「バイオハザードIV アフターライフ」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

アクション映画

「バイオハザードIV アフターライフ」のあらすじ

人気映画「バイオハザードIV アフターライフ」は2010年に公開されたアメリカの映画で、バイオハザード4作目に当たります。

バイオハザードシリーズ第1作目を手掛けた監督が、久々に監督を務めたことでも話題になりました。

今回はバイオハザードシリーズでは初めてとなる3D上映で、ゲームに登場する最強のキャラクターであるアルバート ウェスカーに加え、処刑マジニ等が出てくるのが大きな特徴と言えるでしょう。

渋谷の地下ではアンブレラの地下要塞が築かれており、そこではアルバート ウェスカーが陣頭指揮を取っていたのです。

主な出演者

監督:ポール・W・S・アンダーソン 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、キム・コーツ、ショーン・ロバーツ、セルヒオ・ペリス=メンチェータ、スペンサー・ロック、ウェントワース・ミラー、シエンナ・ギロリーほか

アリスが襲われた女性はクレアだった

前作のラストで判明した日本の渋谷の地下には、アンブレラの地下要塞が築かれていました。

そこではアルバート ウェスカーが陣頭指揮を取っており、様々な暗躍を行っていました。

そんな時、アリスとアリスのクローンによって襲撃されます。

 

ウェスカーは軍用機に乗って逃亡しますが、その隙を狙って時限爆弾で要塞を爆破します。

爆破の影響もあって、クローンは死滅してしまいました。

アリスはウェスカーの軍用機に忍び込んでいましたが、2人の戦闘が始まり富士山麓に墜落してしまいます。

 

その後アリスはアラスカに向かいますが、そこには大量の飛行機が存在しているだけで、人はいませんでした。

呆然と立ち尽くすアリスでしたが、彼女はとある女性に襲われてしまいます。

アリスは何とかその女を倒しますが、その女は前作で一緒に行動をしていたクレアでした。

ロサンゼルスの刑務所にいたのがクレアの兄でした

アリスはクレアの胸にあったデバイスを取り除き、正気に戻った彼女とロサンゼルスの刑務所に向かいます。

そこで生存者を発見した彼女たちは、刑務所の屋上へと着陸します。

そして刑務所の中に入っていきますが、そこにはクレアの兄であるクリスがいました。

クリスは、他の生存者たちと一緒に檻の中に入れられていたのです。

 

クリスは軍の特殊部隊に所属していたのですが、他の生存者たちには殺人者として伝えられていました。

そういうこともあって彼らはクリスを檻から出したくないと主張しますが、安住地として知られているアルカディアへ行く方法を知っているクリスを開放するしか方法はありません。

そのため彼らはアリスに従いましたが、そのうち刑務所へ巨大な人間の形をしたモンスターのマジニが襲撃してきたのです。

 

アリスはクレアと共に力を合わせて巨大な怪物を撃退しますが、その後刑務所の仲間同士でケンカが起こります。

その1人が、アリスが乗ってきた飛行機を使ってアルカディアへ飛んでいきました。

ウェスカーが乗って逃げた飛行機に爆弾が仕掛けらけれていた

アリスは生き残ったゾンビたちを倒しながら、何とか刑務所から出ることに成功しました。

それから船に乗って、アルカディアに向かいます。

2人は他の仲間を見つけるため、飛行機でロサンゼルスへと飛び立つことになります。

 

安住の地と知らされていたアルカディアでしたが、実際に行ってみると、そこは巨大な船の中であることが判明しました。

船中には、2人をアルバートウェスカーが待っていました。

クリスとクレアは共に戦いますが、力及ばず負けてしまいます。

それから地下に収納されてしまうことになります。

 

アリスは彼らを救出するためにウェスカーと戦いますが、激しい戦いを続けた結果、ウェスカーに勝利します。

その後アリスは収監されていた他の生存者を救出しますが、ウェスカーはアルカディアに爆弾を仕掛けて逃亡してしまいます。

アリスはその場から必死に逃げ出し、船の甲板上でウェスカーの飛行機を眺めていました。

彼女はウェスカーが乗って逃げた飛行機に、爆弾を仕掛けていたのでした。

アリスたちはアルカディアへと向かいます

ウェスカーはアルカディアに爆弾を仕掛けて逃亡しましたが、アリスは最初からその飛行機に爆弾を仕掛けており、すぐに起爆スイッチを押します。

すると飛行機は大爆破しました。

生存者たちは船の上に上がり、ようやく戦いは終焉します。

その後、とある軍用機内で胸に装置を装備した女性が、兵士に向かって演説をしていました。

その女性はジルバレンタインで、彼女たちを乗せた飛行機は徐々にアルカディアへと接近してきます。

一機だけではなく、大量の飛行機がアルカディアを攻撃するために向かってきたところで、次回作へと続きます。

映画ライターひろしの一言

映画「バイオハザードIV アフターライフ」はバイオハザード4作目になり、これまでのバイオハザードから引き続きたくさんのアクションがあり、とてもドキドキする展開会となっていました。

敵がどんどんグロテスクになっていくのは、ゲームの雰囲気も反映されていると感じましたし、圧倒的な力を持っている敵に対して向かっていくアリスの姿がとても印象に残っています。

コメント