「バイオハザード ディジェネレーション」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「バイオハザード ディジェネレーション」のあらすじ

2008年に公開された全編3DCGで作られた映画です。

とある空港に降り立ったクレアの目前で、突如として1人の感染者が現れるところから始まります。

その直後、空港に飛行機が墜落したのです。

そこでは多くの犠牲者を出すことになり、感染者も次々に現れました。

難を逃れようとクレアは感染者達から離れ、デイビス上院議員と一緒に行動を共にするのでした。

上院議員はあることがきっかけになり、やがて世間からの非難の的を浴びることになります。

主な出演者

監督:神谷誠 声の出演:ポール・メルシエ(レオン・S・ケネディ)、アリソン・コート(クレア・レッドフィールド)、ローラ・ベイリー(アンジェラ・ミラー)、スティーヴ・ブラム(グレッグ・グレン)、ミシェル・ラフ(ラーニー・チャウラー)ほか

飛行機の墜落で感染者だらけになった空港

クレアはある空港に降り立ちますが、その前に現れたのが彼女の同僚と、その連れの女の子ラーニーでした。

同僚は車を取りに行くためにその場を離れましたが、それからすぐに1人の男性が警備員に襲い掛かってきます。

 

その男性に対して銃を撃ちますが、どんなに銃を撃ってもその男は倒れませんでした。

実は、男は以前ラクーンシティを壊滅に追い込んだ事件のときと同じ、感染者だったのです。

感染者が突然現れたことから、空港はパニックに陥ります。

しかし次の瞬間、突然空港に飛行機が墜落してきます。

 

その墜落した飛行機の中から感染者が次々に現れたことから、空港内は感染者で溢れかえることになりました。

結果、空港はバイオハザード発生とみなされて封鎖されてしまいます。

クレアたちは空港からの脱出に成功

飛行機の墜落などによって感染者で溢れかえった空港で、難を逃れるためにクレアとラーニーたちは、災難から逃げていたデイビス上院議員と空港の一室に逃げ込みます。

クレアたちと上院議員は、それぞれの自己紹介もほどほどに、そのまま時間が経過しますが、その時に部屋の外から物音がしてきました。

 

クレアは1人で部屋の外に出て、その様子を見に行くことにしました。

そこでクレアのことをよく知る人物でもある、レオンと再会をします。

レオンは以前ラクーンシティでクレアと出会い、街からの脱出で協力をしたことがありました。

 

大統領直轄のエージェントでもあるレオンは、警官2人と空港に侵入して生存者を探していました。

そして上院議員と一緒に、空港を脱出するために動き出します。

レオンと一緒に現れた警官1人を犠牲にしながらも、クレアたちは無事に空港からの脱出に成功しました。

その後、彼らは空港を後にしますが、その時にとある製薬会社のトラックが現れます。

「T-ウィルスが持ち出された」という連絡が入る

クレアたちは空港からの脱出に成功した後に現れたのはトラックの中身は、製薬会社「ウィルファーマ」が運んできた大量のワクチンでした。

しかし、肝心のトラックは何者かの仕業によって、すぐに爆破されてしまうことになります。

 

その場にいたウィルファーマの研究員であるフレデリックは、すぐに研究所に戻ることにしました。

クレアも彼に同行して手伝うことにして、レオンは先ほど行動を一緒にした警官のアンジェラと、ある場所へ向かうことにします。

それは彼の兄であるカーティスのところでした。

 

しかし、2人が向かったカーティスの家は、レオンたちが到着した時には既に炎に包まれていた状態にありました。

その時、レオンの携帯にクレアから連絡が入ります。

数年前に壊滅したラクーンシティから、「T-ウィルスが持ち出された」という内容でした。

アンジェラとレオン、クレアはそれぞれ別々の道を進むことに

レオンとアンジェラは、それからすぐにクレアがいるウィルファーマへと向かいました。

しかしその時は、既に研究所が爆破されていました。

幸いにもクレアは足を負傷していただけで歩ける状態でしたが、研究所にはレオンたちが追跡していたカーティスがおり、彼は自分の体にウィルスを注射していたのです。

 

カーティスはその姿をモンスターへと変えていき、研究所に駆け付けてきた軍の人間たち次々に殺していきます。

意識はウィルスによって徐々に支配されていき、妹のアンジェラへ攻撃の目を向けます。

 

その後カーティスは、3人の活躍によって研究所の破滅と共に姿を消しました。

この闘いによって、友人と兄弟を一度に失くしたアンジェラとレオン、クレアは今後はそれぞれ別々の道を進むことになりました。

映画ライターひろしの一言

こちらの作品は2008年に公開されると、多くの映画ファンから話題を呼ぶようになり、今も人気の作品として君臨しています。

空港に降り立ったクレアの前に感染者が現れますが、空港に飛行機が墜落した後にも次々に感染者が増え、空港はパニックになります。

まさにバイオハザードの始まりと感じました。

ゲームと同じように次々に困難が訪れる展開は本当にハラハラしました。

怖さよりもビックリとさせる要素の強い作品なので、ホラー映画が苦手な人も楽しめると思います。

コメント