「未来のミライ」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アニメ映画

「未来のミライ」のあらすじ

「バケモノの子」などでおなじみの細田守監督が手がける長編アニメーション映画第5作目です。

小さな妹への両親の愛情に戸惑う、甘えん坊の4歳「くんちゃん」の前に現れたセーラー服の女の子。

彼女は未来からタイムスリップしてきた妹「ミライ」と名乗ります。

他にも時空を超えて様々な出会いや冒険を経て、家族と共に成長していく物語です。

主な出演者

監督:細田守 声優:上白石萌歌(くんちゃん)、黒木華(ミライちゃん)、星野源(おとうさん)、麻生久美子(おかあさん)、吉原光夫(謎の男)、宮崎美子(ばあば)、役所広司(じいじ)、福山雅治(青年)ほか

ジェラシーのくんちゃんの戸惑い


4歳の男の子のくんちゃんは、出産を終えて退院したばかりのお母さんの帰りを、ばあばと一緒に待ちわびていました。

そこに建築家のお父さんが、生まれたばかりの妹、ミライちゃんを連れて帰ってきます。

お父さんとお母さんは生まれたばかりの妹の育児に追われてばかりで、くんちゃんを構っている時間がありません。

 

これまで両親からの愛情を一身に受けていたくんちゃんは、この状況に納得がいかず、嫉妬からミライちゃんの頬を叩いたりと、いじわるをしてしまいます。

それに怒られたくんちゃんは、とうとう赤ちゃん返りをしてしまう始末でした。

そんな時、くんちゃんの前に謎の男が現れます。

 

男はくんちゃんがミライちゃんに嫉妬していることを暴き、自分自身もこの家で大事に育てられてきたが、くんちゃんが生まれて以降は愛情を注がれなくなったと嘆きます。

男のお尻からは尻尾が生えており、やがて男の正体は愛犬の「ゆっこ」であることが分かります。

未来から来たミライちゃん

お母さんは仕事に復帰することになり、お母さんよりも比較的時間に融通の利くお父さんが、ミライちゃんの育児をすることになりました。

くんちゃんは以前にも増して疎外感を感じるようになり、動物の形をしたクッキーをミライちゃんの顔に並べて遊んでいます。

 

その時、家の庭にセーラー服を着た女の子が現れます。

「わたしの顔で遊ばないでよ」という少女は、成長したミライちゃんがタイムスリップしてきたというのです。

未来のミライちゃんは、人間になったゆっこ、くんちゃんと協力して、お父さんに気づかれないように部屋に飾ったままの雛人形を片付けることに成功しました。

時をこえて出会うお母さんとひいお爺ちゃん

ある日くんちゃんが庭に出ると、見知らぬ町へと景色が変わります。

その先で1人の女の子が泣きじゃくっているのを見つけました。

その女の子は、庭に出る前にお母さんと一緒に見たアルバムの中の写真にいた、お母さんの幼い頃の姿だったのです。

 

幼いお母さんは猫を飼いたかったのですが、猫アレルギーであるお婆ちゃんが許してくれないので、手紙を書いて説得しようと考えていました。

お婆ちゃんが帰ってきた時、お母さんはくんちゃんを外に出してくれます。

 

別の日、くんちゃんはお父さんとミライちゃん付き添いのもと、公園で自転車を乗り回していました。

しかし構ってくれるのは同年代の子たちばかりで、肝心のお父さんは泣いているミライちゃんのところに行ってしまいます。

そんなお父さんを見て、またしてもくんちゃんは機嫌を損ねました。

 

その時、くんちゃんの目の前には工場のような場所でバイクを触っている青年が見えました。

青年は戦争で足を悪くしたと言い、くんちゃんは青年と交流を深めていき、「下ばかり見るな。ずっと先を見ろ」とアドバイスをもらいます。

現実に戻ったくんちゃんが青年の言葉通りに自転車の練習に励むと、補助輪なしで走ることができたのです。

 

お父さん、お母さんから褒められ、ご満悦のくんちゃんがアルバムを見ていると、写真には交流を深めた青年の姿がありました。

青年はくんちゃんのひいおじいちゃんだったことが分かります。

くんちゃんを支えてくれた人たち

ある日くんちゃん一家は、キャンプに出かけることになります。

準備の時に我儘を言ってしまったくんちゃんは、疎外感から庭に飛び出しました。

すると以前のように景色が変わり、今度はどこかの駅の待合室で、高校生の少年と出会いました。

くんちゃんは少年と言い合いになり、その勢いでホームに入ってきた電車に乗り込みます。

 

辿り着いたのは未来の東京駅で、過去の存在であるくんちゃんは自分のことを証明できず、連れて行かれそうになります。

ようやくミライちゃんを受け入れることができたくんちゃんが、咄嗟に「ミライちゃんのお兄ちゃん」だと叫ぶと、それが自分を証明する手段となったのでした。

そこへ未来のミライちゃんが現れ、くんちゃんの家族がそれぞれどんな歴史を歩んできたのかを見せてくれました。

 

家の庭に戻った2人ですが、未来のミライちゃんは駅で会った少年と話をしています。

会話の内容を聞いてくんちゃんは、その少年が未来の自分なのだと気づいたのです。

本来に戻ったくんちゃんは、キャンプの準備をする家族の元へ、晴れやかな笑顔で戻っていきました。

映画ライターカネキケンの一言

我儘なくんちゃんが、時代をこえて色々な人たちと関わってくることで成長できたのを目の当たりにできたし、自分のお父さんやお母さんもこうして成長したのかな、と考えるきっかけにもなりました。

くんちゃんと未来のくんちゃんがあまり仲良くないというのも、似た者同士ということなのかもしれないなと感じました。

コメント