「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のあらすじ

2009年に映画として公開され、「ハリー・ポッター」シリーズの6作目にあたる作品です。

ストーリーの内容は、ホグワーツ魔法魔術学校の6年生となったハリーが、史上最悪の魔法使いであるヴォルデモートとの戦いに備え、ヴォルデモートの過去と弱点に迫る1年間を描いた作品です。

主な出演者

監督:デイビッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)、ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)、マイケル・ガンボン(アルバス・ダンブルドア)、アラン・リックマン(セブルス・スネイプ)、ジム・ブロードベント(ホラス・スラグホーン)ほか

スネイプの元にドラコの母とベラトリックスが訪れる

前作でアズカバンから脱獄した死喰い人は、マグルの世界でも暴れるようになっていました。

6年生を控えたハリーはダンブルドアに誘われ、かつてホグワーツで魔法薬学教授を務めていたホラスの元を訪ねました。

 

ホラスはダンブルドアの頼みを聞き入れ、ホグワーツへ復職することを決意します。

その頃、ホグワーツの教師であるスネイプは、ドラコの母ナルシッサやベラトリックスの訪問を受けていました。

スネイプはヴォルデモート卿にドラコの身辺警護を依頼されます。

スネイプはナルシッサとベラトリックスから破れぬ誓いを組まされ、ドラコが任務を遂行することができなければ、スネイプが代わりに任務を遂行しなければならないという約束を立てられてしまいました。

ハリーは1年間、個人授業を受けることになる

やがてホグワーツでは新学期が始まり、ハリーやロン、ハーマイオニーたちは6年生になりました。

ダンブルドアに頼まれたホラスも魔法薬学教授として復帰し、スネイプは新たに闇の馬術に対抗する防衛術の教授に就任しました。

 

スネイプが魔法薬学教授だったときは「優」でないと授業が取れなかったのですが、ホラスに代わったことで「良」以上でも授業が受けられるようになり、ハリーとロンは急遽授業に参加することになります。

急なことだったので2人は教科書を持っておらず、学校に寄贈されていた元生徒の本を借りることにしました。

ハリーが手にした本には、半純血のプリンスという名前が書かれていました。

 

その日の授業はホラスが作ったフェリックスを賭けて魔法薬を作るというもので、ハリーの本には細やかな書き込みがされていたため、本の通りに薬を作りフェリックスを手に入れることができました。

その後ハリーはダンブルドアに呼び出され、ヴォルデモート卿との決戦に備えて1年間、個人授業を受けることになります。

個人授業でヴォルデモート卿の過去について知ったハリー

その頃、ハリーはジニーに心惹かれていて、交際を始めることになりました。

ロンはラベンダーのアプローチを受けたのですが、それを見ていたハーマイオニーは嫉妬心を抱きます。

 

ハリーは個人授業の中で、ヴォルデモート卿の隠された過去について知ることになります。

ヴォルデモート卿は本名がトム・リドルで、孤児院に入っていた彼は能力をダンブルドアに認められ、ホグワーツに入りホランの元で学んでいたことを知りました。

ハリーは幸運の薬を飲んでホランの記憶にアクセスし、かつてホランがドム・リドルに授けた文例箱の存在を知ります。

 

文例箱は全部で7つ存在し、それぞれに魂を分けて入れることで不死鳥の存在になれるというものでした。

ハリーはヴォルデモート卿を倒すため、分霊箱を全部集めて破壊することを決意します。

ダンブルドアの死、3人は新たな旅へ

ハリーとダンブルドアは文例箱を探す旅に出ました。

そして1つ目の分霊箱を発見するのですが、そこには罠が仕掛けられており、罠に触れたダンブルドアは瀕死の重傷を負ってしまいます。

そこでホグワーツに戻ろうとするハリーとダンブルドアの前に、ドラコ率いる死喰い人が立ちはだかりました。

 

しかしドラコは任務を遂行することができず、代わりにスネイプが現れます。

ハリーをかばったダンブルドアは亡くなってしまい、ハリーは半純血のプリンスに書かれていた魔法でスネイプに対抗したのですが、全く歯が立ちませんでした。

 

ハリーの攻撃が効かなかったのは、スネイプこそが半純血のプリンスだったからです。

スネイプはハリーを昏倒させ、ドラコと共に逃走します。

次にハリーが目を覚ましたときには、分霊箱はニセモノへとすり替えられていました。

 

その後ダンブルドアの葬儀が行われるのですが、ハリーは来学期には学校に戻らず、1人で残りの分霊箱を探すことを決意します。

ハリーはジニーに別れを告げて旅立ち、そこへロンとハーマイオニーも駆けつけて、ハリーを含めた3人の旅が始まりました。

映画ライター「タイリュウ」の一言

ハリー・ポッターシリーズは1作目から見ていたので、ハリーはハーマイオニーに興味があると思っていました。

ハーマイオニーもハリーに気があると思いきや、ラベンダーとキスをしているロンを見て嫉妬している姿にとても驚きました。

しっかり者のハーマイオニーが、ロンを好きになるとは思ってもみなかったのでかなり衝撃的でした。

 
シリーズとしてもかなり架橋に入ってきていることが解かる、衝撃の展開を迎える作品です。

ダンブルドアを失ったハリーが、どうヴォルデモート卿を倒すのか、次回がとても楽しみになりました。

コメント