「戦場のメリークリスマス」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

ヒューマンドラマ

「戦場のメリークリスマス」のあらすじ

「戦場のメリークリスマス」は太平洋戦争が舞台となった作品です。

日本統治下にあるジャワ島の日本軍捕虜収容所にて、ロレンス中佐とハラ軍曹がはぐくむ友情の物語です。

ハラの上司であるヨノイ大尉は、捕虜になった英軍少佐であるセリアズに魅せられていきます。

大戦中、敵同士という不幸な関係にありながら、それを超えて人間としての友情を深めていく男たちを描いています。

主な出演者

監督:大島渚 出演者:デヴィッド・ボウイ(セリアズ英軍少佐)、坂本龍一(ヨノイ大尉)、ビートたけし(ハラ軍曹)、トム・コンティ(ロレンス英軍中佐)ほか

大きな権力とセリアズとの出会い

1942年、ジャワ島における日本軍捕虜収容所にて、ヨノイ日本軍大尉は絶対的な権力を持つ人物でした。

ある日のこと、朝鮮人軍属であるカネモトが、オランダ人の軍人であるデ・ヨンを犯す事件が起きます。

ハラ軍曹は「前代未聞の不祥事だ」と騒ぎ、独断でカネモトを切腹させようとします。

そこへヨノイ大尉が現れ、刑罰を軽いものにしてしまいます。

 

場面は変わり、収容所では新たにイギリスの陸軍少佐であるセリアズがやってきました。

ヨノイ大尉はセリアズの容姿に魅せられ、愛情のようなものを感じてしまいます。

しかし彼は反抗的な態度を見せ、収容所捕虜のリーダー的存在となり、ヨノイ大尉を困らせます。

セリアズは日々の虐待と疲労で衰弱し、収容所内の病棟で治療を受けることになります。

ヨノイ大尉は、1日でも早くセリアズが回復するよう衛生班に命じるほど、入れ込んでいる様子でした。

ヨノイの暴威とクリスマスの日

収容所には、日本語を理解して話せるロレンス英軍中佐がいました。

ロレンスは捕虜達の兄貴分のような存在で、日本軍人からも一目置かれる存在でした。

彼はカネモトに犯されたデ・ヨンを病棟で保護するように、ハラ軍曹に頼んでいました。

そしてロレンス自身も病棟に宿泊し、彼の身の安全を守っていたのです。

 

ハラ軍曹はヨノイ大尉がセリアズを特別扱いしていることが気になっていて、セリアズ自身もなぜ自分のことを助けたのか不思議に思っていました。

そんなセリアズのところへ、ヨノイ大尉は今宵も様子を見にきます。

セリアズが来てから、ヨノイ大尉は明らかにおかしくなっていきます。

 

そして、デ・ヨンを犯したカネモトの切腹が行われました。

カネモトは震えながら腹を斬り、最後はハラ軍曹が介錯をします。

同時にデ・ヨンまで舌を噛み切ってしまい、これに苛立ったヨノイ大尉は捕虜全員に48時間の外出禁止と断食を命じます。

 

デ・ヨンは亡くなり、セリアズは命令を無視して外出し、カゴいっぱいに赤い花を摘んできました。

彼はその花を捕虜達に渡し、デ・ヨンの葬儀を始めます。

セリアズとロレンスはリビア戦で共に戦った戦友で、ある日2人が無線機を無断で所持したことで、ヨノイ大尉に独房入りを命じられてしまいます。

 

その日はクリスマスでした。

セリアズとロレンスはハラ軍曹に呼ばれますが、彼はすでに酔っ払っており、自分のことをサンタクロースだと言います。

そんな酔っ払っているサンタクロースは「ファーゼル・クリスマス」と叫び、セリアズとロレンスを釈放させます。

ハラは、このことを「これはプレゼントだ」と言いました。

横暴なヨノイ大尉とセリアズのキス

ハラがセリアズ達を釈放させたことに怒りを覚えたヨノイ大尉は、捕虜の全員集合を命じました。

そこには病棟の捕虜も含まれており、これはジュネーブ条約に違反することでした。

 

そのうち捕虜の1人が倒れて亡くなってしまい、捕虜を庇おうとする捕虜長にヨノイ大尉が斬りかかろうとした時、セリアズが歩み寄ってきたのです。

ヨノイ大尉のところに来たセリアズは、彼にキスをしました。

予想外の展開に驚き、ヨノイ大尉は倒れ込んでしまいます。

太平洋戦争の終結、それぞれの結末

ヨノイ大尉は更迭され、新しくやってきた大尉はセリアズを首だけ出した状態で生き埋めにする、という刑罰に処してしまいました。

セリアズは処罰を受けながらも、過去のことを思い出しながら亡くなってしまいます。

その後、太平洋戦争は終わり、日本軍は負けてしまいました。

そしてヨノイ大尉は処刑されてしまいます。

 

1946年のクリスマスに処刑前日を迎えたハラの元へ、ロレンスがやってきました。

4年前のクリスマスのことを思い出し、2人は笑い話に花を咲かせます。

ようやく話も鎮まりロレンスが立ち去ろうとした時、ハラがロレンスを呼び止めます。

ハラは大きな声で「メリークリスマス。メリークリスマス。ミスターロレンス」と叫んだのでした。

映画ライターカネキケンの一言

この映画で有名なのは、やはり坂本龍一の音楽ではないでしょうか。

35年が経った今でも色褪せることなく、その時代を知らなかった人たちや映画をリアルタイムで観ていなかった人でも、音楽だけは聴いたことがあると思います。

それほど歴史に残る映画だったと思うし、これがきっかけで戦争の時代にはどんな背景があったのか、日本軍捕虜収容所ではどんなことが起きていたのか、を知ることができると思います。

実際にこの時代を生きてきた人たちはどうしても少なくなってしまいますが、こうして形に残ることで次世代にも繋げることができるんだな、と改めて思いました。

コメント