「ONE PIECE FILM Z」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ONE PIECE FILM Z」のあらすじ

新世界に向けて旅する麦わらの一味ルフィ一向は、ある日海に漂う一人の男を発見するのでした。

男は傷を負っていて、そのままにすることができなかった医者のチョッパーは、男を看病します。

しかし男はルフィ達が海賊だと分かると、すぐに襲ってきたのです。

その男の正体は、実は元海軍大将でした。

彼には、ある野望がありました。

それはこの世界にいる海賊を根絶することだったのです。

主な出演者

監督:長峯達也 声優:ルフィ(田中真弓)、ナミ(岡村明美)、ゾロ(中井和哉)、ウソップ(山口勝平)、サンジ(平田広明)、ゼット(大塚芳忠)ほか

海に漂う一人の男を助けるが、いきなり襲いかかってくる 

新世界ファウス島にある海軍基地が、何者かによって襲われてしまいます。

この島を襲ったのはZという男で、悪魔の実の能力者である部下アインとビンズという2人の部下を連れて、海軍基地にあるダイナ岩を奪いに来たのでした。

このダイナ岩は、噂によると古代兵器並みの破壊力を持つと言われ、起動させると大爆発を起こせるというものでした。

 

無事に目的であるダイナ岩を手に要れることができたZでしたが、海軍大将の黄猿と戦うことになり、やむを得ずダイナ岩を起動させるのでした。

するとダイナ岩は凄まじい勢いで爆発し、ファウス島を丸ごと吹き飛ばしてしまうのでした。

これにより、島は海の底へと沈んでいきました。

そしてZも海へと飛ばされてしまいます。

 

一方、新世界を冒険していた麦わらの一味ルフィ達は、火山灰にさらされてログポースが狂ってしまいました。

それはファウス島が大噴火で消えてしまったからでした。

ルフィはファウス島に興味を持ち、船を進めていきます。

 

すると島に向かう途中に一人の男が意識を失い、海を漂っている姿を発見します。

右腕に海楼石を持ったZを見つけたルフィ達は、危険な相手だと分かりながらも医者であるチョッパーが、そのまま放っておくことができずに助けるのでした。

 

介抱の甲斐あって無事に意識を取り戻したZでしたが、ルフィ達が海賊であると分かると、すぐに襲いかかってきたのです。

そしてルフィ達は絶対絶命のピンチにさらされます。

モドモドの実によって子供の姿になってしまった仲間を救うべく再びZと戦うルフィ一味

ルフィたちがZと懸命に戦っている頃、海軍本部はZについて話し合いをしていました。

イナ岩を奪ったZをどうするか、新元師であるサカズキは、ZとNEO海軍を倒すようにと命じるのでした。

 

一方、やっとの思いでZから逃げてきたルフィ達は、温泉のある島へとやってきました。

この島には、ルフィ達と同じようにZにやられた多くの海賊が集まっていました。

Zのあまりの恐ろしさに慄き、新世界へ行く自信をなくしていました。

しかりルフィは諦めません。

 

Zの部下であるアインのモドモドの実によって、ナミ、ロビンとブルック、チョッパーが子供の姿に戻ってしまったのです。

仲間を元の姿に戻すため、ルフィは彼らからなんとか情報を得ます。

 

Zは、かつて海軍大将を務めた実力者であることが分かります。

そしてZの目的はただ一つ、世界中の海賊を根絶することだったのです。

そんな彼らの前に海軍元大将のクザンが現れ、Zがこの島をダイナ岩によって壊そうとしていると伝えます。

ルフィ達は間一髪のところでクザンに助けられ、Zに再び戦いを挑んでいきます。

Zの教え子である青雉クザンからZの企みを教えられる

海軍元大将だったZは、非常に正義感に溢れた人物でした。

正義のために戦っていた彼を変えてしまったのは、大切な家族を海賊に殺されてしまったからなのでした。

そしてこの事件をきっかけに海軍を辞めたZは、赤犬や青雉、黄猿を育てることにしたのです。

そして海賊に対する執念を晴らすため、海賊を根絶することが彼の目標だったのです。

 

そんな過去を持つZは、政府から奪ったダイナ岩をつかって新世界にある三つの火山を破壊する計画を立てていました。

この三つの火山が破壊されることで、新世界は崩壊するからです。

しかし新世界の崩壊は、海賊を葬るだけでなく市民も同時に犠牲になることを表していました。

 

青雉であるクザンからZの計画を聞いたルフィ達は、すぐさまピリオ島を目指して飛んでいくのでした。

しかしルフィたちは新世界を守るためではなく、子供にされてしまったナミたちを取り戻すため、奪われてしまった麦わら帽子を取り戻すためでした。

戦いの集結、そして壮絶な最後

ピリオ島に辿りついたルフィ達は、NEO海軍を相手に戦い始めました。

ゾロはナミたちを子供にした悪魔の実の能力者、モドモドの実のアインとサンジは、モサモサの実の能力者ビンズと、それぞれ激闘を繰り広げるのでした。

一方の年齢を奪われてしまったナミたちも、子供の姿ながら懸命にNEO海軍と戦っていました。

 

そしてルフィは、三回目のZの戦いをしていました。

激しい戦いの末に、ルフィはZの最大の武器であるバトル・フィッシャーを壊すことに成功します。

Zはかつて黒腕と呼ばれただけあって壮絶な殴り合いになりますが、最後にはルフィが競り勝ちます。

Zは年を重ね、思い病魔に侵されていました。

 

しかしZは、ルフィと拳の殴り合いをすることで、長年海賊に抱いていた恨みから解き放たれるのでした。

そして戦いが終わったと思ったのも束の間、こんどはサカズキが仕向けた海軍たちがやってきたのです。

そこにたった一人で立ち向かうZ、壮絶な最期を迎え、アインとビンズはZの死に涙するのでした。

映画ライターMRMの一言

家族を海賊に殺され、ずっと恨みを抱いていたZでしたが、ルフィとの真剣勝負で恨みが解け、最後を迎えられてよかったなと思いました。

どんな時も仲間を思う気持ちを忘れない、まっすぐなルフィの心は海賊に恨みを持つ者までも生かしてしまう、特別な力を持っているのだと感じました。

コメント