「ブレードランナー 2049」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「ブレードランナー 2049」のあらすじ

SF映画の名作で1982年に公開された「ブレードランナー」から、35年の時を経て劇場公開された続編が、「ブレードランナー 2049」です。

前作でブレードランナー役で主演をしていたハリソンフォードが、前作に引き続きデッカード役で出演している点も、ファンには嬉しい話です。

 

前作から30年後の世界では、地球の環境はさらに悪化を極め、異常気象と生態系の崩壊は増々進行をしていました。

タイレル社型の旧型レプリカントに代わって、改良された最新型レプリカントのKはブレードランナーとしての任務を遂行していく中で、事件に巻き込まれながらも真実を求めていくことになります。

主な出演者

監督:ドゥニ・ビルヌーブ 出演:ライアン・ゴズリング(K)、ハリソン・フォード(リック・デッカード)、アナ・デ・アルマス(ジョイ)、
シルビア・ホークス(ラヴ)、ロビン・ライト(ジョシ)、カーラー・ジュリ(アナ・ステライン)ほか

レプリカントを解任する任務を担うレプリカントのK 

ある年数を超えると人間に反抗することが問題となり、製造が中止されたタイレル社のレプリカントに代わり、ウォレス社が新たに開発したネクサス9型レプリカントは旧型の問題点を改善して、人間社会に多く投入されていました。

新型レプリカントのKは、旧型レプリカントの抹殺の任を受けたブレードランナーとして、人間社会で生活を送っています。

 

レプリカントのため両親はおらず、ホログラムの家庭用AIジョイという恋人と共に、任務のとき以外は静かな暮らしをしていました。

そんなある日、旧型の逃亡レプリカントのモートンをいつものように抹殺した際に、庭の枯れ木の根元にあったトランクから遺骨を発見します。

本部に戻ってその遺骨のデータを解析すると、帝王切開の合併症により死亡した女性の遺骨であることが判明します。

出産記録のあるレプリカントの秘密

検死を進めていくと、女性は約30年前に亡くなっていたことが判明します。

そしてこの遺体には製造番号が刻印されており、人間ではなくレプリカントの女性であるという、衝撃の事実を知ることになります。

これまでのレプリカントのデータ・情報では出産の事実はなく、この事実が公表されると社会全体に大きな混乱をもたらすと考えたKの上司のジョシは、この事件の痕跡をすべて抹消するように命令を下します。

 

ウォレス社を訪ねたKは過去の記録を調査して、遺骨が2019年にブレードランナーのデッカードと逃亡したレプリカントのレイチェルであったことを知ります。

この事実を知ったウォレル氏は、彼の右腕である最新型レプリカントのラヴに、レイチェルの子供の捜索・拿捕を命令します。

 

一方でKは、レイチェルと共に逃亡したデッカードの手がかりを得るため、かつての同僚ガフを訪ねますが、行方に繋がる情報は見つからず、再び遺骨を発見した農場へと向かいます。

そこでKは、自身にあるはずのない子供の頃の記憶が浮かびますが、その記憶にある孤児院と木馬の玩具のイメージを頼りに孤児院を発見します。

この事実と甦る記憶から、Kは自らがレイチェルとデッカードの間に生まれた子供ではないか、という疑惑を持ち始めます。

伝説のブレードランナー レイチェルの夫デッカードとの出会い

その頃、ラヴはLAPDに侵入してレイチェルの遺骨を盗み出したことが発覚します。

事態が切迫していることを確信したジョシからDNA記録の調査を命令されたKは、同一のDNAを持つ男女の記録を発見します。

しかし女児は病死して男児だけが生きており、孤児院に在籍していたことを知って、増々レイチェルの子供が自分ではないかという疑惑を持ちます。

 

自らの出生の秘密を知りたいと考えたKは恋人のジョイと共に逃亡を決意して、木馬の材質から推測してラスベガスへと向かい、隠遁生活を送っていたデッカードをついに発見します。

デッカードからは、妊娠したレイチェルを仲間のある人物に委ねたこと、子供とは親子であることを隠して過ごしてきたことを告白します。

 

妊娠中のレイチェルと離れなくてはならなかった理由を聞いていると、突然Kの居場所を突き止めたラヴの襲撃を受け、Kは重傷を負いデッカードは拿捕されてしまいます。

ラヴはKの居場所を突き止めるために上司のジョシを殺害した上に、Kとの戦いの際に最愛のジョイのエマネーターまで破壊してKの前から消滅させてしまいます。

真実はすべて明らかに、そして衝撃のエンディングへ

重傷を負い動けなくなったKは、レプリカント解放運動をするデッカードの仲間のフレイザによって救助されます。

自分がレイチェルの子供ではなく、本当はレプリカント用の記憶創造者であるアナ・ステリン博士が子供だと知らされます。

Kの記憶は、アナ博士の記憶が埋め込まれたものでした。

その事実にショックを受けたKでしたが、デッカードに再び会うために捜索を始めます。

 

ラヴにより拿捕されたデッカードは、ウォレスにより執拗に子供と仲間の場所を教えるように詰問されますが、拒否をし続けます。

業を煮やしたウォレスは、オフワールドで拷問にかけるためデッカードを拘束し、LA空港へと向かいますが、その最中にKが急襲します。

 

ラヴを激闘の末に殺害することに成功しますが、Kも瀕死の重傷を負ってしまいます。

意識が薄れる中で救出したデッカードは、実の娘であるアナ・ステリン博士の研究所へと連れていきます。

研究所へと向かうデッカードの姿を見ながら、Kはその激動の一生を静かに終えるのでした。

映画ライターmasakiの一言

前作ブレードランナーのダークで混沌とした世界観はこの新作でもそのままで、前作からのファンにとっては納得のいく作品でした。

個人的に少し残念だったのは、この作品で初めてブレードランナーの世界に触れた人にとっては、ハードルが高かったように感じる面もありました。

しかし初公開から35年の時を経て、続編が作られたことの喜びは何にも代えがたいものですし、デッカードとレイチェルが逃避行の後にどうなったのかが明かされることに、大変興味を持って鑑賞しました。

 

レイチェルがデッカードとの間に生まれた子供と引き換えに亡くなってしまったことにはショックを受けましたが、全体のストーリー展開はよく練られていて、作品としてのクオリティの高さを感じることができました。

これから「ブレードランナー 2049」を観てみたいと思われる方は、まず前作ブレードランナー(できれば、ディレクターズカット・ファイナルカット)を先に観てから、続けて観ることをおすすめします。

デッカードとアナ博士が出会った後の物語にも期待したいところです。

コメント