「スター・ウォーズ」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「スター・ウォーズ」のあらすじ

1977年に公開されたスターウォーズは、スペースオペラの名作でもあり、シリーズ化されたスターウォーズサーガの最初の作品として有名です。

銀河帝国に支配れた暗黒の時代に立ち向かう反乱軍が、帝国の秘密兵器デススターを破壊して、銀河に人類の平和を取り戻すまでの戦いが描かれています。

帝国軍の暗黒卿ダースベイダーに戦いを挑む若き戦士ルークスカイウォーカーが、ジェダイの騎士となり反乱軍の中心となっていく成長の物語でもあります。

ハン・ソロ、R2D2、チューバッカに反乱軍の指導者レイア姫など、個性的な仲間にも注目です。

主な出演者

監督:ジョージ・ルーカス 出演者:マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、アレック・ギネス(オビ=ワン・ケノービ/ベン)、ピーター・カッシング(グランド・モフ・ターキン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ダース・ベイダー(声))、デヴィッド・プラウズ(ダース・ベイダー(スーツアクター))ほか

砂の惑星タトゥーインでの出会いと別れ

反乱軍の美しき指導者レイア・オーガナ姫は、帝国軍の秘密兵器デススターの設計図データを盗み出し、基地への帰還中に帝国軍に襲撃され、輸送船ごと拿捕されてしまいます。

しかし、その戦闘中にドロイドのR2D2、C3POに設計図と救援メッセージを託し、ドロイドを船から脱出させることに成功します。

ドロイド2体は砂の惑星タトゥーインに不時着し、ひょんなことから農場で働く青年ルーク・スカイウォーカーに出会います。

 

偶然再生されたレイアの救援メッセージをきっかけにして、近所に住むベン・ケノービという老人に出会います。

そこでルークの父親がジェダイの騎士であったことや、ベンがオビワン=ケノービというジェダイの騎士の生き残りであることを知ります。

オビワンからフォースについて学び、レイアの故郷オルデランへと旅立つことを決意します。

盟友ハン・ソロとチューバッカとの出会い、オルデランの消滅

帝国軍により、自身を育ててくれた親族を無残にも殺害されたルークはジェダイの騎士となり、帝国軍と闘うことを誓い、オビワンと共に惑星オルデランを目指すことになります。

オルデランに行くためには宇宙船が必要になりますが、宇宙空港で密輸商人のハン・ソロやチューバッカをミレニアム・ファルコン号と共に雇うことで、運命の出会いを果たします。

 

その頃、捉えられたレイア姫はデススターの設計図について、反乱軍の基地についての尋問に抵抗をしていましたが、故郷オルデランを破壊されないために基地の所在を白状させられます。

しかし無情にも目の前で、帝国軍の提督の指示でスーパーレーザーの一撃で故郷の星を破壊されたレイア姫は、深い悲しみと衝撃を受けます。

その直後に、オルデランへと向かっていたルーク一行は、デススターに捉えられてしまいます。

レイア姫との出会いとオビワンとの別れ

デススターのトラクタービームによってファルコン号は捉えられますが、巧みに船内に隠れて帝国軍の兵士ストームトルーパーの装甲服を奪い、デススター内へと潜入することに成功します。

管制室にまで潜入を果たし、トラクタービームの破壊方法とレイアの監禁場所の情報を得ることに成功します。

 

オビワンはトラクタービームの破壊、ルークたちはレイアの救出へと、それぞれ向かって帝国軍の激しい攻撃を受けながらもレイアを救出し、ファルコン号へと戻ります。

一方のオビワンはビームの停止を成功させますが、ここでファルコン号に乗る直前に、ダースベイダーと運命とも言える再会をすることになります。

 

ライトセイバーでの戦いの途中、ルーク一行がファルコン号に乗り込むことを確認したオビワンは突然戦うことを止め、ベイダーのライトセイバーがオビワンを切り裂きます。

その瞬間に肉体は姿を消し、ルークはその姿を目の当たりにしながらも、デススターから辛くも脱出して反乱軍の基地へと向かいます。

デススターの破壊、反乱軍の勝利

デススターの唯一の弱点である反応炉の排熱口を攻撃する計画を立案している頃に、帝国軍はファルコン号に追跡装置を仕掛けていたことから、反乱軍の基地へと進撃を開始していました。

ルークは戦闘機隊に参戦し、デススター襲撃へと向かう中、ハンソロは礼金を受け取り反乱軍の基地を後にします。

 

デススターの対空砲火や帝国軍の戦闘能力の高さにより、反乱軍の攻撃部隊は次々と撃墜され、排熱口の攻撃部隊はルークの戦闘機のみとなってしまいます。

ルーク機を撃墜するために自ら戦闘機に搭乗していたダースベイダーの攻撃により、R2D2も大きなダメージを受けます。

絶体絶命と思われたその瞬間、反乱軍から離れたと思われていたファルコン号がベイダー機を攻撃し撃破して、ベイダーは宇宙へと放り出されます。

 

その後、デススターがスーパーレーザーを発射する直前に、ルーク機が放った魚雷が排熱口に命中し、デススターは一瞬にして宇宙の塵となり、反乱軍は奇跡の勝利を掴み取ります。

戦闘が終わり、反乱軍の基地の中でルークとハンソロがレイア姫から勲章を授けられ、大団円でエンディングを迎えます。

映画ライターmasakiの一言

1977年に公開されたスターウォーズシリーズの歴史的な第1作が、この「スターウォーズ」です。

スターウォーズサーガ3部作の第2部の最初のエピソードで、スターウォーズシリーズではエピソード4となっています。

エピソード1のファントムメナス公開時に、作品の名称が「スターウォーズエピソード4新たなる希望」と変更されました。

 

特撮技術の素晴らしさは当時の作品の中では群を抜いていますし、初めて見たときの驚きと興奮は今も忘れることはできません。

フォースの教えやハンソロとの友情など、戦闘以外の部分の物語の奥深さが印象的で、大ヒットしたのも当然だと思います。
特撮技術の進化により、リメイク版が後に公開され、映像としてのレベルも大幅に向上しています。
何度見ても、その劇的なストーリー展開に興奮できる、スターウォーズは初めて見る人にもおすすめです。

コメント