「トイ・ストーリー」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「トイ・ストーリー」のあらすじ

史上最高のアニメ50にも選ばれた超人気作品、トイ・ストーリーの記念すべき一作目。

おもちゃ達は、実は人間の知らないところで動いている、という設定になったアメリカ映画です。

玩具の持ち主であるアンディのお気に入りのカウボーイのウッディと、新しくやってきた最新の宇宙ヒーロー、バス・ライトイヤーが繰り広げる物語です。

ひょんな事から、アンディの隣に住むシドの家に連れてこられてしまった2人は、無事にアンディの家に戻ることができるのか、最後まで見放せないハラハラドキドキの物語です。

主な出演者

監督:ジョン・ラセター 出演:ウッディ(トム・ハンクス/唐沢寿明)、バズ・ライトイヤー(ティム・アレン/所ジョージ)、アンディ(ジョン・森巣/市村浩佑)、シド(エリック・フォン・デットン/堀裕昌)、ハンナ(サラ・フリーマン)ほか

大嫌いな新入り、宇宙ヒーローバス・ライトイヤーが加わる

おもちゃで遊ぶことが大好きな少年アンディは、たくさんのおもちゃを持っていました。

中でも特にお気に入りは、カウボーイ人形のウッディです。

アンディはどこに行く時も必ずウッディを連れていき、カウボーイごっこを楽しんでいました。

 

おもちゃ達は、アンディが子供部屋を出ると、話したり自由に動き回りはじめます。

そんな彼らのルールは、人間達の前では動かず話さないことと、絶対に見つかってはいけないというものでした。

 

そんなある日、引っ越しを控えたアンディ家族は、その前にアンディの誕生日会を開くことにしました。

毎年アンディの誕生日会には、友達がたくさんのおもちゃをプレゼントしてくれます。

おもちゃ達は、今年の誕生日にはどんな仲間が加わるのか、ウッディはおもちゃの兵隊たちにプレゼントの中身を探るよう指示して、その様子を観察していました。

 

するとそこへやってきたのは、最新の宇宙ヒーロー「バズ・ライトイヤー」でした。

アンディはウッディよりも、バズと遊ぶことの方が多くなっていきます。

 

他のおもちゃ達も、カッコいいバズに夢中です。

その様子を見ていたウッディは面白くありません。

いつしかウッディは、バズに意地悪をしようと企むようになるのでした。

バズとの喧嘩、隣の家に住むシドに捕まってしまう

ある日、アンディが家族とピザハットに出掛けることになりました。

バズに嫉妬していたウッディはバズを連れて行ってもらわないように、ある計画を立てます。

ある玩具がベッドの隙間に落ちてしまったから取ってほしいと言うと、バズは誤って窓から落ちてしまいます。

 

バズが見つからないアンディは、仕方なくウッディを連れていきます。

しかし外に投げ出されたバズは、必死に車にしがみついて乗り込んできました。

途中のガソリンスタンドでアンディ達が降りると、バズはウッディを引き吊りおろし、殴り合いを始めてしまいます。

 

ウッディはわざと窓から落としたのではないと誤解を解こうとしますが、バズは聞きません。

しかしその間にアンディを乗せた車は出発してしまい、見失ってしまったのです。

 

なんとか別の車に乗ってピザハットへ到着した2人は、アンディに見つけてもらうため、UFOキャッチャーの中に入り込みます。

最初にバズが入り、一人にしてはおけないとウッディも一緒に入り込みます。

 

するとアンディの隣に住むシドに捕まってしまうのでした。

シドはおもちゃ達の間で、おもちゃを改造する酷い少年として有名でした。

絶体絶命のバズ

バズとウッディは、シドの部屋に連れてこられます。

バズは、シドの部屋でテレビから流れる「バズ・ライトイヤー」のCMを目にして、初めて自分が本物のスペースレンジャーではないことを知ってしまいます。

 

そんなはずはない、と階段の上から飛び降りるバズでしたがやはり飛ぶことができず、腕が取れてしまうのでした。

そしてシドの妹ハンナに拾われますが、シドに取り返されて再び部屋へと連れ戻されてしまいます。

するとバズは、シドに改造された奇妙なおもちゃ達に囲まれてしまいました。

 

ウッディはそれを見てバズが食べられてしまうのではと大慌てをしますが、実はおもちゃ達はバズの壊れた腕を治してくれたのでした。

ウッディはアンディの家に帰りたいと思い、アンディのおもちゃ達に呼びかけます。

しかしウッディがバズを窓から突き落としたと勘違いされたままだったので、おもちゃ達から見放されてしまいます。

 

バズは自分が本物のスペースレンジャーでないことに気づき、生きる力を失っていました。

シドに捕まってしまったバズはロケット花火を付けられてしまい、翌朝飛ばされてしまうという危機に陥っていました。

危機を乗り越え、2人は仲直りして親友になる

翌朝までにバズを助け出さなければロケット花火ごと飛ばされてしまう、と心配したウッディはバズを助け出します。

夜通しバズを助け出そうとするウッディの姿を見て、バズもアンディの家に帰ることを決意します。

 

しかしシドに気づかれてしまい、再び捕まってしまうのでした。

ウッディは、シドのおもちゃ達と協力して、なんとかバズの元に辿り着きました。

そしてシドの目の前で「おもちゃ達をいじめるな」と動いて見せ、脅しかけました。

おもちゃが動き、話し出した姿にびっくり仰天したシドは、大慌てで逃げていきます。

 

バズを助け出したウッディは、既に引っ越しのため出発しようとしていたトラックに乗り込みました。

しかしシドの犬に追いかけられてしまい、ウッディだけがトラックに乗り込みます。

バズが犬に捕まってしまう姿を見て、ウッディはおもちゃの車をバズに落としますが、仲間たちからウッディも突き落とされてしまいます。

 

そしてウッディはバズの背中に乗ったロケット花火があることを思いだし、すぐさま火をつけるとまっすぐに飛び、なんとかトラックに乗り込むことに成功します。

2人は仲直りをして、その年のクリスマスにどんな玩具がプレゼントされるのか観察していると、可愛い子犬がプレゼントされ、2人は苦笑してしまうのでした。

映画ライターMRMの一言

ウッディの嫉妬によりバズを窓から落としてしまう、という悲劇が起こりますが、なんとか仲直りした2人はアンディのお気に入りの玩具になるというハラハラドキドキの展開に、思わず釘付けになってしまいました。

最後は、新しいクリスマスプレゼントにどんな玩具が加わるのか緊張していた2人も、子犬がプレゼントされるという予想だにしていない結末に、ホッとさせられました。

コメント