「ちはやふる 結び」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「ちはやふる 結び」のあらすじ

「ちはやふる 結び」は2017年公開の日本映画で、競技かるたに賭ける高校生たちのひたむきな姿を描く、大人気コミックの映画化完結編です。

高校3年生になった千早たち瑞沢高校かるた部は、1年生の新入部員を迎えて全国大会優勝を目指していました。

千早と太一の幼なじみ・新も、千早たちに倣いかるた部を作りました。

しかし、新が千早に告白した時から、幼なじみだった3人の関係が壊れ始めます。

3年の大事な時期に成績を落とした太一は、かるた部を退部してしまうのでした。

主な出演者

監督:小泉徳宏 出演:広瀬すず(綾瀬千早)、野村周平(真島太一)、新田真剣佑(錦谷新)、上白石萌音(大江奏)、矢本悠馬(西田優征)、森永悠希(駒野勉)、優希美青(花野菫)、佐野勇斗(筑波秋博)、清原果耶(我妻伊織)、松岡茉優(若宮詩暢)、賀来賢人(周防久志)、國村隼(原田秀雄)ほか

千早たちが最後の全国大会を目指す

綾瀬千早が、クイーンの若宮詩暢と「クイーン戦でまたかるたをしよう」と約束してから2年の時が経ちました。

千早はクイーン戦への挑戦権を賭けた試合で、惜しくも我妻伊織に負けてしまいます。

やはり現クイーンの詩暢と名人の周防久志の強さは群を抜いており、今年も防衛を果たしました。

 

クイーン戦に出られなかった千早は試合の手伝いをしていましたが、片付けの時に新から「好きや」と告白を受けます。

あまりに突然の出来事に、千早はその場に固まってしまいました。

3年生に進級した千早たちかるた部創設メンバーは、全国大会優勝の最後のチャンスに向けて始動します。

 

部員が3年生しかいないため、新1年生の部員を獲得するべく奮闘し、何とか筑波秋博と花野菫、2人の新入部員を迎えることができました。

一方の新は、千早たちのようにチームでかるたをしたいと思い、部員を集めます。

後輩の我妻伊織や同じかるた会のメンバーが入り、藤岡東高校にもかるた部が誕生しました。

千早は太一不在の都大会に臨む

1年生の菫は、元々はかるたに興味があった訳ではなく、太一にひと目惚れして入部していました。

彼女は太一の登校に合わせて彼に近付き、彼の気を引こうとして、つい千早が新から告白されたことを話してしまいます。

小学校の頃から千早を好きだった太一は、それから調子を崩してしまうのでした。

 

医学部を目指して通っている予備校でも勉強に集中できず、警備員に声を掛けられるまで、ぼんやりしてしまいます。

そして迎えた全国大会の予選試合に、太一は現れませんでした。

彼は受験勉強とかるたを両立できずに成績を落とし、試合の直前にかるた部を辞めてしまっていたのです。

 

精神的な支えを失い戸惑う仲間たちでしたが、何とか東京都大会に準優勝し、全国大会に出場することになりました。

その後、千早はどうして部をやめたのか、と太一に詰め寄ります。

彼は千早のためにかるたを続けてきたけど、「もうできない」と告げて去りました。

全国大会決勝戦で太一が戻ってくる

初めは部長の太一の不在で戸惑っていた部員たちも受け入れはじめ、全国大会を勝ち進みます。

新が創設した藤岡東高校の戦績も順調でした。

一方で受験勉強に専念することを決めた太一でしたが、予備校の講義をする現名人の周防久志に目を止めます。

 

周防が気になった太一は彼の後を尾行しますが、そこで彼が実は視力が極端に悪いことと、音を聞くことを頼りにかるたを取っていたことに気付きました。

太一は周防に声をかけられ、彼からかるたの特訓を受けることになります。

そして周防の励ましとも言える言葉に心を動かし、仲間の元へと走ります。

そんな中で瑞沢高校と藤岡東高校は、お互い決勝戦まで勝ち進み、戦うことになりました。

 

強者ぞろいの藤岡東高校の中で、千早の対戦相手は先日クイーン戦争いで負けた我妻伊織に決まりました。

いよいよ決勝戦が始まるという時に、新の対戦相手として真島太一の名前が呼ばれ、扉から現れた太一が瑞沢かるた部の座席に座ります。

子どもの頃のように髪を短く切り、決意を固めた太一が戻ってきたのです。

千早は無言で自分の着物の袖を留めていた、たすきを太一に渡しました。

選ばれた恋の歌と告白の返事

メンバーが全員そろった瑞沢高校は、新が率いる藤岡東高校と熱戦を繰り広げますが、瑞沢側は1戦取られてしまいます。

しかし、1年生の筑波の掛け声に士気を上げ、巻き返します。

そして何と、4人そろっての運命戦になりました。

 

運命戦とは両者が手札を1枚ずつ残した状態で、次に読まれた札で勝敗が決まることがほとんどです。

太一はこれまで運命戦で勝ったことが一度もありませんが、敢えてセオリーを無視した札を選びます。

残った2枚の恋の歌のうち、読まれたのは「恋すてふ~」の歌でした。

勝負をかけた最後の戦いで、太一は運命戦に勝ち、瑞沢かるた部が全国大会の優勝を決めました。

 

その後太一は、まだ新に告白の返事をしていない千早を、新のところへ連れて行きます。

しかし、千早の返事は「かるたで強くなって世界一になる」という宣言でした。

告白の返事とは思えないものでしたが、新は納得したように頷いていました。

それから時が過ぎ、強豪校と呼ばれるようになった瑞沢高校には、クイーンとなりかるた部の顧問になった千早が、後輩たちに激を飛ばして送り出していました。

映画ライターもじゃの一言

原作漫画が続いている段階での映画化だったので、ちょっと端折られた感じは否めませんが、完結編で驚くほどキレイにまとまり終わっています。

本作に出ている女優さん・俳優さんたちは、本作をきっかけにして知名度が上がったり活躍の幅を大きく広げています。

楽しい映画でも何度も見られる作品はそう多くはありませんが、本作は間違いなく繰り返し見られる映画でしょう。

コメント