「マディソン郡の橋」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

ヒューマンドラマ

「マディソン郡の橋」のあらすじ

1995年に米国で公開された作品です。

ロバート・ジェームズ・ウォラー原作の小説を映画化したことで、当時は話題を呼びました。

映画俳優であり監督としても知られるクリント・イーストウッドが製作と監督、主演を務めた大人向けラブストーリーです。

舞台は1960年代、米国アイオワ州のマディソン郡に暮らす主婦フランチェスカは、一人で留守番中にローズマン橋を撮りにやってきたカメラマンのキンケイドと出会い、惹かれ合います。

家族が戻る前日に、彼から「街を出よう」と誘われますが、フランチェスカは心を割くような激しい葛藤に苛まれます。

主な出演者

監督:クリント・イーストウッド 出演者:クリント・イーストウッド(ロバート・キンケイド)、メリル・ストリープ(フランチェスカ・ジョンソン)、アニー・コーリー(キャロライン・ジョンソン)、ヴィクター・スレザック(マイケル・ジョンソン)、ジム・ヘイニー(リチャード・ジョンソン)ほか

母の遺書で知る秘密の激しい恋

1989年の冬に、米国アイオワ州のマディソン郡で、フランチェスカ・ジョンソンが亡くなりました。

彼女の葬儀のために息子のマイケルと娘のキャロラインが集まりましたが、母の遺書を見て驚きます。

そこには「私が死んだら火葬して、ローズマン橋から遺灰を撒いてほしい」と書いてあったからです。

当惑する2人でしたが、遺された手紙と日記を読み進めていくうちに、ごく平凡な主婦だと思っていた母フランチェスカの人生に秘められた、激しい恋を知ることになるのでした。

 

それは1965年の秋のことでした。

結婚から15年目を迎えたフランチェスカは、小さな農場を経営する夫のリチャードや息子のマイケル、娘のキャロラインとの4人で、幸せな日々を送っていました。

しかしその一方で、単調すぎる毎日を少々退屈にも感じていました。

ある時、リチャードと子どもたちがイリノイ州で行われる子牛の品評会へ行くため、4日間フランチェスカは一人で留守番をすることになりました。

フランチェスカとロバートが結ばれる

家族の世話から解放されたフランチェスカは、長らく忘れていた新鮮で自由な気分を味わっていました。

そんな彼女のところに、一人の中年男が現れます。

彼はロバート・キンケイドというプロのカメラマンで、近所にあるとても珍しい屋根付きの橋「ローズマン・ブリッジ」の撮影に来ていました。

 

橋までの道を尋ねられたので、彼女は案内して帰りにアイスティーを振舞い、野に咲く花を摘んできてくれたロバートを夕食に誘いました。

彼は夫とは違う物静かな魅力に溢れており、楽しい時間を過ごした彼女はローズマン橋に「明日の晩、もう一度いかが」というメッセージを置きました。

 

翌日に写真を撮るために橋を訪れたロバートと落ち合い、再び夕食を共にすることになりました。

フランチェスカは新しいドレスを着てロバートを出迎え、彼は「息が止まるほどきれいだ」と褒めて、彼女の手を取りダンスに興じました。

そして2人は、ごく自然な流れで結ばれたのでした。

ロバートを取るか家族を取るか

3日目になり、フランチェスカとロバートは郊外へ行き、ピクニックを楽しみました。

激しく燃え上がる2人でしたが、フランチェスカは彼との別れの時が迫ってきていることを不安に感じるようになりました。

残された時間があまりないことを悟った2人は夜に抱き合いましたが、4日目に迎える朝はどこかギコちない雰囲気でした。

 

最後の日にフランチェスカは、これは遊びの恋だったのかと、ロバートをなじってしまいます。

そんな彼女に、ロバートは「一緒に街を出よう」と持ち掛けました。

ロバートと駆け落ちするため、トランクに荷物を詰め込むフランチェスカでしたが、悩んだ末に家族を捨てられないと思い止まります。

 

ロバートは彼女の思いを察し、「これは生涯に一度きりの愛だ」と告げると彼女から去っていきました。

その翌日に、激しい恋の跡を知る由もない夫リチャードや子どもたちが帰り、幸せで退屈なフランチェスカの日常が戻ってきました。

亡き2人はローズマン橋で落ち合う

ロバートが去った数日後に、フランチェスカはリチャードと共に買い出しへ行きました。

その時、偶然にフランチェスカは雨の中で佇むロバートを見かけてしまいます。

思わず車のドアを開けて走り出したい衝動に駆られた彼女でしたが、結局はできませんでした。

それがロバートの姿を見た、最後になってしまいます。

 

その後、フランチェスカはリチャードを1979年に看取り、夫が亡くなったのをきっかけに彼女はロバートを探し始めます。

彼と連絡を取ろうにも、勤めていた出版社を辞めていたので手掛かりはなく、会えずじまいでした。

 

そんなある日、フランチェスカはロバートの弁護士から彼の死を伝えられます。

遺品として彼の使っていたカメラと、『永遠の4日間』という写真集を受け取りました。

その際に彼女は、ロバートの遺灰があのローズマン・ブリッジから撒かれたことを知り、「死んだらこの身を彼に捧げたい」と考えるようになったのです。

フランチェスカの子どもたちは母の意思を理解し、遺書通りにローズマン・ブリッジから遺灰を撒きました。

映画ライターもじゃの一言

「ある人が亡くなった時に、知られざる一面を発見する」という物語が個人的に好きです。

たった4日間の恋だけど、2人にとっては一生分だったのでしょう。

刹那的に見えて実は永遠の恋であり、不倫なのに一途という矛盾が、何ともロマンチックで心惹かれます。

メリル・ストリープとクリント・イーストウッド、2人の名優の少し若い姿や演技にも注目です。

コメント