「シンドラーのリスト」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

ヒューマンドラマ

「シンドラーのリスト」のあらすじ

1993年に公開されたアメリカ映画です。

スティーヴン・スピルバーグ監督が、初めて手掛けたモノクロ作品でもあります。

第二次世界大戦当時、ナチス・ドイツによって占領されたポーランドでも、ユダヤ人の組織的大量虐殺(ホロコースト)の魔の手が伸びていました。

ナチス党員だったドイツ人の実業家であるオスカー・シンドラーは、戦争に乗じた金儲けを狙っていましたが、会計士のシュテルンをはじめとしたユダヤ人と関わるうちに考え方を変えます。

ホロコーストの実態を現在に伝える、実話に基づいた名作です。

主な出演者

監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:リーアム・ニーソン(オスカー・シンドラー)、ベン・キングズレー(イザック・シュターン)、レイフ・ファインズ(アーモン・ゲート)、キャロライン・グッドオール(エミリー・シンドラー)、ジョナサン・サガール(ポルデク)、エンベス・デイヴィッツ(ヘレン・ハーシュ)、マルゴーシャ・ゲベル(ヴィクトリア・クロノーシュカ)、ほか

シンドラーが工場経営を始める

1939年の東ヨーロッパでは、ナチス・ドイツがポーランドを占領して以降、近くに住むユダヤ人は南部にあるクラクフ・ゲットー(ユダヤ人居住区)へと集められていました。

チェコスロバキア出身であるドイツ人のオスカー・シンドラーは、ドイツ軍がポーランドを占領したことを知ると、クラクフへの移住を決めました。

 

戦時下で軍需工場を経営すれば、金儲けできると考えたためでした。

実業家でありナチス党員でもあったシンドラーは軍の将校に取り入って、以前ユダヤ人の持ち物だった工場を買い取ります。

軍で使う琺瑯容器工場にすることを思い付きましたが、経営を手伝ってもうらうために、優秀なユダヤ人会計士のイツァーク・シュテルンをパートナーに選びます。

 

シュテルンの手腕は見事で事業は軌道に乗り、シンドラーは彼を認めていたものの、彼が差し出したグラスに口をつけようとはしませんでした。

工場では最初はポーランド人を主に雇っていましたが、「賃金が安く済む」というシュテルンの意見で、ゲットーに住む多くのユダヤ人を雇うことにしました。

豪遊するシンドラーに心境の変化が起きる

シンドラーは工場の経営をシュテルンに任せ、大儲けした金で遊び歩いていました。

愛人をたくさん作る彼に、妻のエミリーは愛想を尽かして去っていきます。

彼が豪遊する一方でシュテルンは書類を作り、選別されて役に立たないと判断されたユダヤ人を工員として雇い入れ、収容所送りにされるのを止めていました。

 

雇われた老人がシンドラーに感謝したことで、彼は初めてシュテルンがユダヤ人を助けていることに気付きます。

聖人扱いされるのを快く思っていなかったシンドラーは、彼の行為を咎めました。

その後、労働許可証を忘れたシュテルンが強制収容所へ連れて行かれそうになり、シンドラーはユダヤ人を連行する列車を何とか見つけ、危ないところで彼を助け出します。

それまで金儲けにしか興味のなかったシンドラーの心に、少しずつ変化が起きていました。

 

1942年の冬になり、親衛隊将校のアーモン・ゲートがクラクフへ赴任してくると、クラクフ・プワシュフ強制収容所の建設が始まりました。

その所長に任命されたゲートは収容所を見渡せる丘の上に屋敷を構え、多くのユダヤ人からヘレン・ヒルシュをメイドに選びます。

やがて収容所が完成すると、居住区は解体されることになりました。

シンドラーが親衛隊の行いに反発する

ゲートは多くのユダヤ人を、居住区から移動させようと考えました。

1943年3月13日ついに居住区が閉鎖されるその日に、愛人のイングリートと共に馬に乗ったシンドラーは、丘の上から悲惨な光景を目撃してしまいます。

親衛隊はユダヤ人の人数が多すぎると言い、兵たちがユダヤ人を家畜のように追い立て、弱者や子ども、逃げたり隠れたりする者を無残に殺していったのです。

 

シンドラーの目には、逃げ惑う赤い服の小さな少女の姿がずっと焼き付いており、あまりの残酷さに震え上がりました。

やがてパートナーのシュテルンや工員たちも収容所送りにされ、シンドラーの工場は止まってしまいます。

彼はゲートに取り入ろうと考えて賄賂を渡し、従業員を返すように懇願しましたが、シュテルンには中々合わせてもらえませんでした。

しかしシンドラーは諦めず、ゲートの屋敷へ度々訪れては賄賂を渡し、シュテルンたちの身の安全を守ることに成功します。

 

いつしかシンドラーの工場はユダヤ人たちの間で「楽園のようだ」と評判になり、助けを求める人も出てきました。

一方で、ゲートの残虐ぶりはエスカレートしていきます。

シンドラーが彼らのやり方に反発し、ユダヤ人を大々的に助けるようになった結果、ナチス党員として罪に問われ、刑務所送りにされてしまいます。

シンドラーがリストで救った命

1944年4月になり、刑務所から解放されたシンドラーは、町中のユダヤ人の遺体を焼却している場面を目撃します。

その中には、居住区が解体された日に逃げ惑っていた赤い服の少女の遺体もありました。

プワシュフ収容所にいるユダヤ人が皆、アウシュヴィッツ収容所へ送られることが決まったため、これで最後なのを覚悟して、シンドラーとシュテルンは一緒に酒を飲みました。

 

従業員を失ったシンドラーは工場経営を辞めて故郷へ帰ろうと考えますが、見知ったユダヤ人たちを助け出そうと決意します。

彼は財産をはたいて全員を金で買い戻そうとして、助けるユダヤ人の名前をリストに書き込みました。

シンドラーはドイツ軍の司令官に掛け合い、チェコの工場で働く従業員が必要だと説得し、ユダヤ人を一緒に連れて行こうとします。

 

途方もない数のリストを作り、シュテルンは「これは命のリストだ」と賞賛します。

紆余曲折あったものの、全員無事にチェコへ連れて行くことができました。

さらに兵士が工場内へ立ち入ることを許さず、戦争に加担しないためにシンドラーの工場では武器を製造させませんでした。

工場が儲けを出せずにシンドラーが破産するのと時を同じくして、戦争も終わりました。

 

ナチス党員だった彼が戦争犯罪人として裁かれないように、ユダヤ人たちは署名をして、金歯を溶かして作った指輪を渡し、感謝を示しました。

ゲートは非道な行いを咎められ処刑されましたが、シンドラーは1974年まで生きて工場解散後もユダヤ人たちと交流していました。

現在、シンドラーが救出したユダヤ人の子孫は6000人を超えるそうで、彼への感謝を忘れずに生きていると言います。

映画ライターもじゃの一言

社交性や嘘、賄賂、体制に対する不正、理不尽な暴力に対抗する手段が直接の抗議や武力とは限らないし、実業家には実業家の抵抗の仕方があるのだと感じました。

観た人によって思う事や心を揺さぶられるポイントは異なるでしょうが、必ず何らかの意見を抱かせてくれる名作だと思います。

オスカー・シンドラーは元々は聖人でも純粋な善人でもなく、普通の感覚を持った人間でした。

だからこそ途中で強く葛藤する、そんなところも本作の見所ではないでしょうか。

コメント