「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のあらすじ

2011年に公開された映画で、「ハリー・ポッター」シリーズの第8作目にあたる作品です。

死の秘宝は前編と後編に分かれており、PART2はハリー・ポッターの完結作となっています。

このストーリーでは、ハリーとヴォルデモート卿の本格的な決戦が始まり、ハリーが背負わされた運命の重さに驚愕することになります。

主な出演者

監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)、ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)、アラン・リックマン(セブルス・スネイプ)、レイフ・ファインズ(ヴォルデモート卿)ほか

ヴォルデモート卿の力はホグワーツにも及んでいた

ハリーたちは苦戦しながらも分霊箱を1つずつ破壊していき、ヴォルデモート卿との因縁もそろそろ終盤に差し掛かってきました。

ヴォルデモート卿は、PART1でホグワーツの前校長であるダンブルドアの墓を掘り起こし、ニワトコの杖を手に入れていました。

 

ニワトコの杖を手に入れたヴォルデモート卿は、杖が持つ圧倒的な力を持って、その勢いを拡大していきました。

そして世界一安全と言われていたホグワーツにもヴォルデモート卿の力が及び、ハリーたちの仲間は1人、1人と悪の力に成すすべもなく倒れていくのでした。

 

その頃、ハリーとロン、ハーマイオニーは残りの死の秘宝や分霊箱を探していました。

彼らは各地に散らばった分霊箱を探しては、その罠と真っ正面から向き合い、1つずつ破壊していきます。

ダンブルドアの弟にお願いし、ホグワーツへと戻ったハリーたち

分霊箱の1つはグリンゴッツの銀行に保管されていることを突き止めたハリーたちは、グリンゴッツ銀行に侵入しました。

そこにはホグワーツの創始者の1人であるハッフルパフのカップが保管されており、苦労しながらもハリーたちは、何とかその分霊箱を破壊することに成功しました。

 

分霊箱はホグワーツの寮に関係しているものが多く、レイブンクローに纏わる分霊箱を見つけていないハリーたちは、学校に保管されていると考えるのでした。

しかし、そんなハリーたちはヴォルデモート卿による追っ手から命を狙われており、易々とホグワーツに侵入できないと思ったハリーは、ダンブルドアの弟であるアバーフォースと出会います。

 

アバーフォースに匿ってもらったハリーたちは、学校へと続く秘密の通路から見事にホグワーツの中に侵入することができました。

ホグワーツはハリーが学校に戻ってきたことを歓迎され、仲間らに祝福され、その仲間たちから分霊箱がレイブンクローの髪飾りである可能性があることを知りました。

最後の分霊箱はハリー・ポッター自身

ハリーたちが学校に戻ったことを、ヴォルデモート卿に知られてしまいます。

そしてヴォルデモート卿は、1時間以内にハリーを差し出せば学校にいる全員の命を助けるという宣告をしました。

学校の仲間はハリーを差し出すことはせず、ヴォルデモート卿に立ち向かう決意を固め、仲間に後押しされながら分霊箱を探し出し、破壊することに成功します。

 

一方でニワトコの杖を手に入れたヴォルデモート卿だったのですが、その威力を試そうとしたところ上手くいきませんでした。

その原因は杖の持ち主であるスネイプであると感じたヴォルデモート卿は、スネイプを殺害しました。

 

スネイプは死の間際に、ハリーに自らの記憶を託しました。

スネイプはかつてハリーの母であるリリーに恋をしており、2人は違う寮に分かれたことで次第に疎遠となっていきます。

 
それでもスネイプは影からリリーを見守り、やがて死喰い人に身を落としたスネイプは、自らの情報が元になり、ポッター家が狙われるようになったことを後悔し始めます。

 

スネイプはリリ-の命を守るため、ヴォルデモート卿を裏切ってダンブルドアと通じてからは、二重のスパイとして活動しており、ハリーのサポートも行っていました。

ハリーの中にはヴォルデモート卿の魂の一部が宿っており、ハリー自身が最後の分霊箱であることを知ります。

ハリーは自分の命と引き換えに、分霊箱を破壊するためにヴォルデモート卿との戦いに挑むのでした。

犠牲を払いながらもヴォルデモート卿を打ち破る

ホグワーツの総力戦によって、ハリーを除くすべての分霊箱を破壊することができました。

ヴォルデモート卿との最終決戦に挑むハリーは、死の秘宝の1つである蘇りの石の力で、泣き両親やシリウスの記憶にアクセスします。

 

ヴォルデモート卿との戦いが始まり、ハリーやロン、ハーマイオニーを始め、学校の仲間は悪の者たちと壮絶な魔法戦を繰り広げます。

しかしニワトコの杖の所有者はハリーへと移っており、杖の力でハリーの中の分霊箱が破壊され、杖の力で不死身となったヴォルデモート卿を打ち破ります。

 

皆から恐れられていたヴォルデモート卿は亡くなり、ハリーたちは多大な犠牲を払いながらも勝利を勝ち取りました。

それから19年後、ハリーはロンの妹であるジニーと結婚し、生まれた子供たちにスネイプとダンブルドアと名付けます。

ハリーの次男がホグワーツに入学するときが訪れ、夫婦となったロンとハーマイオニーと共に、駅で我が子の旅立ちを見送りました。

映画ライター「タイリュウ」の一言

ヴォルデモート卿との最終決戦で、ハリーが亡くなったときは信じられない結末だと思いました。

しかし、それはヴォルデモート卿を油断させるフェイクで、ヴォルデモート卿に勝ったときは長年応援してきたハリーが勝ったことにとても感動しました。

コメント