「ターミネーター2」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

SF映画

「ターミネーター2」のあらすじ

前回のターミネーターを倒すことに成功しましたが、その後、サラは無事にジョン・コナーを出産したものの、サラ自身は精神病院へ収監されていました。

ジョンが10歳になったとき、彼を抹殺しようと未来から新たなターミネーターが現れます。

人気作故に今作は1991年の作品ですが、2017年には「ターミネーター2 3D」が日本公開されています。

主な出演者

監督:ジェームズ・キャメロン 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800)、リンダ・ハミルトン(サラ・コナー)、エドワード・ファーロング(ジョン・コナー)、ロバート・パトリック(T-1000)、アール・ボーエン(ドクター・シルバーマン)、ジョー・モートン(マイルズ・ダイソン)ほか

ジョンを追う2体のターミネーター

サラ・コナーとターミネーターとの戦いから10年後、1994年のロサンゼルスが舞台になります。

サラ・コナーは1997年8月29日の審判の日に、核戦争によって人類が滅びることを訴えようとしていました。

精神疾患を疑われたサラは精神病患者として警察病院へ収監されてしまい、生まれた息子であるジョン・コナーは養父母の元に引き取られていました。

 

10年前サラ・コナーの抹殺に失敗したスカイネットは、再び1体のターミネーターを現代に送り込んできました。

今回のターミネーターは液体金属で触れたものに擬態することができる最新型で、T-1000と名前がついています。

 

標的となっているのは、まだ子供のジョン・コナーでした。

同じ頃、もう1体のターミネーターが同じように現代へ送り込まれました。

10年前サラに襲い掛かったターミネーターと同じ見た目の型で、T-800と言います。

T-1000は早速ジョンの捜索を開始し、ゲームセンターで友人と一緒にいるジョンを発見します。

 

バックヤードでジョンに襲い掛かるT-1000でしたが、すぐに反対側からもう1体のターミネーター、T-800が現れ、ジョンを救い出すことに成功しました。

T-1000の猛追を振り切り、T-800はジョンを保護することができ、ジョン本人へ未来のジョンが過去の自分を守るために旧型であるT-800を再プログラミングして現代へ送り込んだのだ、と説明しました。

10年越しのターミネーター

母親であるサラのことをおかしな人間だと思っていたジョンでしたが、実際にT-800が出現したことでサラの話が真実だったことを知ります。

そして自分の殺害に失敗したT-1000の次の標的がサラであることを耳にしたジョンは、T-800へ共にサラの救出へ向かうように言います。

 

T-800はそれは危険だとジョンの保護を優先させましたが、最優先事項は「ジョンの命令に従うこと」です。

ジョンの命令ならばと、彼と共にサラが収容されている警察病院へ向かうことになりました。

 

同じくしてT-1000も警察病院に到着しており、サラを襲撃していました。

危機一髪のところでT-800がサラを救い出すのですが、T-800は10年前に自分を殺そうとしていたターミネーターと外見が全く同じだったことから、サラは恐れをなしてしまいます。

ジョンが必死に説得したことで理解したサラも加わり、3人はメキシコ方面へ逃亡することになりました。

 

逃亡中の車内では、まだ10歳のジョンがT-800に対しケンカの際に使う言葉や仕草を教え、T-800は機械さながらの理解を示していきます。

一行は、途中に寄った友人の家で武器と車を調達します。

 

サラは、T-800からスカイネットの元となるコンピューター素子を開発したのはサイバ―ダイン社で、開発責任者はマイルズ・ダイソンであると知らされます。

サラたちはジャッジメントデイ(審判の日)の阻止、そしてスカイネットの誕生を防ぐべく、ジョンとT-800に行き先を告げないままダイソンの家へ向かい、殺害を試みたのでした。

サラたちの攻防とダイソンの決意

無事ダイソンの家に侵入したサラは襲撃に成功し、銃口をダイソンに向けます。

しかし腕を撃たれ怪我を追いながらも、妻と息子を必死に庇うダイソンを見て、殺すことはできませんでした。

遅れてダイソンの元に到着したジョンの胸の中で、「殺せなかった」と涙を流します。

 

T-800はダイソンの目の前で自分の腕を切り削ぎ、自身がターミネーターであることを明かしました。

そしてダイソンが開発したコンピューター素子がスカイネットの元になってしまうこと、審判の日とその後の機械たちとの戦争など、すべてを話したのでした。

自分の研究が人類の命運を分けてしまうことを知らされたダイソンは、サイバーダイン社に保管されている最初のターミネーターの片腕とチップ、自らの研究すべての破壊を決意します。

 

ダイソンを含めたサラたち一行はサイバーダイン社へ侵入しましたが、守衛の通報で到着した警察隊に包囲されてしまいます。

SWATによる銃撃を受け、致命傷を負ってしまったダイソンはサラたちを逃がして、爆破を一手に引き受けます。

 

ダイソンの犠牲によってサイバーダイン社の爆破に成功し、警察隊の包囲もかいくぐることができました。

しかしT-1000も、警察無線を耳にしていました。

T-1000はサイバーダイン社に到着し、ジョンとサラ、T-800の背後まで迫っていたのでした。

ロボットから大切な友達へ

液体窒素を積んだタンクローリーに乗り込み攻撃してくるT-1000でしたが、T-800の攻撃によってタンクローリーが横転して破裂してしまいます。

逃げ込んだ製鉄所の中で液体窒素を被っているT-1000は、液体金属でできていることから凍り付いてしまい、T-800の撃った銃弾によって破壊されました。

 

しかし製鉄所の溶解した金属の熱気によってT-1000はすぐに再生してしまい、更に攻撃を仕掛けてきました。

圧倒的なT-1000の攻撃によってT-800は機能停止にまで追い込まれて、サラの所時していたショットガンも、あと少しのところで弾切れになってしまいます。

 

もはやこれまでかと諦めかけたサラとジョンですが、予備電源により再起動に成功したT-800から、グレネード弾をT-1000へ撃ち込みます。

T-1000は再生が間に合わず溶鉱炉へ転落してしまい、T-1000の断末魔の叫びが響いていました。

 

ジョンはサイバーダイン社から持ち出した最初のターミネーターの片腕とチップを溶鉱炉に投げ入れたことで、長かった戦いに終止符を打つことに成功しました。

そこへT-800がサラとジョンへ、自分にも同型のチップが内臓されているため、自身も溶鉱炉へ沈ませ完全に消滅させることが本当の終わりだと告げます。

 

自分では破壊することができないため、サラとジョンに溶鉱炉へ沈めてもらいたい、と求めます。

しかしジョンにとって、T-800はすでにロボット以上の存在です。

泣きながら破壊することを拒否するジョンですが、その涙に触れたT-800は初めて人間の感情というものを理解します。

 

T-800は溶鉱炉へ沈んでいきます。

彼が最後に見せたのは、ジョンが教えたサムズアップ(親指を立てる仕草)でした。

すべてが終わりサラが悟ったのは、機械であるターミネーターが生命の価値を学べるのなら、我々も学べるはずだということでした。

映画ライターカネキケンの一言

ターミネーターシリーズで最も有名だった作品だと思いますし、私自身も影響に残るものでした。

初めは自分たちを殺しかねない存在の機械が、交流を交わすことで人間への理解を示し、最後には大切な存在にまで変わっていく過程がすごく良かったです。

T-800が最後に見せたのが自分がかつて教えた仕草で、ジョンと彼の間に生まれた絆が世界を変えることができる証拠になりますね。

コメント