「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

ヒューマンドラマ

「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」のあらすじ

女性には全くモテないが、職場にいる同僚や上司からモテモテの愛されキャラ春田創一と、その春田をめぐるおっさんたちの面白おかしい、笑い溢れるラブバトル物語です。

春田に恋をして離婚までしてしまう上司・黒澤の存在や、春田の一生懸命な姿やまっすぐな姿勢、愛されキャラの春田の行動や言動に注目です。

主な出演者

監督:瑠東東一郎 キャスト:田中圭(春田創一)、林遣都(牧凌太)、吉田鋼太郎(黒澤武蔵)、沢村一樹(狸穴迅)、志尊淳(山田正義<ジャスティス>)、眞島秀和(武川政宗)、金子大地(栗林歌麻呂)、大塚寧々(西園寺蝶子)、伊藤修子(瀬川舞香)、児嶋一哉(荒井鉄平)、内田理央(荒井ちず)ほか

春田の部屋に見知らぬ男が、牧がそれを見てしまう

天空不動産に務める主人公・春田創一は、香港に赴任してきてから半年が経とうとしていました。

そして日本への帰国が迫ったある日、大切な恋人・牧凌太のために、ダイヤモンドがあしらわれた高価な指輪を購入します。

ところが指輪を入れた箱を、バイクの上に置いてしまいます。

するとバイクは気付くことなく、そのまま走り去ってしまいました。

春田は慌ててバイクの後を追いかけます。

 

すると途中で出逢った、自転車を押すおじさんにぶつかりそうになります。

しかし間一髪のところで春田がおじさんを掴んだので、自転車の中に大切な壺が入っていたそのおじさんは倒れずに済み、とても感謝されるのでした。

 

その後春田は、なんとか無事に指輪を取り戻します。

そして送別会から帰ってきたある日、春田は知らない男が春田のベッドで裸になって寝ている姿を発見します。

そこへ日本から帰ってきた牧が合鍵を使って入ってきました。

見知らぬ男が春田のベッドで寝ている姿を見て、怒って帰ってしまいます。

日本へ帰国した春田はいつものメンバーが迎えてくれますが、牧は本社開発事業部へと異動になってしまいました。

春田と牧は私生活でも仕事でもすれ違う日々

春田は香港から帰国するも、なかなか交渉が上手くいかず、私生活でも忙しい毎日を送っていました。

牧も部署を異動になり、2人はすれ違いの日々が続いていきます。

 

そんなある日のことでした。

春田の部長である黒澤が階段から落ちてしまい、大怪我をしてしまいます。

その事故のせいで、何故か春田の記憶だけ飛んでしまうという、厄介なことになってしまうのです。

そして春田と接していくうちに、黒澤は春田に心を奪われてしまうのでした。

 

春田と共にサウナにやってきた黒澤は、2人きりになった途端、春田に自分の想いを伝えます。

しかし春田は、自分には恋人がいると正直に伝えます。

そこへ牧と狸穴がやってきて、春田の恋人が牧だと知った黒澤は、牧に敵意をむき出しにして対抗します。

 

そんなある日、牧は突然過労で倒れてしまうのでした。

それを聞きつけた春田は、すぐに病院へ向かいます。

すると丁度、狸穴に付き添われて退院する牧がいました。

春田は何もできず、モヤモヤする気持ちを抑えながら、明るくてバスケ好きの山田と過ごすことになりました。

花火大会の日、売り言葉に買い言葉で別れを切り出す2人

この日は以前から2人で浴衣を着て、花火大会でデートをする約束をしていました。

しかし牧のスマホに狸穴からの連絡がひっきりなしに送られてくる様子を見て、春田はつい嫌味を言ってしまいます。

牧もムキになり、売り言葉に買い言葉で、ついに春田はイライラして「もう俺たち別れようぜ」と言いました。

 

その様子を見ていた山田が近づいてきます。

山田は春田に、自分の想いを告白します。

すると春田は、牧のためにわざわざ香港で買った大切な指輪を海に投げてしまいます。

それを見た山田は慌てて水に入り、指輪を探すのでした。

 

山田は自分の家族を事故で亡くしていること、自分の実の兄に悪態をついてしまったことがあり、それが最後との言葉になって酷く後悔していることを伝え、牧に自分の想いを正直に話すように春田に伝えるのでした。

そして春田は山田の言葉を聞いて、すぐに指輪の入った箱を拾います。

 

一方の狸穴はパートナーである中国企業が違法の麻薬取引をしている、という証拠を掴みます。

そして今回のプロジェクトチームを解散させます。

すると怒った中国企業が、仕返しに社長の娘を誘拐します。

春田はその話を立ち聞きしてしまい、社長の娘と同じ倉庫に閉じ込めてられてしまうのでした。

二人は別々の道へ向かっていく

仕掛けられた時限爆弾を手にした春田は、すぐさま外に放り投げます。

爆弾が爆発すると黒澤と牧も合流し、自分が春田を助けるのだと言い争いながら先を急ぎます。

そこへ一足先に到着した山田が社長の娘を助け、なんとか危機を逃れました。

しかし春田は崩れた壁によって、出られなくなってしまいます。

 

そして反対からやってきた黒澤と牧は、春田に人工呼吸をしようとしますが、壁が再びくずれてきます。

春田と牧は二人きりになり、ようやくそこで2人の気持ちを素直に打ち明け、愛を確かめ合うのでした。

 

そして後日、天空不動産は新たな計画を進めることになるのですが、パートナー企業が見つからず事業を始められずにいました。

そこへ一人の老人が、春田を尋ねてやってきました。

 

この老人は壺を持って倒れそうなときに、春田が間一髪助けた方でした。

実は老人は巨大ファンドのオーナーで、お礼に資金援助をしてくれることになります。

牧と春田はそれぞれ別の勤務先が決まり、そこからまた別々の道を行くことになるのでした。

映画ライターMRMの一言

牧だけでなく山田や黒澤といった上司からも愛される春田ですが、その人柄に何とも心が引かれてしまうおじさんたちのやりとりがとても面白いです。

春田と牧は別々の道に進んでもお互いを信じあいながら、強く進んでいくことでしょう。

最後に老人が春田たちの営業所を支援してくれることになり、何が起こるか分からないというのが、奇妙な縁に感じられますね。

新しいおっさんずラブにも期待したいです。

コメント