「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」のあらすじ

グランドラインを航海中、フワフワの実の能力者であるシキに遭う麦わらのルフィ達一行ですが、突然シキが仲間のナミを拉致して、どこかへ行ってしまいます。

慌ててナミを取り戻そうとするルフィ達でしたが、弱肉強食の島「メルヴィユ」という、不思議な動物達が生息する島に飛ばされてしまいます。

シキを倒すべく戦いに挑むルフィ達でしたが、かつての海賊王ゴール・D・ロジャーと覇権争いをしたというシキには歯が立たず、ナミを無事に救出することができるのか、ハラハラさせられる作品です。

主な出演者

監督:境宗久 原作・製作総指揮:尾田栄一郎 声優:田中真弓(ルフィ)、岡村明美(ナミ)、中井和哉(ロロノア・ゾロ)、山口勝平(ウソップ)、平田広明(サンジ)、大谷育江(チョッパー)、北島康介(海賊キタジマ)、皆藤愛子(エバー)、竹中直人(金獅子のシキ)ほか

ナミがシキに拉致され、メルヴィユという島に飛ばされる

ゴール・D・ロジャーと言えば、知らない人はいないほど恐れられていた海賊王のロジャーが、まだ海賊王になる前のことです。

ロジャーと覇権争いをしていた一人の海賊がいました。

 

その男の名は金獅子「シキ」と言い、額にモヒカンのように船輪がささっており、足は義足そして髪の毛は金髪のロン毛という、如何にも海賊らしい男でした。

シキはフワフワの実の能力者で、あらゆるものを浮かせる力を持っていました。

 

そんなシキが、グランドラインを航海していたモンキー・D・ルフィが率いる、麦わら海賊団の目の前に現れたのです。

シキは、いきなりルフィの中である航海士ナミを連れ去り、そのまま姿を消してしまいました。

 

奪われたナミを取り返そうとする麦わら一味でしたが、シキのフワフワの実の能力によって、弱肉強食の島「メルヴィユ」という島に飛ばされてしまうのでした。

このメルヴィユに生息する動物たちは、生き延びるために絶えず争いを繰り返し、強くなるために独自の進化を遂げてきた、不思議な生き物たちが暮らしていました。

 

島に飛ばされ、バラバラになってしまった麦わら一味たちは拉致されたナミを取り戻すべく、まずはバラバラになってしまった仲間を探すため、島内を走り回るのでした。

一方のナミは、囚われの身から逃げ出すために、脱出のための計画を立てていました。

そして不思議な鳥ビリーに出会ったナミは、ビリーの背中に乗って逃げ出します。

メルヴィユでルフィ達と再会するも、シキの力によって土の中に埋められてしまう


ナミは、メルヴィユの森で迷子になっていたルフィと再会を果たします。

そして2人は、他の仲間を探すために森の中を歩き続けていました。

すると森の中に、一つの集落を発見します。

 

この集落に住む人に話しを聞くと、この集落が島に存在する唯一の人間たちが住む場所である、と教えてもらいます。

ここに住む住人達も、島に住む独自の変化を遂げた鳥たちのように、独特の形態をしていました。

腕からは、羽のようなものが生えていたのです。

 

そんな話しを住人達としていると、そこへ仲間のゾロ、サンジ、チョッパーとウソップもやってきました。

しかし、そこへ突如としていなくなってしまったナミを探しにやってきた、シキの姿がありました。

 

ルフィはシキと戦います。

しかしロジャーと渡り合ってきたシキの力二は、ルフィー達も全く歯が立ちません。

ナミ以外の仲間を、全員土の中に埋められてしまったナミは、シキの仲間になればルフィ達全員を助けてやる、という交換条件の下、仕方なくシキの元へと戻っていくのでした。

ルフィ達を発見する三人と、ナミの声が録音されたトーンダイヤルを手にするルフィ

シキは、メルヴィユの島で強力になった生き物たちを各地へと放ち、全国で大暴動を起こさせようと企んでいました。

その計画の一歩が、この島にある唯一の集落を襲うことだったのです。

このシキの計画を実行するために、巨大な屋敷に多くの海賊が集まっていました。

ルフィの仲間であるフランキーとブルック、ロビンの三人は偶然この場に居合わせ、この計画を耳にしてしまいます。

 

三人はシキの計画を阻止するため集落へと急ぎますが、時すでに遅く三人が辿り着いた時には、集落は壊滅状態に陥っていました。

そこで村の端っこで倒れていたルフィ達を発見します。

 

目の前の事態に困惑する三人の前に一人の少女が現れます。

少女は、ルフィ達がシキと戦い破れたこと、ルフィ達を助けるためにナミがシキの元についたことなど、事の一部始終を見ていた少女は全てを三人に話すのでした。

 

そして少女は、ルフィ達に音声を録音することができるトーンダイヤルを手渡しました。

このダイヤルには、ナミがルフィ達に向けて発した最後の言葉が録音されていたのです。

シキの計画を阻止し、ナミを無事に救出する

トーンダイヤルに録音されていたナミの声を聞いたルフィ達は、自らを鼓舞して立ち上がりました。

一方、計画の第一弾である集落の襲撃に成功したシキは、次のターゲットをルフィの故郷であるイーストブルーに定めていました。

 

そして島の生き物たちと、多くの海賊を船に乗せて出発しようとした、まさにその時でした。

空から一隻の船が乗り込んできました。

それは紛れもない、ルフィ達が乗るサウザンドサニー号でした。

 

ルフィ達はナミを取り戻すため、シキの元へ船ごと乗り込んできたのでした。

圧倒的に不利な状況の中、仲間であるナミを取り戻すために覚醒したルフィ達は、なんとかシキを倒します。

 

シキが倒れた今、島は次々と形を崩して崩壊していきました。

そして村の住民たちは、自らの羽で天高く舞い上がり羽ばたいていきました。

ビリーの助けもあり、無事にナミの救出に成功したルフィ達は、グランドラインの大海原へと再び航海を始めるのでした。

映画ライターMRMの一言

かつてのロジャーと覇権争いをしていたシキを倒し、ナミを無事に救出したルフィ達の仲間を思う気持ちの強さに感動しました。

ナミも自分の命と引き換えに仲間を救う姿勢は感動ですね。

お互いに仲間を思う気持ちが強い一味だからこそ、どんなに強い相手でも倒していけるのだと、改めて友情の強さを感じるそんな作品でした。

コメント