「カイジ2 人生奪回ゲーム」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

サスペンス映画

「カイジ2 人生奪回ゲーム」のあらすじ

講談社ヤングマガジンで掲載されていた人気作の「カイジ」シリーズになり、この作品は第2作目にあたります。

帝愛グループに借金をしていたカイジは地下強制労働で行われているギャンブルに挑み、その報酬で外出する権利を獲得します。

期間は2週間で、この期間内に自分と仲間の借金を帳消しにしてもらうため、沼と呼ばれる巨大パチンコに挑むことになります。

主な出演者

監督:佐藤東弥 出演:藤原竜也(伊藤カイジ)、伊勢谷友介(一条聖也)、吉高由里子(石田裕美)、生瀬勝久(坂崎孝太郎)、香川照之(利根川幸雄)ほか

地下で働く仲間のため、巨大パチンコの攻略法を探る

カイジは前作でブレイブメンロードを渡り切り、Eゲームに勝利したことで一時は5億円を手にするのですが、遠藤に賞金を持ち逃げされ、気づけばまた多額の借金を作っていました。

カイジはこの借金のせいで、再び地下の強制労働施設に送られることになります。

 

カイジは地下の強制労働施設で仲間を募り、地下のギャンブル「チンチロリン」によって勝利し、自分と仲間の借金を帳消しにするため、2週間という外出期間を得て地上に戻ってきました。

地上に出たカイジは大金が稼げる方法を探していたところ、あるホームレスに出会います。

 

それは以前にEゲームで対決した利根川で、カイジに破れた後は組織内で居場所をなくして、ホームレスと化していました。

カイジは利根川の紹介である裏カジノがあることを知り、沼と呼ばれる巨大パチンコの存在を知りました。

 

この沼に打ち勝つことができれば、一気に大金を手に入れられると思ったカイジは、一獲千金を賭けて沼に挑むことにします。

しかしカイジはこの巨大パチンコがいかさまであることを見抜き、坂崎に連れられてあるアジトで沼の攻略法について研究することになります。

資金を得るため一条が提案した、「姫と奴隷」ゲームに参加

沼の攻略に協力するカイジに、坂崎は1人の女性を紹介します。

彼女はカジノ側の協力者・裕美で、帝愛が主催するギャンブルで命を落とした父親の復讐のため、カジノに潜入していました。

 

裕美の情報に基づいた作戦は、途中まで上手くいっていたのですが失敗してしまい、坂崎とカイジの前にカジノの支配人である一条が現れます。

一条は裕美がカイジたちを裏切っていたことを伝え、大金を失って絶望する坂崎とカイジに、彼はあるゲームを持ちかけました。

 

それから数日が経過し、カイジはあるきっかけから沼を攻略する方法を思いつきます。

その攻略のためには資金が必要で、その資金を得るために一条から提案されたゲームに参加することにしました。

 

そのゲームは「姫と奴隷」と呼ばれるゲームで、3つの扉の中から姫がいる扉を選べば勝利というルールでした。

正解を知るのは姫だけで、失敗すればハズレの扉に存在するライオンに食われてしまう、という命がけのギャンブルです。

 

姫役には裕美が選ばれ、裕美はカイジに正解の扉の番号を告げます。

しかし1度は裏切った裕美を信用していいのか、とカイジは苦悩し、ゲームの進行を担当していた利根川が助言したことで、彼女の言葉が真実であると考えたカイジは、正解の番号を選びました。

沼を上手く攻略するも、一条の最終秘策によって打ち破れる

その夜に坂崎のアジトに利根川が現れ、自分も地位を取り戻したいからカイジに仲間になってほしいと伝えます。

利根川も仲間に加わり、攻略法を探っていると、再び裕美がカイジたちの前に姿を現します。

 

裕美の話では帝愛から逃げてきたとのことで、彼女を仲間として向かい入れ、カイジたちはいよいよ沼に挑むことになりました。

作戦は途中まで上手くいくのですが、一条からいかさまの存在を指摘され、勝負を中断させられてしまいます。

 

一条は裕美からカイジたちがいかさまをして、パチンコ台をすり替えていると知らされていました。

再びカイジたちを裏切った彼女に驚き、呆れる一同の前で、裕美は勝つ確率の高い方に乗るという自身の生き方を話し始めます。

裕美は父親を鉄骨の上で落としたのはカイジだと思いこんでいて、借金を作った父自体も疎んでいました。

 

それに対し、カイジは自分が最後に見た石田の姿を彼女に伝えます。

パチンコ台のすり替えを確かめた一条は、玉に異常がないことを確認して驚愕します。

カイジたちは裕美に真の作戦を話さないまま作戦を決行していて、再び勝負の幕が切って落とされることになります。

 

一条が施していたパチンコ台のいかさまは、カイジたちが建物ごと手前に傾けたことで、沼の攻略に成功しました。

しかし一条には最後の秘策があり、パチンコ台を傾けたことも仇となって、カイジたちは沼に打ち勝つことができず、手持ちの資金も底をついてしまいます。

起死回生、仲間の寝返りで一条はピンチ!カイジは見事に沼を突破!


鼻高々に笑う一条だったのですが、今度は裕美がカイジたちに寝返り、借金をして資金を用意したため沼を打ち破ることに成功します。

沼を見破られ、地下の強制労働施設に送られる一条を見送った後、カイジたちはアジトに戻って賞金の山分けをしました。

 

カイジはそのお金で仲間と自分の借金を清算し、地下で働く仲間を自由にすることができました。

そんなカイジに利根川は、最後の勝負をするように伝えます。

利根川が獲得した賞金と、カイジの手元に残ったお金を賭けてギャンブルをすることになりました。

 

車のトランクに賞金を積め込み勝負を開始したのですが、その最中にトランクが炎上し始め、カイジたちの賞金は肺となって消えてしまいました。

賞金がなくなってしまったカイジに、利根川は地下から解放された仲間と会うため多少のお金を手渡し、カイジはそのお金を持って仲間たちと地上で再開しました。

 

しかし利根川の手元には、事前にトランクの中ですり替えておいた多額の賞金がありました。

そんなことに気づくはずもないカイジは仲間と別れ、彼の手元には小銭しか残っていなかったのですが、多額の借金を背負っていたカイジにとっては、マイナスの状態からゼロに戻っただけの話でした。

映画ライター「タイリュウ」の一言

沼である巨大なパチンコ台の攻略として、建物ごと前に傾けるという発想が、とても面白かったです。

勝利を目前に資金が底をついてしまったときは、ここまでかと思ったのですが、最後に裕美が資金を用意したことで沼に打ち勝ったときは爽快でした。

コメント