「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」のあらすじ

2010年に公開された映画で、「ハリー・ポッター」シリーズの第7作目にあたる作品です。

死の秘宝は前編と後編に分かれており、PART1で分霊箱を探す旅に出たハリーは、世界に3つあるという伝説の死の秘宝の存在を知ってしまう、という物語です。

主な出演者

監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)、ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)、アラン・リックマン(セブルス・スネイプ)、トム・フェルトン(ドラコ・マルフォイ)、レイフ・ファインズ(ヴォルデモート卿)ほか

ハリーたちはヴォルデモート卿との最終決戦に向けて準備を進めていた

ホグワーツ魔法魔術学校の校長であるアルバス・ダンブルドアは、スネイプによって殺害されてしまいました。

死喰い人として帰還したスネイプはハリーのライバルであり、ヴォルデモート卿の手下となったドラゴと共に何処へ去りました。

 

ハリーの親戚ダーズリー家は引っ越しを決意し、ハーマイオニーは両親から自分の記憶を消すため、涙を流しながら自分の記憶を消し去ります。

その頃にマルフォイの家には、ヴォルデモート卿とその手下たちが集まり、ハリーを狙う計画を進めていました。

 

机の上に浮かぶ死にかけた一人の女性は、ホグワーツでマグル学を教えていたスネイプの同僚で、スネイプに助けを求めるのですが、ヴォルデモート卿に逆らうことができず殺されてしまいます。

マッドアイは不死鳥の騎士団のメンバーにポリジュース薬を飲ませ、ハリーに変装させて死喰い人を引き付けようとしたのですが、マンダンガスが恐れをなして逃走し、マッドアイは命を落とします。

分霊箱を破壊する旅に出た3人に亀裂が入る

ダンブルドアの遺志を継いだハリーは、7年制への進級を控えていました。

しかしホグワーツには戻らず、ヴォルデモート卿を倒すカギとなる分霊箱を破壊するため、ロンとハーマイオニーと旅に出ました。

 

旅の途中で3人の結束にも亀裂が入ってしまい、ハリーは中途半端なヒントしか遺してくれなかったダンブルドアに不信感を抱き始めました。

ハリーたちが分霊箱を破壊するたびに出ている間にも、ヴォルデモート卿の脅威は魔法界全体に及んでいて、魔法省は死喰い人に占拠されて魔法大臣のスクリムジョールは殺害されてしまいました。

 

ホグワーツには新たにスネイプが校長に就任し、死喰い人の手に落ちてしまいます。

死喰い人はヴォルデモート卿の命を受け、ハリーを生け捕りにしようとしていました。

分霊箱を探していたハリーは、完全に忘れ去られていた古い伝説「死の秘宝」の存在をすることになります。

ルーナの家で死喰い人に襲撃される

死の秘宝はハワトコの杖と蘇りの石、透明マントの3つであることが分かります。

この力がヴォルデモート卿の手に渡って悪用されると、取り返しのつかないことになると思ったハリーは、以前スクリムジョールから託されていた、ダンブルドアの遺品の中から死の秘宝の手がかりを見つけるのでした。

 

そして「吟遊詩人ビートルの物語」の中に、ホグワーツのハリーらの学友であるルーナの父が首からぶら下げている印と同じものが書き込まれていることに気づいたハリーは、3人でルーナの家に向かいます。

ルーナの家に着くと、ルーナの父が出迎えてくれます。

 

父親は、娘はすぐに戻ると言って、ハリーたちを家の中に通してくれました。

お茶を入れると言っていたルーナの父親は何処か様子がおかしく、何時になってもお茶を用意しません。

ルーナが返ってこないと思った3人は、ルーナの家を後にしようとします。

牢から出してくれたドビーだったが、攻撃されて亡くなってしまう

帰ろうとした3人でしたが、突然ルーナの父親が「帰ってはいけない」と血相を変えて怒り始めました。

その途端、ルーナの家は死喰い人に囲まれてしまいました。

ルーナの父はハリーを渡すから娘を返してほしいというと、死喰い人は家を襲撃しました。

 

ハリーたちがルーナの家に着いたとき、既に彼女はヴォルデモート卿に連れ去られており、ルーナの父親はハリーたちを引き渡す代わりに、ルーナを返してもらおうと考えていました。

ハリーたちは魔法を使ってその場から逃げ出すことに成功したのですが、その後ドラゴに捕まってしまい、地下にある牢に入れられます。

 

そこに、かつてマルフォイの家で奴隷として働いていた妖精のドビーが現れ、ハリーたちを脱出させてくれました。

しかしドビーはハリーたちを逃がしたことで、攻撃を受けて亡くなってしまいます。

ハリーたちは酷く悲しみ、ドビーを丁重に葬る一方で、ヴォルデモート卿はダンブルドアの墓を掘り起こし、ニワトコの杖を手に入れてしまいました。

映画ライター「タイリュウ」の一言

ハリー・ポッターシリーズは、これまで全て楽しく見させてもらいました。

ドビーは以前の作品でもハリーを助けようとしていて、そのドビーが亡くなったときは、とても衝撃的でした。

ダンブルドアの墓を掘り起こし、ヴォルデモート卿がニワトコの杖を手に入れてしまったことで、死の秘宝 PART2で、ハリーたちがどうやってヴォルデモート卿に立ち向かうのか、とても楽しみになりました。

コメント