことを知る

イッパイアッテナはノラ猫として生きていくための知恵を、ルドルフに教えます。

その過程でルドルフはイッパイアッテナは元々飼い猫だったこと、飼い主がアメリカに行くことになって、離ればなれになってしまったことを知りました。

イッパイアッテナの飼い主は例え1人になっても困ることのないようにと、アメリカに行く前に文字を教えました。

 

ルドルフはイッパイアッテナの他にも、金物屋のお調子者ブッチーやメス猫のミーシャと友達になります。

ルドルフはブッチーから、昔イッパイアッテナの隣に住んでいたデビルから、ノラ猫になったことでイッパイアッテナが見下され始めたこと、デビルが街で恐れられていることを教えてもらいました。

イッパイアッテナがデビルに襲われる

ある日のこと、ルドルフとイッパイアッテナの2匹がクマ先生のいる小学校に本を読みに行くと、テレビに偶然ルドルフが住んでいた街が映りました。

その街は「岐阜県」にあると本で読んだルドルフは、冷凍庫に書いてあった「ギフ」という文字を見て、車に乗り込みました。

氷になってしまいそうになったルドルフを寸前のところで助け出したイッパイアッテナは、ルドルフを怒ります。

 

寝床に帰り、「結局僕は帰れないんだよね」と落ち込むルドルフに、イッパイアッテナは「絶望は愚か者の答えだ」と諭し、人生を強く生きる教訓を授けました。

それから季節が過ぎて秋になった頃、イッパイアッテナに東京の江戸川区から岐阜県までは、ルドルフがいつも歩いている距離の数百倍も歩かなければならないと教わります。

2匹はたまたま目にしたポスターで「岐阜紅葉バスツアー」を見つけ、そのバスに便乗してリエちゃんの元に帰ることにしました。

 

イッパイアッテナはルドルフのことが心配だったため、岐阜まで送ると言いました。

計画実行が明日に迫った夜、ブッチーがルドルフの元に駆け込んできます。

イッパイアッテナは明日別れることになるルドルフに、美味しい肉を食べさせようとデビルのところに行ったことを聞かされました。

 

イッパイアッテナは無防備になったところを襲われてしまい、怪我をして動けなくなっていることを知ったルドルフは、急いで現場に駆け付けました。

ぐったりして動かないイッパイアッテナを見たルドルフは、クマ先生の動物病院に連れていき、何とか一命をとりとめます。

ルドルフはリエちゃんの元へ帰る

ルドルフはブッチーに、岐阜バスツアーのバスにきちんと乗ったことを伝えてと、イッパイアッテナへの伝言を頼みました。

その後、ルドルフはデビルの家に乗り込み、ブッチーの協力もあってデビルを倒すことができました。

デビルに「もう二度と周辺の猫たちに手出ししない」ことを約束させたルドルフは、イッパイアッテナの元に帰りました。

 

ブッチーから事の次第を聞いたイッパイアッテナですが、ルドルフの「バスに乗り遅れた」という言葉を受け入れました。

ルドルフとイッパイアッテナが出会い1年が過ぎた頃、ルドルフはリエちゃんの元に帰るのを諦めかけていました。

そんなある日、ブッチーの住む金物屋に出入りしているトラックが、岐阜方面に行くことを知ります。

 

岐阜までは高速道路を走る車を乗り継いでいかなければならないため、2匹は綿密な計画を立てました。

ルドルフがイッパイアッテナに頼もしく成長した姿を見せると、その姿に安心したイッパイアッテナは自分も貨物船で渡米し、飼い主を探すことにしました。

皆に見送られたルドルフは、帰る途中でトラックがパンクしてしまい、長距離を歩いて何とかリエちゃんの家にたどり着きます。

 

ルドルフが家の中に入ると、ルドルフにそっくりな黒猫がいました。

その猫はルドルフという名前を付けられ、リエちゃんの家では1匹しか飼えないことを知りました。

ルドルフはリエちゃんの家から東京に戻り、イッパイアッテナたちと再会します。

一方のイッパイアッテナの飼い主が住んでいた家には新しい一軒家が建ち、アメリカに行っていた飼い主が帰ってきました。

 

デビルとも仲直りしたイッパイアッテナは、家にガゼボを建ててもらい、「飼い猫でもノラ猫でも俺は俺だ」と、これまで以上に楽しい毎日を送りました。

ルドルフとイッパイアッテナは満月を見上げながら、並んで笑い合いました。

映画ライタータイリュウの一言

リエちゃんが新しい猫を飼い始めたことで、ショックを受けたルドルフですが、イッパイアッテナや仲間たちに優しく迎えてもらえたシーンが感動的でした。

子供が見るような本が映画になったということだったのですが、ストーリーがきちんとしていたので、見ていて楽しかったです。

コメント