「ONE PIECE FILM GOLD」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ONE PIECE FILM GOLD」のあらすじ

世界最大級と言われる黄金の街、グラン・テゾーロにやってくる麦わらのルフィ一味。

そこは海賊も海軍も皆平等にギャンブルを楽しめる独立国家でした。

資金不足に悩んでいたルフィ達も、そこで一攫千金を狙います。

案内された女性に従って街でギャンブルをしていくと、次々と勝ってしまうルフィ達でしたが、途中でゾロが人質としてテゾーロに捕まってしまいます。

果たして無事に助けられるのか、その後の展開に注目です。

主な出演者

監督:長峯達也 声優:ルフィ(田中真弓)、ナミ(岡村明美)、ゾロ(中井和哉)、ウソップ(山口勝平)、サンジ(平田広明)、ゼット(大塚芳忠)ほか、ゲスト声優:成田凌 濱田岳

黄金の街グラン・テゾーロにやってくるルフィ一味

麦わらのルフィ一味は、世界最大のエンターテイメントシティと呼ばれる「グラン・テゾーロ」にやってきます。

そこは至るところに黄金があり、日々華やかなショーが開催されるため、世界のギャンブラーたちが集う人気の場所でした。

 

この国では海賊も海軍もギャンブルに参加できる、政府公認の独立国家だったのです。

グラン・テゾーロにやってくる人たちは、この街にあるカジノで、一攫千金を狙いお金を稼ごうとしていました。

 

常に資金不足で悩んでいたルフィ達もまた、グラン・テゾーロで開催されるギャンブルに参加します。

そしてこの街の案内人を務める女性、バカラから黄金で包まれた街を案内してもらうことにしました。

 

この町は、街を支配するテゾーロによってできていると教えられます。

街の至るところにある黄金は、テゾーロが全国をまわり集めてきた黄金でできている、というのです。

ナミは昔の癖で黄金を盗もうとしますが、バカラにこの街の掟を知らされます。

万が一泥棒を働いたものは、地下の牢獄に閉じ込められてしまう、というものでした。

ギャンブルに勝ち進むがバカラによって多額の借金をしてしまう

バカラに案内された一行は、後で儲けた金で返してくれれば良いと言われ、お金を貰いレースゲームに参加します。

並みいる強敵と戦いながらも、ルフィはなんとか一着でゴールします。

ルフィ達は他にも様々な強敵と戦いながら、順調に掛けに勝ち進んでいきます。

 

勝ちまくったルフィ達は、バカラによってVIPルームへと案内されます。

そのVIPルームは限られた人しか入れない、特別な部屋でした。

そしてVIPルームで、更に数億ベリーのお金を借りたルフィは、一度の掛けで見事に倍のベリーを手にします。

 

するとそこへ、この街を支配するギルド・テゾーロとその部下がやってきました。

バカラはルフィ達に、更なる掛けをさせていきます。

ルフィ達は、ラキラキの能力者であるバカラに運気を吸い取られ、莫大な借金をしてしまうのでした。

すると、お金を支払えないという理由から、ゴルゴルの実の能力者であるテゾーロによって、ゾロが人質にされてしまいます。

 

テゾーロは、ゾロの懸賞金と同額である3憶2千万ベリーを明日までに準備できなければ、ゾロを処刑すると言います。

テゾーロの要求を一旦受け入れるしかなかった、ルフィ一向でした。

電伝虫に見つかってしまい、ルフィとフランキーは牢獄へ入れられる

その日の夜のことでした。

テゾーロの側近であるカリーナという女性が、ルフィ達の元へやってきました。

カリーナは昔、ナミと一緒に泥棒を働いた仲間でもあり、2人は意気投合していきます。

 

そんなカリーナの目的は、テゾーロの莫大な財産である通称テゾローマネーを盗むことでした。

ルフィ達はゾロを取り戻しテゾーロを倒す、という利害関係が一致したことで、カリーナはルフィ達に協力すると約束するのでした。

 

麦わらの一味とカリーナは、莫大なお金が眠るテゾーロマネーの保管場所を探し出します。

そしてチームで手分けして探すことにします。

まずフランキーとルフィは、屋上にある電伝虫を止めるために侵入していきます。

残った一味がテゾーロマネーの金庫室に電伝虫からの映像が止まったことを確認し、侵入するという作戦でした。

 

しかし途中でテゾーロの部下であるヌケヌケの実の能力者、タナカさんに捕まってしまい、地下の牢獄へと突き落とされてしまうのでした。

一方のルフィ達が捕まったことで、ナミ達の元へテゾーロの部下がやってきます。

テゾーロを倒し新たな冒険へ

ルフィとフランキーが入れられてしまった地下の牢獄は、全てが黄金でできた場所でした。

そこには他にも、黄金目当てできた海賊達がたくさん捕まっていました。

 

その中の一人、ギャンブラーとして有名なレイズ・マックスに出逢います。

マックスはテゾーロの力を無力化するためには、海水が必要だと教えてくれます。

早速ルフィ達は、監獄の下にあるダストに海水があることを知り、潜り込もうとしました。

 

しかし海水を止めるためには地下に潜り、巨大なプロペラを止めなければなりません。

そこでルフィが挑戦しますが、一人ではできません。

そこでマックスが仲間たちと協力し、プロぺラを止めてくれたのです。

 

一方のナミ達は金庫室の扉を開けると、そこにはゾロがいました。

テゾーロによって捕まってしまったナミ達は、ゾロと同じように処刑される寸前でした。

しかしその時、突如として街中に海水が降り出しました。

 

カリーナは最初からルフィ達と手を組んでいたので、テゾーロを倒すための手段を考えていました。

そして海水が満ちたことで、テゾーロの悪魔の実の能力は使えなくなり、苦戦しながらもテゾーロを倒すルフィでした。

 

そしてテゾーロを倒し、ゾロを助けたルフィ一味は次の冒険へと出発するのでした。

テゾーロの側近であったカリーナもテゾーロマネーを手にして、無事に目的を果たすのでした。

映画ライターMRMの一言

ルフィ達は最初に資金集めのために始めたギャンブルが、まんまとテゾーロの部下の能力によって失敗に終わってしまいます。

そこでゾロを奪われる、というテゾーロの目論み通りになってしまったのが残念でしたが、無事にゾロを救出し、次の旅へと出発できてホッとしました。

ハラハラさせられるクライマックスでした。

コメント