「白夜行 白い闇の中を歩く」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

サスペンス映画

「白夜行 白い闇の中を歩く」のあらすじ

14年前に起きた殺人事件を調査し続けるドンス刑事が辿り着いたのは、被害者の愛人の娘であるイ・ジアと被害者の息子であるヨハンの間にある、想像もしない関係性だった。

ひとりの少女を思う少年が14年間もの間彼女を守り続けた、哀しく残酷な愛の物語がサスペンスによって明らかとなっていきます。

主な出演者

ソン・イェジン(イ・ジア(ユ・ミホ))、ハン・ソッキュ(ハン・ドンス)、コ・ス(キム・ヨハン)、イ・ミンジョン(シー・ヨン)、パク・ソンウン(チャ・スンジョ)、チャ・ファヨンほか

14年前の謎に包まれた殺人事件

ストーリーは14年前から始まります。

停まった船の中で、仁川市で質店を営む男、キム・シフの遺体が見つかります。

何者かに刺されて死亡した殺人事件を担当していたのは、ハン・ドンス刑事でした。

ドンス刑事がキム・シフの愛人、ヤン・ミスクを容疑の疑いで尋ねると、娘のイ・ジアとも会います。

 

ここで一度場面は現在に戻り、駅のコインロッカーで時計とバースデーカードを受け取る、キム・ヨハンが映されます。

財閥の総師チャ・スンジョはジアが養子として引き取られ、ユ・ミホの名で生きていることを秘書から告げられます。

 

シーンは再度過去に戻り、調査を続けるドンス刑事の様子が映し出されます。

被害者の妻と息子が暮らす家を訪ね、キム・シフの死亡時、妻と息子のヨハンは家にいたことを確認します。

その後、ミスクは自殺によって死亡し、容疑者死亡の状態で事件は収まったように見えましたが、ドンスはどこか納得のいかないままでした。

ミホとヨハンの関係と襲撃

ミヌ刑事は、シフの質店で働いていたジェドウが死亡した事件を担当する刑事で、ヨハンも調査の対象でした。

しかしその後、ミヌ刑事が行方不明になります。

その頃、調査を進めていたドンス刑事はジアにはストーカー男がいて、後にミン・ギョンホが逮捕されていたことを知ります。

 

しかしギョンホは、ストーカーは別にいると主張します。

そしてこの事件の関係者を調べたドンス刑事は、14年前の事件で死んだキム・シフの息子であるヨハンと、その容疑者の娘ジアの間に繋がりがあることを発見します。

ある日、ジアとスンジョは車の事故に遭ってしまいます。

その時、スンジョの秘書がジアを調べていたことを告げられたジアは、14年前の話を明かし始めます。

自分は殺人者の娘だと言うジアに、スンジョは結婚しようと言います。

 

スンジョの秘書は、もう調べは必要ないと言われつつもドンス刑事を訪ねて調べますが、その様子をヨハンが盗み聞きしていました。

こうして秘書は、ヨハンの仕掛けた薬剤によって死亡します。

その後ヨハンはスンジョの家に入り込み、娘の四雲を襲いました。

ミホがスンジョに、娘は風邪で病院に行ったと嘘をつくことで、その場を逃れた二人でした。

キム・シフの犯人はヨハンだった

亡くなったキム・シフの妻であるヨハンの母が、ドンス刑事に14年前の真相を伝えます。

いつか殺害されたジェドウとの繋がりをあったことや、ヨハンもそのことを知っていたことなどを教えた後、ヨハンを捕まえて欲しいとドンス刑事に頼みました。

その頃、ミホはスンジョの娘ヨンウンを抱きしめ、同情の意を伝えていました。

 

「私はもっと悲惨だった。私の母親は私を悪魔に売ったの」と優しく接し、ヨンウンの心を鷲掴みにしてしまいます。

ここで一度14年前の場面に映り変わります。

ヨハンは父親キム・シフが全裸のジアを撮る場に遭遇してしまいます。

 

そしてヨハンは父を刺します。

助けられたジアは、この事件を隠そうとヨハンに伝えます。

15年の月日が経てば無罪となるから、またその時に会おうとジアはヨハンに言いました。

残酷な運命を迎えるヨハン

行方不明となっていたミヌ刑事とスンジョの秘書の遺体が、ミホの養母の庭で見つかりました。

ミホはドア越しに、ヨンハンへ「あの日助けてくれてありがとう」と感謝を伝えて去ります。

仕事が好調なミホは、ブティックを開く準備を進めていました。

オープンの日、ヨハンがヨンハンを追うドンス刑事を刺し、俺たちが消えればミホは安全だと告げます。

するとドンスは、あの時ヨハンを捕まえてあげられず悪かった、とヨハンに言いました。

 

その後、ヨハンは自ら胸を刺し命を経ちました。

屋上から会場内に落ちたヨハンに、一言も声をかけないミホを見たドンス刑事は聞きます。

ずっとミホだけを見てきた男を知らないのかと聞かれると、ミホは知らない人だと答え、その場を去りました。

わずかに息をするヨハンは、嬉しそうにミホを見ていました。

そして場面は昔に戻り、学生時代のジアとヨハンが背中合わせで座り笑う姿を、太陽が明るく照らしていました。

映画ライターななの一言

見終わった後に少し気味の悪さが残るような、悲しい終わり方ですね。

サスペンス要素が満載なのに、その中で描かれている昔の二人の愛情と、それ以来ずっと続く少年の愛がなんとも寂しく心に残ります。

コメント